企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カンセツサベツ 間接差別

男女で異なる取り扱いをする「直接差別」に対して、一見、性別に関係のない取り扱いであっても、運用した結果、男女のどちらかの性が不利益となる場合を言います。
(2005/10/17掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

間接差別のケーススタディ

家族手当てを世帯主にしか支給しない
そんな制度が男女差別になる可能性も

たとえば正社員とパートの賃金差は性の差別とは言えません。しかし男性は正社員、女性はパートという雇用管理の下では女性の賃金は低くなります。また「住宅手当ては世帯主のみ」という場合、世帯主は夫である場合がほとんどなので、女性には手当てが支給されないことになります。このように「間接差別」とは、表向きは性別に関係のない中立的な取り扱いであっても、結果として男女間に不均衡を生じさせる場合を言います。

男女雇用機会均等法(均等法)は男女間の直接差別を禁止していますが、間接差別については法律の規制は何もなく、その定義も明確にされていません。1997年の均等法の改正時に概念自体がはっきりしないとして先送りされた経緯があります。しかし2006年の均等法の再改正に向けて、厚生労働省の研究会は間接差別の禁止をはじめとする、男女の均等な取り扱いを図るための検討を重ね、2004年6月、結果を公表しました。

それによると、間接差別の可能性がある例として、(1)仕事と関係がないのに身長、体重、体力などを募集や採用の要件にする(2)全国転勤を総合職の募集、採用や昇進の要件にする(3)福利厚生の適用や家族手当てなどの支給を住民票上の世帯主に限る、など7項目をあげています。ただ、具体的に間接差別に当たるかどうかは、合理性・正当性があるかにより個別に判断する必要があるとしました。

欧米諸国では何らかのかたちで間接差別への規制を行っています。2003年には国連の女性差別撤廃委員会(OEDAW)から「間接差別禁止を法制化すべきだ」と日本政府に2度目の勧告がありました。「次の法改正でも間接差別の禁止が見送りになれば、日本は国際社会で信用されなくなる」との指摘も出ています。厚生労働省は近くパブリックコメントを募り、法制化に向けた論議をさらに深めていきたい意向のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

改正男女雇用機会均等法
職場や雇用関係において、男女ともに均等な機会を与え、平等を規定した法律です。2007年4月から施行されます。これまで課題とされていたことの多くが改正の対象となっています。
アファーマティブ・アクション
「アファーマティブ・アクション」(affirmative action)とは、差別を積極的に是正・改善する取り組みのことで、差別是正措置、積極的改善措置などと訳されます。社会的・構造的な差別によって不利益を被っている集団(女性や人種的マイノリティー、障がい者など)に対し、一定の受け入れ枠や目標を定め...
改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第99回 「採用コンプライアンス」を適切に進める方法とは ――法令を遵守し、リスクを回避するためのポイント・留意事項(前編)
少子高齢化が一段と進む中、人材不足が深刻化し、採用戦線は混乱を極めている。このような状況下、採用活動に関する法令遵守、すなわち「採用コンプライアンス」の重要性が一段と高まっている。リクルーター活動や面接選考などで人事部以外の社員が採用活動に関わることは多いが、...
2016/10/06掲載人事マネジメント解体新書
説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
首藤若菜さん 「男性の職場」に進出した「女性」の働き方 
現業職場を中心に、体当たりで労働の現場を調査してきた首藤さんに、男女の職場を統合していく難しさについてうかがいました。
2006/06/19掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

エントリーシート記載事項について
新卒採用のエントリーシートの記入項目に身長を入れるのは間接差別になりますか。 何センチ以上と採用要件にするわけではなく、あくまで書類の段階でどんな方が想定するための参考です。
男女雇用機会均等法の改正について
お世話になっております。 平成19年4月より均等法が改正されますが、当社の住宅手当支給要件に、「住民票上の世帯主であること」となっております。あまり女性が世帯主となることがありませんが、この支給要件では違法となってしまうのでしょうか? ご教授願います。
コース別雇用管理 間接差別と転換のタイミングについて
表題の件に関しまして、2点ご教示願います。 ① 海外を含む全国に拠点があり、全社員に転勤の可能性がある中で、 一般職には転勤がないということを明示したほうが、それを希望する社員の安心感につながると考えるのですが、 雇用コースの定義に転勤要件を入れた場合、間接差別にならない合理的な理由はどう考えた...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。



「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...