企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15746件   回答数34223

コース別雇用管理 間接差別と転換のタイミングについて

表題の件に関しまして、2点ご教示願います。



海外を含む全国に拠点があり、全社員に転勤の可能性がある中で、
一般職には転勤がないということを明示したほうが、それを希望する社員の安心感につながると考えるのですが、
雇用コースの定義に転勤要件を入れた場合、間接差別にならない合理的な理由はどう考えたらよいでしょうか?



仮に転勤の要件を入れることが合理的だとして、相互に転換するルールを入れること考えています。
その中で、一般職から総合職に転換する場合、面談等で労働条件の変更を確認した上で、
転換のタイミングを「転勤と同時に」とすることは問題でしょうか?


以上、宜しくお願いいたします。

  • mrtさん
  • 長野県
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2013/04/22 12:04
  • ID:QA-0054259
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/04/22 13:56
  • ID:QA-0054260

代表者

転勤要件は合理的、制度として明確化、周知が必要

「 職種限定 」 などと並んで、 「 勤務地限定 」 を、 職掌上のコース条件とすること自体は、合理的な措置です。 職掌間の転換は、 転勤ニーズが発生してから、 慌てて行うようなものではなく、 職務上のニーズ、 本人の適正、 要望などを勘案し、 慎重に行うことが必要です。 会社、 本人双方の合意が得られるよう、 コース別の定義と運用方法を、 就業規則において、 明確に定め、 普段から、 周知しておくことが欠かせません。 ご質問の最後の部分、 「 転勤と同時に 」 というのは、 結果論として在り得るかも知れませんが、 上述の通り、 予め、 制度化し、 一定のタイミング ( 例えば、年一度 ) で、 定期的にレビューする運営が必要だと考えます。

  • 投稿日:2013/04/22 15:33
  • 相談者の評価:参考になった

川勝様
早速ご回答いただき、誠にありがとうございました。
現状、曖昧な定義と中途半端な理解のため、不必要な不満を生じさせている面もあります。
ご指摘の通り、明確化と周知(理解)に取り組んで参ります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/04/22 18:29
  • ID:QA-0054267

この回答者の情報は非公開になりました

お答えします

現状でも、総合職と一般職の間に 処遇上の違いはあるものと思います。その違いは、企業が人員を計画的に採用・配置・育成し、適切に役割や責任を与え、業務をうまく分担していく際に必要であると認められる、合理的なものであり、その違いを指して差別とは呼びません。転勤の有無がコースによって異なるのも、まったく同じ雇用管理上の理由として合理的です。

コース転換と同時に転勤となることも、まったく問題ではありません。ただ、一般職から総合職への転換を本人が希望した際には、条件の違いをしっかり確認させ、面接なども実施されるのでしょうから、その際にも 制度として転勤の可能性があることを告げるようにしたほうが良いとは思います。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/04/22 19:40
  • ID:QA-0054269

この回答者の情報は非公開になりました

お答え2

本来、一般職・総合職は、職責や期待、能力などが違うから設定されているものであり、転勤が可能かどうかとは関係がありません。一般職から総合職になれば、より難易度の高い仕事が与えられる、目標が上がる、仕事の量が増える、期待や要望が高くなる、というのが原則であり、転勤とは切り離して考えるべきです。

転勤を受け入れない限りは、総合職になったけれども、仕事や立場もそのまま、処遇水準も一般職のままというのでは、社員から見て、総合職になった意味がありません。「即転勤を条件として、総合職とする」というのは、総合職になろうという人も出てこないのではないでしょうか。

「 いつか転勤になるかもしれないけれど、もっと責任ある仕事をしたい、キャリアを積みたい」という人に道を開くという趣旨で、コース転換の制度があるべきだと思います。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/04/22 21:11
  • ID:QA-0054270

人事・経営コンサルタント

確認方法

職種によって条件を分け、さらに自らも選べるチャンスがあるのは人事制度としても好ましいと思います。やる気のある社員のモチベーション向上になると思います。差別とはならないでしょう。②の転勤のタイミングではなく、職掌変更時が確認のタイミングになります。その際には面談だけでなく、条件提示書類に一筆取る等、形骸化しないような本人の確実な確認を記録するべきと思います。

  • 投稿日:2013/04/23 09:25
  • 相談者の評価:参考になった

増沢様
ご回答いただきありがとうございました。
ご指摘いただいた通り文書での確認はきっちりしております。
処遇の変更を伴うものですから、お互いに納得感を持って運用することが大切だと考えております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
転勤制度の『手当』について
お世話になります。 転勤制度の『手当』に関して、ご質問があります。 弊社では、勤務地を全国型と地域型に分けており、 全国転勤型を選んだ社員には、「帰省手当」を支給しております。 その際、例えば、これまで全国転勤できると申告し帰省手当を受け取っていた者が、 いざ全国転勤となり「転勤出来ない」と言っ...
転勤命令後の社員処遇について
いつもお世話になっております。 転勤命令後の社員の処遇についてご教示願います。 介護等家族の都合で転勤を断った社員と同じ状況でも 転勤命令に従った社員について何かしらの処遇差を 設けたいと考えております。 どのような案がありますでしょうか。 弊社は従業員100人程度の中小企業です。 ご教示頂け...
海外転勤者の住宅ローン減税
海外転勤者で非居住者になった場合は、住宅ローン減税を受けられないということですが、例えば今年、11月から海外転勤になる場合、今年の年末調整でも減税は受けられないでしょうか?また、受けられない場合は負担を減らすための実施事項などはないでしょうか?その他、海外転勤者及び会社にも、負担にならないようにする...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
転勤プレミアム
「転勤プレミアム」とは、主に転勤のある正社員に対し、転勤のリスクを加味して上乗せされる賃金のことをいいます。転勤が決まれば、住居や家族の仕事、子どもの教育など、生活におよぶ影響はさまざまです。また、実際に転勤を命じられなかったとしても、「いつ転勤になるか分からない」という状態が続けば、人生の見通しを...
配偶者同行制度
配偶者が転勤になった場合、その随伴のための転勤を認める制度。夫の転勤に妻も「同行」することで、妻が退職せずに済む、というメリットがあります。妻の転勤に夫が同行するパターンは、今のところ、ほとんど見られません。
間接差別
男女で異なる取り扱いをする「直接差別」に対して、一見、性別に関係のない取り扱いであっても、運用した結果、男女のどちらかの性が不利益となる場合を言います。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 従業員の自律的なキャリア開発を支援する
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...