企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15746件   回答数34232

年次有給休暇の繰り越し

年次有給休暇の繰り越しについてご質問です。

年次有給休暇の時効は2年間で、翌年度まで繰り越し可能な事は知っているのですが、例えば3年間、4年間と繰り越し可能年数を伸ばすことは問題ないでしょうか?

  • jindaさん
  • 栃木県
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/02/16 14:18
  • ID:QA-0069308
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/02/16 19:55
  • ID:QA-0069312

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、年次有給休暇の消滅時効2年は法定の最低基準になります。

従いまして、会社が任意にこうした年休の時効を適用せず、労働者に有利になるよう有効期間の延長をされる分には差し支えございません。

但し、単に期間延長だけをされますと、労働者の指定する日に自由に取得出来る等、労働基準法に基づく通常の年休と同じ運用をしなければなりません。

従いまして、会社側としましてより柔軟な運用を行いたい場合ですと、2年を過ぎたものについては就業規則において積立の特別有給休暇として定め、通常の年休と明確に区分し取得条件を定める等の取扱いをされることが必要になります。

  • 投稿日:2017/02/22 09:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。

通常の有給休暇と区分しての管理が必要かもしれませんね。運用のしやすさも考慮したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/02/16 20:11
  • ID:QA-0069313

代表者

「債務者の承認」による時効の中断が可能

▼ 年休は、消滅時効の一種ですが、その中断に就いては、労基法上、特別な規定が置かれていないので、民法の定めに従うことになります(147条)。時効の中断とは、それまで進行してきた時効の期間が振りだしに戻ることです。
▼ 民法上の中断事由には、色々ありますが、その中に、「債務者の承認」というのがあります。有休は、労務提供せず賃金を請求できる権利なので、(一定の条件は付されますが)、労働者が、「債権者」、使用者が、「債務者」ということになります。
▼ 従い、会社が、時効の中断に同意すれば、それまでの時効期間の経過がリセットされ、その時点から、2年の消滅時効が進行することになります。(例えば、付与日から1年半経過した時点で、中断されると、元に戻って、2年の消滅時効が始まり、合計、3年半の時効期間となります)

  • 投稿日:2017/02/22 09:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

時効の「中断」について、大変参考になりました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/02/20 20:00
  • ID:QA-0069343

社会保険労務士法人SRグループ 代表

年次有給休暇の有効期間を、会社が法定の2年を上回る期間で設定することは問題はありません。

労基法115条で定める有休の消滅時効の規定は、有休付与日から2年間その権利を行使しなかった場合に権利を消滅させることができるもので、有休の有効期間についての最低基準となります。
ですので、就業規則等で消滅時効の期間を2年を超えて設定することは、労働者に有利な内容でもあり、期間の延長自体は問題ありません。
ただし、会社の有給付与の運用によっては(※)、期間の延長による管理負担がその分大きくなりますし、後々、会社の方針の変更で期間が見直しになると不利益変更になってしまいますので、導入にあたっては慎重を期したほうがよいでしょう。

※ 例:法定を上回る有給を付与していて、法定分の消滅時効と法定外分の消滅時効期間を別々にしているようなケース

  • 投稿日:2017/02/22 09:11
  • 相談者の評価:大変参考になった

やはり制度を運用していくにあたっては、慎重に考える必要がありそうですね。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/02/20 22:53
  • ID:QA-0069347

人事・経営コンサルタント

他の福利厚生も

法律以上に従業員へのメリットを与えるのは問題ありませんので可能でしょう。
しかしこの施策が福利厚生的な、社員への眼一途を与えるためなのであれば、有給を増やすことで管理の手間が増大するデメリットも考慮する必要があります。

コストをあまりかけずに社員へのメリットを与えるなら、そもそも有給を採りやすくる、有給取得を会社を上げて奨励する。自課のスタッフの有給取得率の高い部門を表彰するなどの手もあるでしょう。

  • 投稿日:2017/02/22 09:15
  • 相談者の評価:大変参考になった

会社としての有給取得をしやすい環境作りもとても大切なことですよね、参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
前年度年次有給休暇未付与者の繰越について
年次有給休暇の繰り越しについてご質問です。 前々年度に出勤率が8割に満たないために前年度に年次有給休暇が付与されなかった職員について、 前年度は出勤率が8割に達したので、年次有給休暇を付与致します。 その際、前年度付与されなかった日数分を繰り越しても宜しいのでしょうか。 ご教示宜しくお願い致します...
有給休暇について
事業者が法律で定められた年次有給休暇のほかに有給の特別休暇を与えた場合、労働者が取得しなかったその特別休暇を賃金として請求することは可能ですか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...
ワーケーション
「ワーケーション」とは「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語で、旅先で休暇を楽しみながら、テレワークも行う働き方を言います。欧米で広まりつつあるスタイルで、休暇に仕事を組み込むことで、長期の休暇を取りやすくなるメリットや、業務終了後はレジャーを楽しみリフレッシュし、業務への新...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...