企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

年金の繰り下げ支給について

老齢年金、老齢厚生年金の繰り下げ支給について教えていただければと思います。1948年生まれの方が繰り下げ支給を行う場合、老齢基礎年金、老齢厚生年金共に65歳前に支給される部分についての繰り下げは出来るのでしょうか。繰り下げ出来るのは65歳以後に支給される部分だけと思っていました。勉強不足で申し訳ありませんが、教えていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2008/04/18 21:20 ID:QA-0012161

*****さん
東京都/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご指摘の通り、老齢基礎年金・老齢厚生年金の繰り下げ支給の申請対象となるのは65歳以後の部分に限られています。

また、65歳前の特別支給の老齢厚生年金を受給している方でも、繰り下げ支給の申請を行うことが可能です。

従いまして、1948年生まれの方(※男性の場合)ですと60歳から報酬比例部分、64歳から定額部分の老齢厚生年金の受給を受けた上で、なおかつ66歳以降の申し出によって繰り下げ支給を受けることも出来ます。

投稿日:2008/04/18 23:59 ID:QA-0012163

相談者より

 

投稿日:2008/04/18 23:59 ID:QA-0034872大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

アプリケーションの常備をお奨めします

ご質問内容につきましては、ごく基本的な問題ですので、
特に補足の必要なしと思います。
基本的な年金試算は市販のアプリケーションをご利用お奨めします。
Excel版が多いですが、弊社のようにAccess版もあります。当然後者が性能・品質共に優れています。
日本の人事部をご利用されるスキルをお持ちの企業様であれば、充分活用が可能ですし、低コストです。

投稿日:2008/04/21 08:09 ID:QA-0012170

相談者より

 

投稿日:2008/04/21 08:09 ID:QA-0034875大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

アプリケーションの常備をお奨めします

ご質問内容につきましては、ごく基本的な問題ですので、
特に補足の必要なしと思います。
基本的な年金試算は市販のアプリケーションをご利用お奨めします。
Excel版が多いですが、弊社のようにAccess版もあります。当然後者が性能・品質共に優れています。
日本の人事部をご利用されるスキルをお持ちの企業様であれば、充分活用が可能ですし、低コストです。

投稿日:2008/04/21 08:11 ID:QA-0012171

相談者より

 

投稿日:2008/04/21 08:11 ID:QA-0034876大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
年金の請求について
お世話になっております。 特別支給の老齢厚生年金を受けているものが65歳からの(本来の)老齢厚生年金及び、老齢基礎年金を受給しようとするとき改めて裁定請求をする必要があるのでしょうか? ご回答の程よろしくお願いいたします。
在職老齢年金について
現在、弊社で働いてる嘱託社員は、60歳前半の在職老齢年金が全額支給停止です。この社員が休職したら給与の支給が止まりますが、その場合は在職老齢年金の支給停止は解除になるのでしょうか。ご教授いただきたく宜しくお願い致します。
特別支給の老齢年金
再雇用制度における雇用を継続雇用制度にて考えております。そこで60歳の時点で昭和21年4月ですと、特別支給の老齢年金は報酬比例部分のみとなり、定額部分の支給は63歳からとなります。初歩的な質問でありますが、①特別支給の老齢年金(この場合報酬比例部分)は申請をしなければ支給されないのでしょうか?、申請...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • いよいよ10月から施行!企業担当者が押さえておくべき 「年金一元化」の改正ポイント
    今まで共済年金と厚生年金に分かれていた公務員と会社員の年金は、平成27年10月1日、厚生年金に一元化(統合)されます。一元化による改正の影響は、制度が変わる公務員だけでなく、会社員にも及びます。今回は、会社の人事労務担当者にかかわりがあると思われる、いくつかの改正点をピックアップしました。
  • 岩瀬達哉さん これから「厚生年金」はどうなるのか
    現在43歳以下の男性サラリーマンは65歳からでないと年金を満額受け取れません。厚生年金はどうしてこんなことになったのか。ヨーロッパのような手厚い年金制度を、なぜ日本はつくることができないのでしょうか。複雑で全体像が見えにくい日本の年金について、ジャーナリストの岩瀬達哉さんがその本質を突きます。
  • 報酬制度の実際
    大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?
あわせて読みたいキーワード
退職給付制度会計
将来、企業が従業員に支払わなければならない年金や退職金を厳密に見積もり、これに対する企業の準備状況を開示する会計制度。2001年3月期から上場企業に適用されました。
退職年金制度
企業を退職した従業員(あるいはその遺族)に支払われる企業年金のこと。これまでの税制適格退職年金(以下、適格年金)や厚生年金基金が運用リスクに耐えられなくなり、確定拠出年金(日本版401k)や確定給付企業年金などの新しい制度に移行しつつあります。
災害見舞金
震災や火災などの災害に遭った被災者に対して、個人や企業、地方自治体から贈られる見舞金を、「災害見舞金」といいます。企業が、被災した自社の従業員などに対して支給する災害見舞金は、一般に慶弔・災害給付の一環として制度化され、就業規則で定められた給付額などの規定にしたがって支給されます。福利厚生費のため...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/28
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。