無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

男性の育児休業のカウントについて

弊社では、社員の配偶者が出産する場合、特別休暇(有給)を3日支給しております。
この特別休暇について、出産後に取得した場合、育児休業としてカウントしてよろしいものでしょうか?
男性の育児休業取得率を算出する際に、これをカウントすることで、かなりの取得率上昇となるのですが、考え方としていかがでしょうか?

投稿日:2022/03/25 14:58 ID:QA-0113664

経験不足担当者さん
神奈川県/その他金融

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、特別休暇に限らず休暇を付与された日に重ねて育児休業を取得する事は論理的に不可能ですので認められません。

従いまして、厳格にいえばカウントは不可という事になりますが、育児休業ではなくとも同様の配慮措置である事に変わりございませんので、所轄の都道府県労働局へご確認される事をお勧めいたします。

投稿日:2022/03/25 16:43 ID:QA-0113670

相談者より

お礼、遅くなりまして大変申し訳ございません。
回答ありがとうございました。
基本、短期間なので付加とは思っておりますが、アドバイス通り労働局に聞いてみようと思います。

投稿日:2022/04/03 19:06 ID:QA-0113887大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

特別休暇と育児休業は別物です。

社員がどちらを選択するかによります。

特別休暇は有給ということですが、
育児休業であれば、無給で育児休業給付申請が原則ではないでしょうか。

投稿日:2022/03/25 16:55 ID:QA-0113671

相談者より

お礼が遅くなり申し訳ございません。
回答、ありがとうございました。
やはり駄目なんでしょうね。

投稿日:2022/04/03 19:08 ID:QA-0113888大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

特別休暇を付与した後に、当該休暇を育児休業とすることはできません。

投稿日:2022/03/26 08:16 ID:QA-0113677

相談者より

お礼、遅くなり申し訳ございません。
回答ありがとうございました。
やはり駄目ですね。

投稿日:2022/04/03 19:08 ID:QA-0113889大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
特別休暇申請書

自社に特別休暇を用意している際に活用できるテンプレートです。結婚休暇、忌引き休暇、病気休暇などを例として記入しています。

ダウンロード
関連する資料
育児・介護休業法改正のポイント ~産後パパ育休に向けて企業が準備すること~

2022年4月から3 回に分けて、育児・介護休業法の法改正が行われます。
最も注目されるのは「産後パパ育休(出生時育児休業)」の新設。
父親が通常の育児休業とは別に、子どもの出生時に取得できる育児休業です。
ここでは「産後パパ育休」を含めた改正の内容や、改正の背景などを解説します。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード