企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

月額定額制の研修について

いつも大変参考にさせていただいております。
月額定額制の研修についてです。

最近、上記の内容での広告をたまにみます。
確かに定額でなおかつ価格も割りと安価なのは非常に魅力的に感じます。

ただ、その分内容や効果には少々不安を感じるのも事実です。

そこで、定額制の研修のメリットとデメリット、おすすめの研修(定額制の)が
ありましたら、お教えいただきたく思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • 美容・理容
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2011/07/14 15:24
  • ID:QA-0044890
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/07/14 16:50
  • ID:QA-0044891

この回答者の情報は非公開になりました

定額制の研修について

まずは、以前、同様の質問に対して お答えしました内容を再掲いたします。その後、補足のご説明をいたしたいと思います。

↓(再掲部分)
=======
弊社は、毎日新聞社主催の定額制セミナー「毎日ビジネス講座」(大阪のみ)
http://mainichi.jp/kansai/etc/business/
http://www.ini-p.co.jp/category/1372241.html

の講座運営協力を行っており、その経験からお答えしたいと思います。

まず、良い点。
・社員各々の状況や課題、興味関心に応じて、学ぶことが可能ということ。
 研修のカフェテリアプランですから、人事主導の企画では実現できない柔軟性があります。

・ご指摘の通り、様々な業界、職種の人達との交流が生まれる。
 アンケートにもよく、「グループ討議などで、普段とは異なる見方や意見に触れることが
 できた。」といった声があり、名刺交換などが行われることもあります。他流試合のよさは
 公開講座ならではと言えます。

・制度として、従業員からの評価が高い。
 スポーツクラブへの加入や、各種施設の割引利用といった福利厚生制度が導入されている
 企業は多いですが、そのような福利厚生的な意味合いで捉える方も多く、いつでも容易に
 学べる機会があることに対して評価する声を、会員企業や受講者からよく聞きます。

・何と言っても、安い。(通常の研修の費用、手間と比べれば一目瞭然です。)

・特に、管理職層、リーダークラスの体系化に効果的。
 一定の経験を積んだ方から、「経験を総括するのに役立った」という声が多くあります。
 原理原則、一般的な理論を学ぶことで、自分のスキルが持つ意味や目的を体系化でき、
 メンバーに指導する際に 分りやすく、論理的に説明できるようになるようです。



次に、利用に当たっての注意点。

・受講者が偏る。
 当然ですが、積極的に受講する人と、全く興味関心がない人がはっきりと分かれます。
 それで構わないと考える会社もありますが、「3ヶ月に1講座受講」をルールとし、何を受講
 するかを人事に届け出るといった仕組みを設けている会社もあります。他にも、毎月1名が
 指名され、学んだことを発表する。受講レポートを回覧するといった工夫も 各社で
 行われているようです。

・講座レベルと受講者のレベルに、ギャップがある場合も。
 公開講座ですので、受講者のレベルはもちろん、業界や職種の特性に合わせた内容には
 なっていません。そのため、「難しかった」「簡単すぎた」といった感想は 当然出てきます。
 また、原則や一般論を聞いて、自分の仕事に当てはめて考えることが出来るかどうかが、
 問われることもあります。原則や一般論を聞いて、「自分の仕事ならどうか」と考えられない
 方には、ピンと来ない講座が多いかもしれません。


基本的には、いい仕組みだと思いますし、導入も容易ですので、お勧めしたいと思いますが、加入しただけで誰も利用しないといったことにならないよう、しっかりルールを作るなどして、運用していただきたいと思います。
======

ここからは、補足の説明となります。

1.導入企業は、どんどん増えています。
弊社が講座運営協力をしております、「毎日ビジネス講座」も、開始して2年4ヶ月となりますが、100社を超える会員数となりました。会員企業に伺いますと、安さと導入しやすさが魅力のようで、これまであまり研修をやってこなかった会社も、熱心だった会社も、この点は 同じように言われます。


2.効果は、「人による」「人事による」
研修の効果は、講座の内容や講師の問題もありますが、学ぶ人の問題意識や意欲、理解力にも大きく左右されます。これは、インハウスの研修においても同じことで、定額制だから、自主選択だからといった形式面で、その効果がインハウスのものと異なることはないと思います。
ただし、受講しなければ意味はありませんので、上にも書きましたが、周知、受講させる仕組み、学びが身につくようにする方法、などは工夫のしどころです。


3.お勧め
先駆けは、イノベーション・クラブで、会員企業も図抜けて多いようです。ただし、その後に出てきたサービスを見ても、講座のラインナップなどに、大きな違いはありません。
私が講座運営をしていて大切だと思うのは、「一方的でないこと」「人数が多すぎないこと」です。講師がしゃべり続ける、50名を超えるような講座は講演会のようで、受講者にはリアルな学びが得にくいのではと感じます。
ケースを題材に自分で考える、それをグループで討議するような場面があり、講師と受講者が近い状態で行われていることが大切だと思います。

参考になさってください。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/07/14 22:53
  • ID:QA-0044895

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

月額定額制の研修ですが、メリットとしましては、原則としまして費用が一定となることから多くの研修利用をされる場合に低コストとなる点、予算管理が行い易くなる点、そして研修会社に細かい相談や頼み事を行い易い点が挙げられます。

一方、デメリットとしましては、コストパフォーマンスを考えてしまい必要性の少ない研修まで頼んでしまう点、他社と比べて見劣る研修内容であっても事実上利用せざるを得なくなってしまう点、そして研修会社によっては定額サービスの対象外となる研修等を設けている可能性もある点が挙げられるでしょう。

結局のところ、研修は実際に職場で役立つものでなければいけません。従いまして、定額か否かといった問題以上に、まずは個々の研修内容・手法が御社に適しており有効であるか否かを十分に比較検討してから契約されることが最重要といえます。特に定額制の場合、一旦契約すると心理的に断りにくくなり、結果としまして利用頻度に比べ契約期間が長期化しコスト高になってしまう可能性もございますので、単発契約以上により慎重な判断が必要といえます。ちなみに、こちらで特定の研修サービスをお勧めする事は出来かねますのでご了承下さい。

  • 投稿日:2011/07/29 10:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
研修について
階層別研修等、ビデオ研修を用いたいのですが経費的に貸しビデオを利用したいと思います。質量とも揃っている施設をお教えください
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 研修の準備と段取り
    研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
  • マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
    現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
  • 研修会社の選び方
    自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポイントを整理していく。
あわせて読みたいキーワード
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
シェア研修
「シェア研修」とは、複数の企業のコラボレーションにより、新入社員研修などを合同で企画・実施する研修スタイルのことです。研修プログラムや講師、会議場など各社の育成リソースを共有し、所属の異なる参加者が企業の枠を超えて同じ研修を受けるのが特徴。自社内に閉じていた従来の新人研修と違い、“社外同期”ともいう...
新入社員研修
「新入社員研修」は、特に新卒入社者を対象とした研修を指す場合が多く、学生から社会人となった新入社員に、仕事を遂行する上で求められる知識・スキルや礼儀・ビジネスマナーなど、ビジネスパーソンとしての基礎を身に付けてもらうために実施されます。近年、企業間の競争が激化する中で、新入社員には早期戦力化が期待さ...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...