企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】イノベーション イノベーション

語源は英語で「変革する」「刷新する」という意味の動詞innovateの名詞形innovation。経済活動において既存のモデルから飛躍し、新規モデルへと移行することを意味します。日本語ではよく「技術革新」の同義語として使われますが、本来は新しい技術を開発するだけでなく、従来のモノ、しくみ、組織などを改革して社会的に意義のある新たな価値を創造し、社会に大きな変化をもたらす活動全般を指すきわめて広義な概念です。
(2009/6/22掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イノベーションのケーススタディ

技術革新だけがイノベーションではない
大切なのは変化を生み出す環境づくり

イノベーション研究の始祖といわれるオーストリアの経済学者J・A・シュンペーターが1912年に著書『経済発展の理論』で上記のように定義して以来、「イノベーション」という言葉は、経済学・経営学をはじめ広く社会科学的な用語として使われるようになりました。

日本でも「人口減少社会」に突入した2005年あたりから、1人当たりの労働生産性を高めて持続的な経済成長をはかる決め手として、イノベーションが盛んに論じられるようになりました。東京大学大学院情報学環の坂村健教授によれば、イノベーションはそれを起こす対象の違いによって、大きく次の三つに分類されるといいます。

  1. 画期的な製品やサービスを生み出す「プロダクト・イノベーション」
  2. 生産方式や運用方法を刷新する「プロセス・イノベーション」
  3. 社会の制度や構造を転換する「ソーシャル・イノベーション」

プロダクトとプロセスの両イノベーションについて、日本が世界のトップレベルにあることは言うまでもありません。プロダクト・イノベーションでいえば、トヨタのハイブリッド車「プリウス」や、最近では任天堂のゲーム機「ニンテンドーDS」などが代表例。ヤマト運輸がはじめた宅配便も物流サービスにイノベーションを起こしました。生産効率の向上を図るプロセス・イノベーションなら、世界に誇るトヨタの「カンバン方式」を思い浮かべるといいでしょう。

しかしながら日本は、3番目のソーシャル・イノベーションを起こす力が弱く、それはまさにイノベーションという言葉を「技術革新」という枠組みだけでとらえがちな傾向と表裏一体の問題点である、と坂村教授は指摘しています。制度やしくみを大胆に変革し、新しいアイデアが生まれやすい社会環境をいかにして創るか――いわば「イノベーションのためのイノベーション」がこれからの課題。それは個々の企業の組織改革や人材マネジメントにも通じるテーマではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

リバース・イノベーション
「リバース・イノベーション」とは、途上国で最初に創出・採用されたイノベーションであり、それを先進国・富裕国へと移転・展開するという、従来のパターンとは逆の流れでイノベーションのグローバル化を図る戦略コンセプトのことです。米ダートマス大学タック・スクール・オブ・ビジネスのビジャイ・ゴビンダラジャン教授...
オープンイノベーション
「オープンイノベーション」とは、2000年代初頭に米ハーバード・ビジネススクールのヘンリー・チェスブロウ博士によって提唱された新概念。企業が社内資源のみに頼らず、他社や大学、公的研究機関、社会起業家など、広く社外から技術やアイデアを集めて組み合わせ、革新的なビジネスモデルや製品・サービスの創出へとつ...
越境学習
「越境学習」とは、ビジネスパーソンが所属する組織の枠を自発的に“越境”し、自らの職場以外に学びの場を求めることを意味します。企業内研修とも、自宅での個人学習とも異なる“サードプレイス”での学びと知的交流を重視することが越境学習の特徴で、働きながら社会人大学や民間のビジネススクールに通ったり、社外の...

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”  イノベーションと人材紹介~簡単ではない「イノベーション人材」の紹介~
「新規事業の企画に関わってみたい」と考え、転職を考える人は多い。その多くが、現在は営業や生産などの部門で働く、企画職未経験者だ。しかし、見極めの難しい「イノベーション人材」の採用では、未経験者を受け入れる企業は少なくて――。
2018/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
丸紅株式会社: 10年後を見据え、既存の枠組みを超える 丸紅が取り組む「人材」×「仕掛け」×「時間」の施策
2018年、「既存の枠組みを超える」をスローガンに、全社をあげてイノベーションを生むための施策をスタートさせた、丸紅株式会社。日本の人事部「HRアワード2018」で優秀賞を受賞したその取り組みを、人事部 部長の鹿島浩二さんにうかがいました。
2019/02/18掲載となりの人事部
佐々木圭吾さん 「知識創造によるイノベーション」で人を育てる
グローバル化による競争の激化で、企業のM&A(買収・合併)が頻繁に行われるようになるなど経営環境は、かつてない激変をみせています。そうした時代を勝ち残る企業としてどのように強い組織を構築していったらよいのでしょうか。知識創造によるイノベーションを提唱する佐々木...
2007/01/22掲載キーパーソンが語る“人と組織”
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...