企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15741件   回答数34223

新入社員に会社の不満を影で言い続ける社員

新入社員が入社するたびに会社への不満を、その新入社員に誇張して話す社員がいます。そのことで社内の雰囲気が悪くなり前からいる社員からは相手にされていませんが、新入社員の会社への疑念が生じたりしています。話した内容を社員から聞いておりこのことを理由とする懲戒解雇は認められるでしょうか?また、他の社員は「そんなことをする奴に解雇予告手当を支給するのは納得できない」と労働監督署に即時解雇の許可をもとめるように言っています。可能でしょうか?

  • *****さん
  • 岡山県
  • 教育
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2009/05/25 02:02
  • ID:QA-0016181
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/05/25 08:34
  • ID:QA-0016182

有限会社ライフデザイン研究所 代表取締役

悪い社員は切る

外資系の企業に人事課長で転職したとき、社長からまず言われたことがありました。
「この会社には、組合がありません。もし、組合ができるようになったら、あなたは首です」と。
それで、私は「組合をつくらなくてもいいと感じる、いい会社にしよう」と心に決めて、人事の仕事に取り組みました。
3年くらいして、その社長が「営業課長を首にしてほしい」と言い出しました。しぶしぶ従ったのですが、次は「マーケティング課長」、その次は「業務課長」と続きました。
いい会社にする、という私の使命はもろくも崩れてしまいました。
なぜ、社長の意向のまま「業務命令」に従ってしまったのか、悔やまれる決断でした。
私の心は痛み、しばらくして、その会社を辞めました。
新入社員にあれこれと不満をぶつけ、会社の社風を悪くするのは、よくないことだと思われます。
しかしながら、「悪い者を排除する」という「会社の考え方」は将来的に「業績が悪ければリストラする」というような考え方につながって行きます。
「教育」に携わる御社がこのような「価値観」を会社に浸透させてよいのでしょうか?

  • 投稿日:2009/05/25 08:34
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/05/25 10:08
  • ID:QA-0016183

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まずは社員の方の話す会社への不満の内容について、何故そのような事を口にされるのかといったことを十分に考えられるべきです。

文面に「誇張されている」とございますが、裏を返せば元になる一定の事実があるはずです。

そうした点を踏まえた上で会社としましても改善すべき所は改善するといった姿勢・行動を採ることもまた重要です。

また客観的に見まして当人に非があるとしましても、十分な改善指導も行わずにいきなり解雇処分とする事は、即時解雇ではなくとも解雇権の濫用に当たる可能性が高いので避けなければなりません。

事実確認の上で、既にある程度は行なわれているでしょうが単なる注意や叱責だけでなくきちんとした改善指導を都度行い、それでも態度を改めない場合には御社就業規則の懲戒規定に従い軽い懲戒処分を科し、それでも改まらない場合の最終的な手段としまして解雇を検討されるといったように、厳しいと同時に手順を踏んだ慎重な対応を取られることが必要といえます。

  • 投稿日:2009/05/25 10:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/05/25 10:41
  • ID:QA-0016184

代表者

会社への不満を言い続ける社員に対する措置

■人事労務の責任部署としては、社員が好き勝手なことをしたり、、無規律に、批判が飛び交ったりしている、感情的状況の渦中に自分も入り込んでしまってはなりません。問題の本質を見失い、適切な対応ができなくなる危険性があります。
■ご相談の事例に拘らず、この種の問題は、次のステップ(事例)によって対応することが必要です。
▼事実関係の確認
▼就業規則等、ルールブックに定められた、服務上の義務違反の有無及びその程度の確認
▼軽度の義務違反の場合は、本人への改善勧告
▼重度の場合(解雇は労働者にとって最高刑)は、社内懲罰委員会等の立上げ、検討に基づき、公正な措置を決定
▼本人に対する十分な弁明機会の保証と、結論に至るプロセス記録
■因みに、「解雇予告の除外」などは、刑事犯や度重なる無断欠勤など、即時解雇もやむを得ないと認められるほどに重大な服務規律違反、又は背信行為をした場合に適用される最終手段であり、軽々しく、一般社員の感情的に挑発されて、考えるべきものではありません。
■要は、人事労務部署のプロとしての一段高いレベルでの取組みが求められる局面であること申し上げたいのです。そのためには、上記のステップ案をベースに、責任部署のプロに、本質的に求められている役割を確認すると共に、適切な対応を検討されるようお勧め致します。

  • 投稿日:2009/05/25 10:41
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
新入社員~入社2,3年の社員に対するOFF-JTについて
当社では、設立後間もなく現在まだ研修制度というものが特に構築されておりません。 ですが、新入社員の採用については、既に始めているため、新入社員~入社2,3年の社員に対して、早急に何らかの研修をしなければならないと考えております。 そこで、新入社員~入社2,3年の社員に対して、OJTではなくOFF-J...
社員さんがパート社員になりたいと申し出がありました。
現在正社員として雇用されている社員さんから、パート社員に変更してほしいとの申し出がありました。どのような手順を踏めばよいのか、ご指導お願いいたします。 社員は社会保険・雇用保険・厚生年金がかかっております。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...