企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事考課について

当社は現在人事考課を行っておりますが、今現在使用しているものが古く、新しく作り変えようと考えております。今は、上司が部下を評価するだけではなく、部下が上司を評価する考課システムもあるようですが、どういったものがあるのか教えていただければ幸いです。また、このような考課制度を実施するにあたってなにか注意することがあれば教えていただきたいと思います。宜しくお願いします。

投稿日:2005/10/31 14:08 ID:QA-0002477

*****さん
東京都/商品取引

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

新島 哲
新島 哲
新島労務管理事務所 所長

部下が上司を評価する

色々なやり方がありますが、ある会社では管理職の評価表をそのまま部下に渡して評価させています。また、部下ののヤル気に影響する部分を評価している会社もあります。

但し、上司が部下を評価するのが難しいこと以上に部下が上司を評価するのは難しいです。管理職の役割をきちんとわかっている部下であれば良いのですが、自分の感情を優先させて評価されると偏ったものとなります。また、部下が嫌がってもやらなければいけないこともあります。

やはり部下が上司を評価させる場合は、会社が部下の管理としてやるべきことを列記し、その内容のチェックからはじめるとやりやすいのではないでしょうか。給与への反映ということでも、いきなりではなく、はじめは参考指標とし、評価がある程度妥当な内容になってからが良いのではないでしょうか。

投稿日:2005/10/31 14:28 ID:QA-0002479

相談者より

 

投稿日:2005/10/31 14:28 ID:QA-0030989参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

斉藤紀夫
斉藤紀夫
有限会社ライフデザイン研究所 代表取締役

上司の評価

人事考課の変更について、ご参考になれば・・・
人事考課で重要なことは、評価基準を明確にすることです。
上司である管理者の評価では、「よい仕事をする(成果)」と「よい職場をつくる(チーム・ビルディング)」の二つの側面が評価基準に考えられます。
部下が上司を評価する場合は、チーム・ビルディングの側面について評価(フィードバック)をした方が、より効果的な人事評価になると思います。
ある外資系の会社では、二年ごとに「管理者が会社の理念に添った行動をとっていたか」という評価を全管理者を対象に部下の人たちが行っています。

投稿日:2005/10/31 15:35 ID:QA-0002485

相談者より

 

投稿日:2005/10/31 15:35 ID:QA-0030993大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

木下 利之
木下 利之
エトナ株式会社

部下が上司を評価する考課システム

弊社が開発・販売している人事考課システムに「能力給システム公平クン」というものがございます。

一部の上司による評価だけでなく、より多くの方々(複数上司、同僚、部下など)の評価も取り入れる、多面評価を基礎としたシステムです。概要は「日本の人事部」ホームページの「課題を解決する商品・サービス」に出していますのでご覧下さい。

なお、部下に上司を評価させる件ですが、若年社員は評価能力が低いこと、部下から評価の高い上司が必ずしも会社にとってよい上司ではないこと等の理由から、実際の運用には注意が必要かと思います。

投稿日:2005/10/31 15:36 ID:QA-0002486

相談者より

 

投稿日:2005/10/31 15:36 ID:QA-0030994参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

人事考課について

たくさんの先生方が述べておりますが、参考までに記させていただきます。
社員研修のなかで、部下に上司に望むことや期待すること、問題点などを正直に書いていただき上司に読ませたことがあります。
上司は目を白黒させて驚きます。中には、「やはり、そうか」と納得する上司もいます。
御社の場合には当てはまらないかもしれませんが、一般論として上司の苦労は部下にはわからない部分も相当あります。
上司の評価は、例えば営業の成績だけではつけられないという点が多々あるという事でしょう。上記、斉藤先生のご回答にありますように成果とチームビルディング、言い換えれば、仕事の出来具合と人間関係というハードとソフトの両面を評価できるような仕組みが必要です。
また、評価を上司にフィードバックする際には、上司は誰がどのような評価をしたのか知りたくなります。知ることによる人間関係面でのリスクも生じます。
結局、難しい運用を迫られることになりますので注意が必要です。
私の関わった企業では、上述の研修を実施したうえで、人事考課の参考にするという仕組みで運用したところがあります。詳しくはお伝えできませんが、仕組みを作り、コンセンサスを得て、上司にとって公正な評価の一部分として理解を得たうえで、部下にとっても評価することで上司から睨まれるということが無いことを理解させなければ実際の運用は難しいものです。外堀を固めてから実施するよう、しっかりとご検討してはいかがでしょうか。
良い方法だとは思いますが難しい方法というところですね。
以上ご参考まで

投稿日:2005/10/31 17:01 ID:QA-0002489

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職者へ対する人事考課の取り扱い
いつも勉強させて頂いております。 突然の休職などで、人事考課の評価時期に本人がいないまま人事考課を行わなければならないケースがあると仮定します。この場合、本人との業務目標の達成度の確認などがないまま、上長が評価の最終点数を決定するのは何か法的に問題が発生しますでしょうか? その他、休職者と人事考...
考課と評価の違い
お世話になります。 基本的な質問でお恥ずかしいのですが、考課と評価の違いについてご教授願います。 評価制度を作るにあたって、区別がつきません。 よろしくお願い致します。
フィードバック面接と評価表
人事考課の後のフィードバック面接の中で、詳しい考課内容を記載した評価表は被考課者に見せないというのが原則である、と聞きます。 その根拠、あるいは条件付で見せる場合はその内容について、教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
垂直的評価
「垂直的評価」とは、上司と部下というタテの関係の中で行われる人事評価のことです。定義としては「部下が上司を評価する」意味も含まれますが、一般的には「上司が部下を評価する」ことを指します。多くの企業では、日常的・直接的に部下の指導監督にあたる直属の上司を第一次考課者として、一次考課者の監督者を第二次...
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/04
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

企業が展開するさまざまな人事施策の中で、最近は「福利厚生」が大きな位置...