企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13206件   回答数27653

入社日より出社しない入社予定者に関して

入社予定日より出社をしていない入社予定者(中途採用)に関して、ご相談をさせてください。

状況は以下の通りです。

1.入社予定者より入社日の早朝に、本人都合により出社できない旨の連絡がありました。
2.社労士に相談し、欠勤扱いではなく、入社日を変更することにしました。
3.上記(2)の件を入社予定者にご了承いただき、メールで相談をしていますが、
  一向に話が進みそうにありません。

会社側からは「内定を取り消すことはできないか」との意見も出ておりますが、
問題はないのでしょうか。
対応につきまして、アドバイスをいただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

  • あゆみさん
  • 東京都
  • 不動産
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2017/10/07 11:38
  • ID:QA-0072823

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/10 09:42
  • ID:QA-0072840

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、入社初日から出社せず出勤予定も決まらないという事であれば、労働契約の完全な不履行である事は明白といえます。

従いまして、病気等の正当な理由があればともかく、そうでなければこうしたいい加減な行動を許容される余地はないものといえるでしょう。

対応としましては、まず出勤目途が立たない理由を確認された上で、正当な理由がなければ、近日中に期限を切った上で出社を指示されるべきといえます。それでも出社しなければ、そもそも内定自体に瑕疵があったものと判断出来ますので、契約取り消しといった対応をされても差し支えないものといえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/10 09:48
  • ID:QA-0072842

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

出社できない理由によりますが、

よほどの理由がないかぎり、
入社日に出社しないということは、労働の意思なしとして、内定を取り消しなかったことにするケースが多いでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/10 10:18
  • ID:QA-0072843

人事・経営コンサルタント

雇用契約

雇用契約の内容にも拠りますので一般論でお答えいたします。
労働契約が既に成立しているということになるはずなので、一方的解雇は避けましょう。本人が辞退すれば問題ないので、本人に連絡を取り内定辞退をしてもらう。いつまでに(1週間~10日)以内に返事無き場合は入社意思ないと見なす。締切を過ぎたら内定辞退として了承した旨通知。
というようなステップでしょう。すべて証拠が残らなければ意味がありませんので内容証明など利用することになると思います。
まずは話し合いが先決で、メールだけでなく電話、次は訪問など、こうした者を採用してしまった責任は会社にもありますので、手間をかける必要があります。その上で通信記録と進むことになります。感情を交えず冷静で事務的に進めることが必須です。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
内定式と入社式の同時実施について
人事の方にご相談です。 本年度より入社の時期(10月・4月)を2回分けるようにしようと思いまして、そうなると10月に入社式と内定式が重なるようになります。 いまだかつて、内定式と入社式を同時に進められた企業は ありますでしょうか。 どちらとも、祝いの席ではあるのでおかしくはないかなぁとは思うので...
新卒内定者が妊娠
来年4月に入社予定の内定者から妊娠したことがわかったとの相談を受けました。出産予定日が入社予定日と重なるため、初めから産休を取らなければならない状況になってしまいます。どのように対処するのが適切なのでしょうか?入社日の変更等は可能なのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。
  • 中途採用の「実務」【7】入社時の教育研修
    即戦力となることを期待される中途採用者の導入教育とはどうあるべきか。職場にうまく溶け込むための入社時研修から、入社後のフォロー策までをまとめた。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...