企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

福利厚生の内容決定について

基本的なことで申し訳ございませんが、福利厚生の内容は誰に決定権があるのでしょうか?
弊社は外資系の大企業から独立し、依然として外資で現在国内の従業員4名の会社です。独立前の会社に私は所属していなかったのですが、独立する際に、2年間は今までの内容を維持する旨の通達はあったようです。ですので、有休や病気休暇などの日数やフレックス制度などそのまま利用しています。
本社(米国)の人事は日本の制度を把握しているわけではないので、今後日本独自の制度を決める場合は日本国内の契約弁護士に相談するべきなのでしょうか?人事関係の仕事は給与・社会保険については委託会社があるのですが、その他のことは現在一切見て頂いていません。

  • MM総務担当さん
  • 神奈川県
  • 化学
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/06/30 15:22
  • ID:QA-0071315
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/06/30 18:56
  • ID:QA-0071317

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

事業譲渡後の福利厚生制度等の見直しについて

 事業譲渡では、労働条件は自動的に承継されるものではありませんので、移籍された従業員に対して、新しい事業主が、2年間は所定の労働条件を不利益に変更しないと約束されたものと思われます。しかし、労働関係の法令の改正も多いことから、福利厚生制度等の見直しが必要となってきた者に対して、従業員側が移籍時の約束を楯に難色を示しているということかと存じます。
 労働契約法では、「労働者との合意なく、不利益変更はできない」(第9条)が、「労働者に周知することを前提に、合理的な変更はできる」とされています(第10条)。ただし、「労働契約によって、就業規則を変更をしないものとしているもの」は除きます(第10条但し書き)。
 よって、「2年間の維持の通達」が就業規則を変更しないというものでない限り、その変更の合理性を従業員に説明し、労使で合意を得ることになります。事前に、株主である米国の親会社には制度変更の趣旨を説明の上了解を得たうえで、顧問弁護士と相談しながら進めることになります。
 ご質問の冒頭にある「決定権者」は、労働契約法に則って使用者が決定することになります。
 これ以上の具体的な回答は、事情譲渡時の契約と制度変更の内容次第かと存じます。

  • 投稿日:2017/08/17 10:05
  • 相談者の評価:大変参考になった

御礼が遅くなり大変申し訳ございません。
ご回答頂きありがとうございました。基本的に以前の就業規則にほぼ近い内容で進めたいと思っていますので、その旨を本社側に伝えようと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/06/30 19:33
  • ID:QA-0071320

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、外資系であっても独立した一つの会社となった以上、少なくとも人事労務に関する事柄に関しましては御社自身で全て決定されることが必要です。当然ですが、福利厚生制度もこれに含まれます。

勿論、日本の弁護士のみならず本社にご相談される事自体に法律上問題はございませんが、あくまでアドバイスを受けるというレベルに過ぎませんので、最終的な判断は御社自身で下されることが必須となります。

  • 投稿日:2017/08/17 10:07
  • 相談者の評価:参考になった

御礼が遅くなり大変申し訳ございません。
ご回答頂きありがとうございました。弊社自身(使用者)で以前の就業規則にほぼ近い内容で進めていきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/07/01 01:22
  • ID:QA-0071324

人事・経営コンサルタント

経営判断

福利厚生は経営の重要な要素の一つです。当然経営者がその責任を負います。日本の法人である以上、経営者の国籍には関係なく経営責任があり、内容の決定も行うのは経営者です。

貴社の社長様が第一義的にその任にあたり、万一それが出来ていないのであれば経営者としての責任を果たしていないことになります。人事政策をどうするかという経営課題を社員が勝手に進めることはできません。委託会社は業務を代行することを委託しているだけで、方針は経営判断が無ければ決めることはできません。

社長以外に管理職がいないのであれば、社長と話し合う以外に方法はないでしょう。

  • 投稿日:2017/08/17 10:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

御礼が遅くなり大変申し訳ございません。
ご回答頂きありがとうございました。管理職と相談した上で、基本的に以前の就業規則にほぼ近い内容で進め、本社に伝えたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
福利厚生制度の構築
弊社は福利厚生制度がまったく無いため、一からの構築を考えています。 何かいい方法はありますか。 アドバイスいただければ幸いです。
人事制度構築について
現在弊社ではきちんとした人事制度がなくこのたび新しく人事制度の構築に取組むのですが、きちんとした人事制度がない状態からのスタートをする上で人事諸制度を構築する場合はやはり職能資格制度を取り入れた方がいいのでしょうか。成果主義になると人事制度の第2ステップのような感があるのですが、いきなり成果主義の導...
二重出向 二重業務委託
新規支社立上げで 1.A会社出向 B会社受入 B会社からC会社へ業務委託として契約 2.A会社業務委託 B会社受入  B会社からC会社で業務委託契約 3.A会社業務委託契約 B会社受入 B会社からC会社へ出向契約 4.A会社出向契約  B会社受入  B会社からC会社へ出向契約 それぞれ、法的...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 人事制度とは
    人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
  • 今求められる「福利厚生」施策とは
    現代の日本企業には新しい「福利厚生」施策が求められている。最近ではその実現をサポートするアウトソーシング企業も続々と登場してきた。そうした施策やアウトソーシング企業を紹介する前に、ここではまず、そもそも「福利厚生」とは何なのか、考えてみたい。
あわせて読みたいキーワード
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...
転進支援制度
従業員の多様なライフプランに対応して、その転職や独立を支援する制度のことです。65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員のセカンドキャリアを支援するために設けているケースも少なくないようです。
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事業戦略を支える人事の挑戦 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...