企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

健康保険の子供の扶養について

ある社員から、配偶者の父が死去し実家の家業の名義上の社長になることになったが、認めて欲しいとの申告がありました。当社は原則副業を禁止していますが、当社業務には影響がなく名義上だけ、ということで経緯や家業という点も考慮し認めました。

その後、本人の当社の年収は500万円で社長としての報酬が300万円、配偶者は家業の役員として700万円の収入があるが、子供の健康保険の扶養は引き続き当社健保で良いか、との質問がありました。

総年収では、本人800万円>配偶者700万円、当社の年収だけでの比較で言えば、本人500万円<配偶者700万円 ということになります。

社会保険上の扶養は、原則として世帯主と理解しています。この世帯主の定義が総年収比較なのか、当社の年収だけでの比較で良いのか迷っています。
当社は組合健保、配偶者は協会健保です。

以上を総合的に判断した場合、引き続き当社の健保の扶養にしていても良いのか、ご教示のほどお願いいたします。

また、この状況は昨年からの状況のようで、当社の健保から扶養を外す場合、どのような処理が必要なのかもご教示いただけますと幸甚です。

投稿日:2012/10/25 17:20 ID:QA-0051852

*****さん
東京都/情報サービス・インターネット関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

夫婦共働きの場合の子の扶養

通常は、収入の多い方の扶養となります。
標準報酬は、給料だけが対象となりますが、どちらの扶養にするかは収入で比較しますので、
副業の報酬も含めます。

よって、昨年度の源泉徴収票を提出させるケースが多いです。

ただし、組合健保の場合は、組合の定款により、異なりますので、組合健保に直接確認するしかありません。

投稿日:2012/10/25 18:31 ID:QA-0051853

相談者より

副業も含めた総収入比較、ということで明確に理解できました。ご教示ありがとうございました。

投稿日:2012/10/26 09:24 ID:QA-0051861大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

原則としまして健康保険の被扶養者は収入の多い方の扶養に入れることになります。その際、御社以外の収入も全て含めた年収で考えます。また年収が同程度の場合ですと、被扶養者の地位の安定を図る為主として生計を維持する者の被扶養者とするとされています。こうした点からも、現状では引き続き本人の扶養で問題ないものといえます。

従いまして、特に手続きは必要ございませんが、仮に事情が変わって扶養を外す場合には、健康保険被扶養者異動届を健保組合へ提出する事になります。詳細手続きに関しましては健保組合によっても異なりますので事前に必要書類・様式等を確認された上で手続きされる事が必要です。

投稿日:2012/10/25 23:11 ID:QA-0051857

相談者より

現状のままで良いとのことですので本人にその旨伝えます。分かりやすくご説明いただきありがとうございました。

投稿日:2012/10/26 09:22 ID:QA-0051860大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
税扶養と健康保険の扶養
健康保険の扶養について教えていただけますか。 両親共働きで子供を扶養に入れる際、税扶養は父、健康保険は母の扶養に入れることは可能なのでしょうか。 よろしくお願いいたします。
健康保険上の被扶養者について
以下、ご教示願います。 配偶者である妻を扶養に入れようとする場合、妻自身が「障害年金」や「傷病手当金」を受給している間は扶養に入れることができない、という認識でよろしいでしょうか?
健康保険の扶養について
いつもお世話になっています。今回健康保険の扶養者について相談します。当社は健保組合に加入しています。 すでに扶養者と認定されている子女が学校を卒業、あるいは中退し、就職出来ずアルバイトをしているものがいます。正式に就職が決まり次第扶養者から外すと健保組合には伝えましたが、一方的に本人の自宅に書類を送...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想 企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは
    社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産性の向上を図り、業績の改善を実現する「健康経営」。企業と健保との協働――「コラボヘルス」という新たな考え方にも注目が集まり、2014年4月には産学連携の研究機関「コラボヘルス研究会」が立ち上げられました。企業と健保の連携はなぜ必要...
  • 2. アルバイト・パート雇用における労務上の注意点
    正社員もアルバイト・パートも労働者としての権利に変わりはない。アルバイト・パートの場合は、勤務時間や出勤日数が正社員よりも少なく、時給や日給といった給与形態が一般的だ。勤務条件が個々に異なるため、有給休暇の付与日数や社会保険の加入・非加入にも違いがあり、さらには扶養控除内での勤務も絡んでくるなど、き...
  • 常勤役員の報酬・賞与等の最新実態――年間報酬の額、賞与の割合など
    成果主義やコーポレートガバナンスの高まりの中、役員報酬の業績への連動や退職慰労金の廃止など、役員の報酬制度に関する見直し・再構築の動きが急速に進んでいます。こうした中、労務行政研究所では「役員の報酬・賞与、退職慰労金などに関する調査」を実施しました。本調査は1986年からほぼ毎年行っているものです。...
あわせて読みたいキーワード
106万円の壁
2016年10月からパートタイマーに対する社会保険の適用範囲が拡大され、従業員501人以上の企業であれば、勤務時間が週20時間以上で、1年以上の勤務が見込まれるパートタイマーは、見込み年収106万円(賃金で月額8.8万円)から社会保険の加入対象となります。この改正により、配偶者が会社員・公務員である...
扶養控除
「扶養控除」とは、扶養家族がいる場合に一定の所得控除が受けられる制度のことをいいます。扶養家族とは、その対象になっている家族のことをいい、例えば専業主婦(夫)や、子どもがいる場合は扶養家族になります。2018年には、扶養控除に関する法律が一部改定されました。
配偶者控除
「配偶者控除」とは、配偶者がいる場合に一定の金額が税金から控除されることをいいます。扶養控除の一種であり、法律上の配偶者がいる場合に適用できます。配偶者控除を受けるためには、配偶者の年収が103万円未満でなければなりませんでしたが、2018年より法律が一部改正され、上限が拡大されています。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/02

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...