企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14899件   回答数31934

インターンシップ

面接選考の途中で3日間のインターンシップ(フルタイム+夕食会まで)を行おうと思っているのですが、このような選考を行っている会社さんは実際にあるのでしょうか?
(もちろん法連厳守で、最低法定賃金は支払います)

  • guntankさん
  • 東京都
  • 精密機器
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2011/06/14 15:56
  • ID:QA-0044470

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/06/14 22:32
  • ID:QA-0044481

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

詳細は存じ上げませんが、基本的にはインターンシップと選考とは別に実施される企業が多いものといえます。採用直結型のインターンシップを実施する場合でも、インターンシップのみで選考するのではなく、インターンシップを入り口としまして、その後面接や試験等で本番の選考を行うといったスタイルを採るのが一般的といえるでしょう。

勿論、採用事情は職種や会社事情により様々ですので、法令違反を行わない限り自社に最適と考えられる様式で行うことが大切といえます。

  • 投稿日:2011/06/15 08:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考になりました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/06/15 05:39
  • ID:QA-0044486

この回答者の情報は非公開になりました

インターンシップでの選考

大手電機メーカーでインターンシップ重視の選考が行なわれた事例があります。ただ、実施時期が早かったので、正規の採用選考も併用したようです。貴社の場合、時期はわかりませんが、インターンシップでじっくりと応募者の適性や資質を見て選考するというのは意外に新しいことで、時期さえ適切であれば、問題ないと考えます。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/06/15 13:15
  • ID:QA-0044505

この回答者の情報は非公開になりました

これから増える選考方法だと思います。

選考の途中で、インターンシップ的なものを挟む会社は、相当 増えてきています。面接や適性検査では、見極めに限界があるという理由でしょう。

ただ、3日間という例は、ほとんどないと思います。(1泊2日という例は、よく見かけます。)
3日も拘束するのは、人事としても 結構な手間と労力と工夫がいりますし、学生に負荷をかけすぎて 印象が悪くなり、辞退されてしまうのでは・・・という心配があるからでしょう。
しかし、長い時間過ごすことで、より見極めがしやすくなるのは当然ですし、そのような心配がなければ、よい選考方法だと思います。

人間関係の作り方や社会生活における常識的な部分があるかないか、など、昔ならあまり考慮する必要がなかったことが、最近では重要な選考のポイントになってきていて、それらは 一緒に過ごさないと分らないと考える会社は多く、これからも、このような選考方法は増えると思います。


ご質問には関係ないのですが、このような採用直結型の短期体験を、「インターンシップ」と呼ぶのが定着しつつあり、本来的な職業体験としてのインターンシップと混同されてしまうこと、(1~2日を職業体験と考えてしまう学生が増えること)、は、個人的には よろしくない傾向だと考えています。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/06/17 22:38
  • ID:QA-0044531

人事・経営コンサルタント

増えています

インターンシップの例は無数に対応しております。どこまで精度を高めようと、自ずと面接などの選考には限界があります。そのためマッチング精度を高めようと、インターンシップを選考に加味する例は増加の一途です。ただしその期間につきましては1週間以内というところが多いのが実情です。これですとどこまで人間性や適性を見られるかは、やや疑問が残ります。小職がお手伝いしております企業で、特に大企業は1ヶ月~3ヶ月という長期インターンシップを導入しており、これはさすがにミスマッチ防止には大いに効果があるようです。ただそこまでの誘引が出来ませんと、逆に応募者が忌避してしまう弱さがあります。ご提示では給与も支給ということですので、法的に問題ないよう配慮されれば、短い期間といえど、面接よりは、より理解が深まると思います。

  • 投稿日:2011/06/20 12:59
  • 相談者の評価:大変参考になった

有難うございます。大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
インターンシップ受入期間と労働性について
大学生へのリクルート活動の一環ではなく、美術館等の比較的長期間のインターンシップ受入れがあります(3ヶ月~1年程度)。 これには、ある一定の期間または頻度以上は労働と見なされるなどの線引きがあるのでしょうか。 例えば、3ヶ月は週3回以上で労働と見なされる、1年間でも週1回程度ならば労働制はないと見な...
内定者インターンシップについて
現在、内定者インターンシップして検討しています。インターンシップといっても、内定者用に企画するのではなく、毎年夏休み期間に募集している学生アルバイトにインターンシップとして参加してもらうというものです。アルバイト先は、入社1年目の仕事をしている職場です(宿泊先提供・交通費提供・給与支給)。そこで、入...
インターンシップの運営について
この夏からインターンシップを実施したいと考えております。 そこで下記についてお教え下さい。 ・方法として ①多くの学生を対象として面白さを重視する ②採用目的とするトライアル、の2通りがあるかと思いますが、それぞれのメリットデメリットについて教えてください。 また、2通り以外の目的があればお教え下さ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

エクスターンシップ
大学生に対するキャリア教育の一環として行われる短期就業体験プログラムのことを、アメリカでは「エクスターンシップ」(Externship)と呼びます。学生自身が関心のある分野に能動的に参加することによって、企業や業界に慣れ、実践的な職業スキルに触れる機会を提供するのがねらいです。同じく就業体験であるイ...
インターンシップ
少子化の影響を受け、採用市場では若年層の人材獲得が困難な状況が続いています。早期離職率の問題も顕在化するなか、ミスマッチを防ぐため、企業・学生の双方で入社前の活動が重要なポイントとなっています。こうした問題を解決する一つの手段となるのが「インターンシップ」です。ここでは、実施企業が増えている背景や実...
内定後インターンシップ
「内定後インターンシップ」とは、すでに就職活動を終え、就職先が内定した学生が卒業までの間に取り組むインターンシップのことです。就活後の残された学生生活を、学業や遊びに費やすのではなく、内定先企業とは異なる会社や団体での就業体験に活かすという選択肢が、若者の就労観をめぐる新しい動きとして注目されていま...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...