企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

一人で複数の26業務に就くのは可能か。

現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。

投稿日:2010/09/03 15:39 ID:QA-0022686

*****さん
神奈川県/輸送機器・自動車

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

派遣業務

契約更新時に異なる業務を担当してもらうことに相手方が合意すれば問題ないでしょう。

複数の派遣業務については当初からそれを提示し、合意すれば問題ないと考えます。
在職中に追加することは問題があるでしょう。

投稿日:2010/09/03 16:20 ID:QA-0022688

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

複数担当の派遣業務

派遣社員は原則として単独の職務として説明されて派遣されるのが一般的です。お茶汲みでさえ、本来業務の職務を中断されるので、望ましくないです。お茶汲み程度と考えても、本人として仮に2時間程度あれば、この範囲の仕事の量を終えられると考えていても、中断されて別の業務が入ってくると、時間内に業務を終えられなくなります。
業務効率、仕事の速さは、個人差がありますが、派遣という働き方は単一の職務に特化した専門職、たとえそれが単純定型的なものであっても、と捉えれています。
派遣で働いている人もそう考えているので、自社の社員のようにあれもこれもという職務内容は難しいです。
何が問題なのかというと、派遣契約時に当人に了解してもらえばすむことなのですが、気持ちよく働いてもらうには追加的に仕事を与えるとか、役割が違ってくるのは望ましくないです。

投稿日:2010/09/03 17:08 ID:QA-0022691

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

派遣元との協議により、提供 《 労働力 》 の変更も可能

.
■ 派遣先は、紹介予定派遣の場合を除き、《 派遣労働者を特定することを目的とする行為を行ってはいけない 》 ことになっています(派遣先が講ずべき措置に関する指針・2―3)。これは、派遣契約の目的物が、特定の労働力であって、特定の労働者ではないことに拠っています。

■ 他方、契約期間中と雖も、常に、状況変化の可能性は存在します。その場合、契約書に、格段の定めがなければ、派遣元との協議により、5号業務もこなせる 《 労働力 》 ( 労働者ではない ) の提供に切替えることにすればよいと思います。当然、契約条件の変更もあり得ますが、両社合意できれば、OKです。

■ お分かりだと思いますが、現在派遣中の社員が、引続き派遣対象となるかどうかは、別問題で、派遣元が判断することです。2号と5号は似て非なる業務なので、同一人がこなせるかどうか、分かりません。派遣社員の交代もあり得ます ( 2号と5号では、交代の可能性の方が大きいのでは・・ )。

投稿日:2010/09/03 21:55 ID:QA-0022697

相談者より

 

投稿日:2010/09/03 21:55 ID:QA-0041119大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

進め方の順番

業務範囲を広げること自体は派遣会社との契約で盛り込むことが可能でしょう。しかし

〉契約更改時にこの社員に5号業務もお願い
すること。こちらは特定行為となり、出来ません。あくまで派遣契約ですので、「その社員」を依頼は、法律的には出来ないことになります。

ですが、昨今の厳しい環境下では、本人も御社業務を希望しているのであれば、恐らく御社のご希望も叶えられる可能性は低くないと言えます。
要は派遣会社との話し合いでご希望が通る可能性があるということで、それを担保することが法律で出来ないということになります。派遣会社にご希望を伝え、お尋ねになってみて下さい。

投稿日:2010/09/05 14:31 ID:QA-0022714

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
労働者派遣法施行令第4条11号の業務について
初歩的なことで恥ずかしいのですが、教えてください。 弊社に業務内容として「第11号国内取引業務」としてスタッフが派遣されました。数日後、スタッフからお客様からの受電業務はできないとの連絡がありました。派遣会社の営業担当に確認したところ、電話を受ける業務も含まれるが本人がその業務が出来ないといっている...
同一業務について
派遣先は同一業務について派遣元事業主から派遣可能期間を超える期間継続して労働者派遣の役務の提供を受けてはならないとされていますが、この「同一業務」とはどのようなくくりになるのでしょうか。
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
  • 4. 人材派遣のメリット
    派遣法が施行される以前から、実質的に人材派遣といえるサービスが活発であったことから考えても、派遣の活用は企業にとって大きなメリットがある。人材派遣は一種のアウトソーシングでもあり、組織の肥大化を防ぎながら効率のよい経営をめざしたい企業にとっては、もはや不可欠のサービスだ。こうした人材派遣のメリットを...
  • 人材派遣をめぐる「法律」と「対応」
    人材派遣は「禁止の例外」?労働者派遣法のあゆみと派遣労働者をめぐる環境
あわせて読みたいキーワード
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。
裁量労働制
働き方改革の推進にともない、労働者が働く時間を柔軟に選べる職場環境の整備が望まれています。労働者のワーク・ライフ・バランスはもちろん、生産性向上や人件費の問題を考える必要性も生じています。こうしたなか注目されているのが「裁量労働制」です。裁量労働制は、労働者自身が業務効率化を図り、時間を有効活用でき...
BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
業務プロセスの効率化、最適化を目的に、企業が社内の業務処理の一部を専門の事業者に外部委託(アウトソーシング)することを「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」、略してBPOといいます。業務プロセスそのものの企画設計から必要なシステムの導入、人材や設備の準備、プロセスの運用までを一括して委託すること...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。