企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

新卒内定者が妊娠

来年4月に入社予定の内定者から妊娠したことがわかったとの相談を受けました。出産予定日が入社予定日と重なるため、初めから産休を取らなければならない状況になってしまいます。どのように対処するのが適切なのでしょうか?入社日の変更等は可能なのでしょうか?

投稿日:2006/07/27 14:14 ID:QA-0005547

*****さん
茨城県/石油・ゴム・ガラス・セメント・セラミック

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

産前産後休暇については、法律で定められた休暇ですので、産前6週間については本人が希望した場合、産後8週間については本人の意思にかかわらず(※産後6週間経過後は例外あり)就業させてはなりません。

入社予定は当然4月と本人も考えていると思いますし、仮に入社時期を遅らせた場合有休の発生等も遅れてしまうなど労働者に不利益を与える事になり、事務的にも繁雑になる為好ましくありません。

本人から特に申し出がない場合入社日は4月1日で変更せず、当初の休業に関しては法定の産休扱いとすることでよいでしょう。

投稿日:2006/07/27 23:34 ID:QA-0005561

相談者より

ご回答ありがとうございます。更に質問させてください。
①場合によっては、産休後、育児休職されることが考えられます。この場合、事実上勤務実績が全くない従業員に対して会社側は、健康保険料等の費用を1年以上払い続けなければことになるのでしょうか?
②新入社員に対する教育カリキュラムを事実上受けられなくなり、全く別メニューで研修しなければならないということになります。通常一定の仮採用期間を経た後、本採用となりますが、本件の場合は、就業状況チェックが出来ず、大幅に本採用が遅れることとなりますが、仮採用期間の上限というようなものはありますか?

投稿日:2006/07/28 09:03 ID:QA-0032322参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

再度お答えいたします

ご質問の件ですが、①、②共基本的には御社の規定に従って取り扱いすることになります。

① 「入社後1年未満の労働者」については、あらかじめ労使協定を結んで定めをしていれば育児休業の適用を除外することが出来ます。
そのような取り決めがなければ、例え入社して間もない新入社員であっても本人による育児休業の申し出を拒むことはできません。
しかしながら、育児休業の期間中は会社から所轄の社会保険事務所へ申請することにより社会保険料(健康・厚生年金)は会社・本人負担分共免除されますし、労働保険につきましても、休業中に賃金が無給であれば当然保険料徴収は行われませんのでご安心下さい。

②「仮採用の期間」について法的な制限はございませんが、余りに長いと社会通念上受け入れられないものとして無効とされる場合」がありますので、せいぜい6ヶ月程度までとするべきです。
但し、育児休業中の社員を研修が受けられないからといって仮採用期間経過後に解雇することは出来ません。
本件については入社後すぐの「育児休業」という特別な事例になりますので、研修については個別に行うか、育児休業が長引いた場合は次年度の社員と同時に行うとかの措置が必要です。

いずれにしても、「企業の子育て支援」は今日大きな社会的要請となっていますので、当該社員の不利益になる措置を一方的に取らないよう配慮されるべきですし、これを機会に労使協定・就業規則等社内規定における関連事項の整備をすすめられるとよいでしょう。

投稿日:2006/07/28 13:59 ID:QA-0005572

相談者より

ご回答ありがとうございました。制度を含め考えたいと思います。仮採用の延長に関しては、復職後一定期間経過後に本採用という形を考えたいと思います。

投稿日:2006/07/29 09:25 ID:QA-0032326大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

畑中 義雄
畑中 義雄
有限会社人事・労務

ご質問の件

こんにちは。畑中です。
 よろしくお願い致します。

 新卒者の入社について始期付留保付労働契約を締結をする際に、4月1日に入社する
 までに妊娠が発覚した場合、内定を取り消すとか内定を辞退してもらうといった
 規定がないのならば無理に入社日を変更しないほうがよろしいのではないでしょうか。

 ありがとうございました。
 ご健闘をお祈りいたします。

 
 

投稿日:2006/07/28 18:14 ID:QA-0005575

相談者より

ご回答ありがとうございます。口頭での内々定の連絡なので、契約書はありませんが、本人の希望を第一に配慮したいと思います。

投稿日:2006/07/29 09:30 ID:QA-0032329大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
入社予定の女性新卒が妊娠を・・・
初めて投稿いたします。 当社は毎年新卒採用活動をしておりますが、今年4月入社予定の女性の内定者が妊娠をしたと相談をしてきました。 入社辞退を促す話をし、もう一度返事をいただきましたが「やはり入社はできないだろうか?」と意思をもらいました。 当社としては、それでも入社辞退を促したいのですが どのような...
入社日より出社しない入社予定者に関して
入社予定日より出社をしていない入社予定者(中途採用)に関して、ご相談をさせてください。 状況は以下の通りです。 1.入社予定者より入社日の早朝に、本人都合により出社できない旨の連絡がありました。 2.社労士に相談し、欠勤扱いではなく、入社日を変更することにしました。 3.上記(2)の件を入社予定...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。
  • 「内定者フォロー」とは ~その目的
    新卒採用では、母集団形成や面接・選考といったプロセスがクローズアップされがちだ。しかし、内定を出した学生を確実に入社させ、また入社後の新人研修にスムーズにつなげていくための最終段階「内定者フォロー」も、決して無視できない大切なポイントである。
あわせて読みたいキーワード
就職内定率
就職希望者に対する就職内定者の割合(%)のことです。高等学校や大学などの卒業予定者を対象に、文部科学省や厚生労働省が年に数回行っている「就職内定状況に関する調査」の中で公表しています。
内定ブルー
「内定ブルー」とは、企業から内定を得て、就職活動に区切りがついた学生が、内定式の前後などに、「本当にこの会社でよかったのか」「この会社で活躍できるのか」といった不安や迷いに苦慮している状態を表す言葉です。結婚を控えた花嫁が漠然とした不安感に襲われる「マリッジブルー」になぞらえて、「内定ブルー」と呼ば...
内々定
「内々定」とは、「内定前の内定」という意味で、企業などが就職を希望する新規学卒者などに対し、正式な採用通知に先立って、非公式の採用予定通知を出すことをいいます。政府が「2020年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請」において、新卒採用者に対する内定通知は卒業・修了学年の10月1日以降(2...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...