企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14598件   回答数31014

内定の応諾前の内定取り消しについて

お世話になっております。

以下の場合の内定取り消しについて問題ないか ご教授下さい。

・メールにて内定を連絡。
・内定者から内定への応諾について10日間程度の猶予依頼(理由は他社選考中の為)
・10日後に内定辞退となった場合に備えて、採用活動を再開したい。
・再開の際に、今回の内定を一旦取り消す(再開後の応募者と比較したい為)
・上記は中途採用です。

以上です。
「応諾前の内定取り消し」について、あまり情報がないように思い、質問させて頂きました。
宜しくお願い致します。

  • えむえふごさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2011/03/28 16:36
  • ID:QA-0043230

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2011/03/28 21:12
  • ID:QA-0043232

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

中途採用で他社選考中といった話を応募者の側からされるのは、自らを不利な立場に置く事になりますので珍しいケースともいえます。

通常であれば内定通知が応募者に届いた時点で内定が成立したものと推定されますが、この度は応募者の方から内定受諾に関し留保の要求がなされていますので、内定自体現時点で成立しているとはいえません。

こうした事柄につきまして明確な法令上の定めはございませんが、内定が成立していないということからも、欠員補充が業務上早急に必要で猶予を見る余裕が無いのであれば、その旨を応募者に告げた上で取消というよりは内定が不成立になると伝えても差し支えないものと考えられます。但し、内定で無い以上今回の応募者は完全にフリーハンドになりますので、再開後の応募者と比較して劣る場合に改めて今回の応募者に来てもらえるといった保障もございません。そうしたリスクを承知の上で判断される事が必要です。

  • 投稿日:2011/03/31 13:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2011/03/28 22:10
  • ID:QA-0043240

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

内定取り消しについて

・採用通知が労働契約締結についての承諾の意思表示ではなく、「労働契約締結の予約」であれば、未だ労働契約そのものは有効に成立せず、=会社の採用通知取り消しは労働契約そのものの解除にはあたりません。(昭27.5.27通達)

・契約締結日、赴任日等明確でなければ、ご質問の内容は内定取り消しについて問題がないと思われます。
以上

  • 投稿日:2011/03/31 13:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2011/03/29 12:56
  • ID:QA-0043246

代表者

ダブルブッキングのリスクを避けるのが賢明

|※|.契約は 「 申込みの意思表示 」 と 「 承諾の意思表示 」 の合致があれば成立しますが、内定は、通常、就労始期条件付労働契約と看做されます。ご相談のケースでは、本人から、「 承諾の意思表示 」 がなされたとは判断できません。 .
|※|.一兎でいいのに、二兎を追って、一兎も得ないか、二兎を得たが、不要な一兎も抱え込んでしまった、といったリスクを避けためには、本人に、内定の不成立を通知し、フリーハンドの立場で、直ちに、採用活動を再開されることをお勧めします。直ちに、採用できないリスクは残りますが、不要なダブルブッキングは避けるのが賢明だと思います。

  • 投稿日:2011/03/31 13:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2011/03/29 22:43
  • ID:QA-0043254

人事・経営コンサルタント

通常プロセス

正直に他社が第一志望であることを告白したことになり、珍しいケースではありますが、昨今の応募者状況ではあってもおかしくないことだと感じます。
まず内定を出す、というのは応募者の受諾をもって内定成立ですので、現時点で内定受諾をしていなければ内定ではありません。ゆえに通常は「○○までに、書面にて内定受諾の返答をもって、内定とする」という表記をします。それに対し答えられなければ自動的に内定は不成立となりますので、こうした進め方でよろしいのではないでしょうか。

  • 投稿日:2011/03/31 13:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
内定辞退
今年になって内定辞退が急増しております。内定辞退を防ぐ具体的な方法についてお伺いいたします。
内定通知書について
お世話になっております。 間もなく10年度卒業の学生に対し、内定を出すのですがその際に、内定通知書をお渡しするつもりです。 10月には改めて内定式を行う予定なのですが、その場合には再度内定通知書を渡すものなのでしょうか? 2度内定通知書が渡されるのは不自然ですか? それとも10月以前の内定通知書...
採用内定書をタイミングと10月以降の採用内定解禁時の内定書
今年度大学卒新卒者を6月に採用、採用の旨口頭で連絡済みですが、内定通書を出すタイミングと10月以降の解禁日以降の内定通知書をまただす必要があるかどうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

内定取り消し
「内定」は、企業が卒業予定の学生を採用する際の慣行として、卒業後の正式な雇用契約の前に行う通知。法律上、「解約権留保つきの労働契約の成立」と見なされるため、企業側の自己都合による内定取り消しは契約の一方的破棄にあたり、合理的理由が認められないかぎり無効となります。
内定後インターンシップ
「内定後インターンシップ」とは、すでに就職活動を終え、就職先が内定した学生が卒業までの間に取り組むインターンシップのことです。就活後の残された学生生活を、学業や遊びに費やすのではなく、内定先企業とは異なる会社や団体での就業体験に活かすという選択肢が、若者の就労観をめぐる新しい動きとして注目されていま...
内々定
「内々定」とは、「内定前の内定」という意味で、企業などが就職を希望する新規学卒者などに対し、正式な採用通知に先立って、非公式の採用予定通知を出すことをいいます。政府が「2020年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請」において、新卒採用者に対する内定通知は卒業・修了学年の10月1日以降(2...

定番のQ&Aをチェック

有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

企業が展開するさまざまな人事施策の中で、最近は「福利厚生」が大きな位置...