企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14899件   回答数31934

社有社宅の強制について

当社では社宅について、社有のものと借上げの二種類があります。現在は会社施設ということもあり、借上げ社宅に入る社員が多く、社有社宅の空室が増えている状況です。そこで、社有社宅の家賃を今よりも下げた上で、借上社宅を当面廃止し、今後の社宅希望者は強制的に社有社宅を適用していこうと考えております。この場合、社有社宅入居を強制すること、社有社宅の空室状況により入居する社宅の種類が異なることについて、問題はありませんでしょうか。お願い致します。

  • *****さん
  • 東京都
  • 証券
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2011/12/16 12:53
  • ID:QA-0047430

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/12/16 13:13
  • ID:QA-0047432

この回答者の情報は非公開になりました

社有社宅への強制に伴う問題点

会社として借り上げ社宅から社有社宅に移したいという方向性は特に問題ないことです。問題は転居を伴うことなので、転居が単に実費では社員に不都合であることを認識しておいて頂きたいです。たとえば、子供がいれば、保育園や幼稚園が代わったりして費用が発生することもあります。そうしたものに対する手当を考慮すれば、社員の反発や不満は緩和されるでしょう。入居そのものには借り上げも社有も関係はないですが、退職していく場合、退職時に転居を伴うので、その点も問題にはなるでしょう。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/12/16 13:30
  • ID:QA-0047433

代表者

先ず、社有社宅が忌避される理由を明らかにすることから

会社資産の有効活用は、欠かせない経営課題ですが、転勤 ( ? ) 社員が、何故、社有社宅を忌避するのか、会社が、何故、空き社有社宅があるにも関わらず、物件の借上を許容してきたのかを、明らかにしないと、社有物件への強制入居の制度化も、うまく行かないでしょう。資産の有効活用と社員の利便性のバランスをとるためには、先ず、これらの問題点を整理し、労使双方で、知恵を出し合って、対応策を検討することが必要だと思います。

  • 投稿日:2011/12/19 09:24
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/12/16 22:34
  • ID:QA-0047438

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、社宅供与のような福利厚生制度につきましては、各会社が任意に内容を定めて運用する事柄になります。

従いまして、基本的には現行の社宅規定上2種類の社宅供与についてどのように定めているかによります。

仮に社宅の種類を社員の希望により選択出来るといった内容であれば、変更に関しましては労使間で協議の上納得の行く形で進められるべきといえます。賃金のような重要な労働条件程ではないにしましても広義の不利益変更に該当するものといえますし、また住居という生活に欠かせない施設であることからも一方的な強制だけは避けるべきといえるでしょう。今後新規に入居する社員のみ変更するのであれば、特に難航する協議ではないものと考えられます。

そうではなく、単に2種類の社宅があるというだけでどちらを提供するかに関して会社の判断に元から委ねられているような場合には、状況に応じて社有社宅への入居のみを認めても差し支えないものといえます。但し、既存の入居者に適用する際通勤時間がより多くかかる等従業員の負担が明らかに増える場合には、何らかの配慮措置を採られるべきといえるでしょう。

いずれにしましても、現行制度の規定詳細を確認した上で対応されることが不可欠です。

  • 投稿日:2011/12/19 09:25
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社有社宅入居への義務付けについて
当社は社有社宅と借上社宅の2種類があります。現在、社有社宅に空室がありますが、新たに世帯をもった社員に先ずは社有社宅に優先的に入居することを義務付けることは可能なのでしょうか。また、他企業の一般例はどのようでしょうか。ちなみに、当社の場合、転勤はありません。
社宅規程は必要でしょうか
弊社に社宅制度はありませんが、借り上げ社宅に入居させている社員がいます。 適切に課税処理しています。 借り入れ社宅に入居させる際の明確な基準はなく、希望者に対して提供しています。 この場合、社宅規程がないことが問題になることはありますでしょうか。
社宅の運用方法変更について
当社には2種類の社宅があり、社有と借上となっております。これまで設定使用料が高かったこともあり、種類の選択が可能であった為、借上の需要が多く、社有に空室が多い状況です。ついては、資産の有効活用を図る為、今後は社有社宅の使用料を引き下げた上で、新たな社宅希望者は社有に空室がある時は社有に入居(既借上入...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 社宅管理の最新実態──3割が今後、社有社宅を減少・廃止する意向
    労務行政研究所では、「社宅・寮、住宅融資制度に関する実態調査」を実施しました。本記事では、そのうち、保有の寮・社宅の動向に関する集計結果を中心に取り上げています。社宅については、隔年で調査しているものです。
  • 社宅代行関連サービスの比較と選び方
    『日本の人事部』編集部が取材した、人事サービス、人材ビジネスの最新製品、サービス情報。サービス選びから、導入時の注意、活用の仕方までご紹介。 人事担当者の業務は幅広いが、その中でも、専門知識が必要とされ、なおかつ業務が複雑な社宅管理をサポートしてくれる借上『社宅管理』に関するサービスをご紹介する。
  • 独身寮の運営に関する最新実態 独身寮の使用料は社有1万1302円、借り上げ1万2181円
    時代の流れとして減少傾向にあると思われた企業の独身寮だが、自社のアピールポイントとして、若年層社員の育成・コミュニケーションの場として、再度見直されつつある。入居条件、使用料など独身寮運営における諸取り扱いの現状を、労務行政研究所独自の調査結果から分析する。

あわせて読みたいキーワード

就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...