企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

育児休業社員の取扱いについて(行事関係)

弊社が50周年を迎えるにあたり社員旅行を企画しています。参加対象者の条件は4/1現在業務に従事していなければならず、休職者は対象外としております。これに対し、育児休業社員から、何故育児休業社員は対象外なのか、不公平だとクレームがありました。
この対応は不利益取扱いとして均等法などの問題になるのでしょうか。それとも会社の決め事で自由にしてよいのでしょうか。どなたかご教示いただいたく宜しくお願い致します。

  • ハラスメント相談窓口担当者KHさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/05/10 17:14
  • ID:QA-0070445
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/05/10 20:25
  • ID:QA-0070451

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ご質問の件ですが、法律というよりは、会社の考え方、スタンスの問題です。

育休中の社員が旅行だけ参加した場合に、ウエルカムの社員もいれば、例えば、妬んだり、非常識などという社員もいるかもしれません。

だからこそ、不公平感がないよう事前に、会社がスタンスを示す必要があります。

旅行日がわかりませんが、4/1休職者対象外というのはいかがなものかとは思います。

育休中の方も、いずれ会社に戻ってくることでしょうし、本人が希望するのであれば、たまには会社の空気を吸うことも必要です。ましてや、50周年というイベントでもありますし、会社を辞めたわけではありません。全社員対象にしてはというのが見解です。

  • 投稿日:2017/05/11 12:43
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
私も聞いたときは驚きました。なぜ日付まで付けてそういう条件にしたのかと・・・どうやら私傷病休職者の取り扱いについて検討した結果のようですが、休職の括りを分けられなかったためこのようにしたようです。
いずれにしても社員の納得が得られる対応をしていただくよう伝えて参ります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/05/10 22:39
  • ID:QA-0070454

代表者

育児休業者の除外は法に反すると推定

▼ 育児・介護休業法において、育児休業、介護休業や子の看護休暇の申出をしたこと、又は、取得したことを理由として、労働者に対して不利益な取扱いは禁止されています。
▼ 問題の「50周年記念社員旅行」から、育児休業者を除外対象とすることは、広い意味で、不利益な取扱いに該当すると推定されます。

  • 投稿日:2017/05/11 12:44
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。
法律に抵触する可能性がある点を担当に伝え、再考していただく様に伝えようと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/05/11 19:49
  • ID:QA-0070482

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、育児休業者が旅行予定日において復職されているか否かがポイントになります。

育児休業者が旅行予定日において引き続き休職されている場合ですと、業務には従事せず旅行だけ参加するというのは認められるべき行為ではございませんので、当然に対象外となります。

これに対し、4/1時点では育児休業しているものの、旅行予定日においては復職となる場合ですと、明らかに育児休業取得を理由とした不利益な取扱いとして法令違反となるものといえます。

従いまして、単に4/1時点で育児休業を取得しているという事だけで社員旅行の対象外とするような規定内容であれば、早急に見直しされることが必要です。

  • 投稿日:2017/05/12 18:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
ご指摘いただいた内容から法令違反となる可能性が高いため改めるよう伝えたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/05/13 12:36
  • ID:QA-0070510

人事・経営コンサルタント

目的

貴社の方針としてお決めになることですが、主旨は私傷病等の休職者を対象としないという目的かと思います。そうであれば育休は少し意味合いが変わりますので、本人の意思が明確で、会社の強制でないことを誓約させるなど一筆取って参加でも良いのではないでしょうか。

イベント(業務)である記念式典と、福利厚生・レクリエーションである社員旅行の関係が今一つわかりにくのですが、20周年記念を社外で行うととらえるなら、一定の合理性があると思います。そうであれば社員に等しく参加を呼び掛けるのも合理的ですが、それがイベントではなく旅行ということがややこしくしているのではないでしょうか。

  • 投稿日:2017/05/25 17:15
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
育児・介護休業について
いつも利用させていただいております。 さて、育児・介護休業の対象者および非対象者を教えていただきたく思います。
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
1歳6か月まで育児休業ができるのは?
子が病気のため、社員が一年間育児休業を取りました。子が手術したので、あと半年育児休業を延長したいと申し出がありました。 今回の法改正で、一定の場合には、子が1歳6か月に達するまで育児休業ができるようになったので、会社はこれを認めたのですが、ハローワークの見解は、一定の場合に当たらないとして認めてくれ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...