企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

営業手当支給者の時間外活動について

弊社の営業社員は労働時間管理が困難なため、残業手当分を見込んで月額固定の営業手当で対応しております。さて、今般弊社は改善活動(QC活動)に対して、これまでは時間外で活動した場合であっても時間外労働扱いとしていませんでしたが、今後は時間外に活動した場合、残業手当を支給する方向で検討しております。話しは戻りますが、営業手当支給者が改善活動(QC活動)を時間外に行った場合、残業手当を支給しなければなりませんか?それとも営業手当に含まれていると解釈しても良いのでしょうか?改善活動は事業場内で行うため、時間管理もできる状況にあると考えます。

投稿日:2008/11/21 14:34 ID:QA-0014335

*****さん
愛知県/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

御利用頂き有難うございます。

一般的にいわゆる「固定残業代」として認められる為には、まず就業規則の賃金規定におきまして明確に当該手当の中に「○○時間相当の時間外労働手当分を含む」旨明示されている事が必要です。

その上で、給与明細にも当該手当が区分されており、かつ法定の割増賃金額以上となっていれば別途時間外労働手当を支払う必要はないものといえます。

しかしながら、この度の御社営業手当につきましては、元々通常の営業活動に関する部分に対する手当という位置付けがなされていますので、それを業務内容の異なる改善活動の時間外労働手当として扱う措置は、労働条件全体としてみますと一種の不利益変更に当たる要素を含んでいるものといえます。

従いまして、会社で一方的に変更する事は問題がございますので、労使間で十分協議を尽くし合意の上で就業規則(賃金規程)の改正手続きを経て変更することが必要です。

但し、現実に支給される賃金が減額されるわけではございませんので、事情を十分説明し今後適正な賃金支給を行なう等真摯な対応で臨めば、合意を得る事は十分可能といえるでしょう。

尚、他の時間外労働と併せて規定の○○時間を超える改善活動時間が発生すれば、超えた時間分の時間外労働手当は別途支給しなければなりませんのでご注意下さい。

投稿日:2008/11/21 20:43 ID:QA-0014338

相談者より

 

投稿日:2008/11/21 20:43 ID:QA-0035677大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

時間把握が可能なQC活動に対する手当のあり方

■某トップ企業が、社員の自発に基づくといわれる QC活動 を業務活動の一環と認め、時間外手当支給の対象としたことは、まだ耳新しいニュースですね。
■営業外勤者に対し、時間外手当相当額を営業手当として支給するのは、労働時間を算定することが困難な部分に限られるというのが筋道でしょう。
■従って、ご質問の「時間管理もできる状況にある」QC活動に対しては、営業手当(賃金明細においては「営業時間外」と表示すべきもの)に追加し、別途、時間外手当を支給すべきだと考えます。

投稿日:2008/11/21 20:45 ID:QA-0014339

相談者より

 

投稿日:2008/11/21 20:45 ID:QA-0035678大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
営業職職務手当
営業職の手当を検討しています。 一律手当を考えていますが、妥当な金額は どの程度でしょうか?
営業手当導入について
当社の営業部員は直行・直帰が多いので、みなし労働制による営業手当支給規程を導入したいと思っています。そこで、 1.何時間相当分の時間外手当が妥当か。 2.深夜手当も営業手当に含むという条文を   付けることができるか。 営業手当導入にはいろいろを難しい点があると感じていますがご教示の程宜しくお願...
営業手当
いつも利用させていただいております。 さて、営業社員に対して「営業手当」を支給することを検討しております。 そこで、営業手当を支給するにあたっての注意事項を教えていただきたく思います。 また、役職別における営業手当の支給金額に関する参考資料等が見れるサイトがあれば教えていただきたく存じます。 以上、...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
みなし残業制度
「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。
朝残業
「朝残業」とは、正規の勤務時間内に予定の業務を終えられなかった場合、残った仕事を深夜まで残業して終わらせるのではなく、翌朝の始業時前にその業務を行う働き方のことです。大手商社の伊藤忠商事では午後8時以降の残業を原則禁止し、代わりに午前5時から9時までの時間外手当の割増率を引き上げて朝残業を促す新制度...
定番のQ&Aをチェック
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/24
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...