企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

目指すのは三つの“C”――Change、Challenge、Create
人財を通じて改革を推進する「レナウン元気塾」の挑戦

川口 輝裕さん(管理本部 人事部 人材開発課 課長)
篠崎 巳奈さん(管理本部 人事部 人材開発課)

アパレルは人なり。人が変わらなければ会社は変わらない――。1世紀以上の歴史を誇るファッション業界の老舗レナウンではここ数年、ビジネス環境の激変を受けて大胆な改革が進められています。その大きな柱の一つが「人材開発」。組織再編や人員削減といった改革の“痛み”を乗り越え、現場のモチベーションを回復させるためにも、“人材を人財に変える”育成プログラムの強化や、従業員が常にワクワクして働ける職場環境の整備は必須でした。そうした諸施策を「レナウン元気塾」として体系化された人事部人材開発課の川口輝裕課長と篠崎巳奈さんに、多岐にわたる育成メニューのねらいと取り組み状況についてお話をうかがいました。

Profile
川口 輝裕さん
川口 輝裕さん
管理本部 人事部 人材開発課 課長

(かわぐち・てるひろ)●1981年レナウン入社、1988年商品企画部にてレディスの企画を担当する。2003年人事部研修室に異動し人材育成を担当。経営統合から合併を経て2009年より現職。「レナウン元気塾」の推進を始め人財化戦略の実現を目指している。

篠崎 巳奈さん
篠崎 巳奈さん
管理本部 人事部 人材開発課

(しのざき・みな)●1990年レナウン入社、ライセンスブランド営業、レディス企画・ライセンスブランドのVMD(ビジュアルマーチャンダイザー)、バイヤー、企画を経て、2008年の9月より人事部へ異動、2009年2月より人材開発課。ポジティブアクション実現に向け社内横断プロジェクト「yeye plus」を推進している。

「人材」を「人財」に変えていく――新生レナウンの船出

 「となりの人事部」で繊維・アパレル業界の企業にお話をうかがうのは、実は今回が初めてです。常に新しい流行を先取りしている業界というイメージがありますが、一方で産業としての歴史は非常に長い。御社も創業110年を迎えられました。

川口:1902年に大阪で繊維卸売業として始まりましたから、レナウンの歴史はそのまま日本のアパレルの歴史と重なるといっても過言ではありません。業界のイメージは華やかかもしれませんが、実際の現場は「仕事は先輩の背中を見て学べ」というような、昔気質の考え方や風潮が残っていたりします。ただ歴史ある企業であっても、いえ、歴史ある企業だからこそ変わっていかなければいけない。当社はいま、これまでに培われた品質や信頼といった財産を守りながらも、決して過去に固執せず、新たな創造に挑戦しようとしています。それには、一にも二にも“人づくり”。チャレンジングな人材を採用し、サポートしたいというのが経営陣とわれわれ人材開発スタッフの思いです。

 変化といえば、御社のここ数年は企業統合に組織の再編、さらには中国企業との資本業務提携と、体制面でも激動の時期という印象です。

川口:70年に新しく設立したグループ会社のダーバンと旧レナウンで、持ち株会社のレナウンダーバンホールディングスを設立したのが2004年。06年にはこの持ち株会社を存続会社として先の二つの会社を吸収合併し、社名を改めて株式会社レナウンとしたわけです。旧レナウンとダーバンは同じグループ会社ではありましたが、それぞれ一部上場企業として独自の経営路線を歩んできたこともあり、このたびの統合で初めて一つとなりました。

 “新生レナウン”のスタートというわけですね。

管理本部 人事部 人材開発課 課長 川口 輝裕さん

川口:ご存知のとおり、業界の市況は非常に厳しいので、決して順風満帆な船出というわけではありません。不採算ブランドの撤退や売り場の集約、人員削減など、大幅な構造改革にも踏み切りました。そうしたなか、09年からは中期経営方針「RMAP-アールマップ」の柱の一つとして人材育成プログラムの強化を謳い、「レナウン元気塾」と総称されるさまざまな階層別・テーマ別の諸施策に取り組んでいます。当社はもとより装置産業ではありませんから、まさに人が頼り。人材こそ最重要の経営資源という認識は、これまで脈々と受け継がれていました。そこにもう一歩踏み込んでいきたいんですね。一人ひとりの能力を活かし、人材の価値を高める――われわれは“人材を人財に変える”とよく言いますが、組織としてそういう機会をもっと効果的・効率的に創り出し、経営上の目に見える成果にまでつなげていきたいと思っています。

 中国企業との資本業務提携のインパクトは人事面で何か現れていますか。人材の傾向や特徴の違いを実感しているなど…。

川口:国が違えば人も違います。それは当然のこととして想定していますが、本格的に直面するのはこれからでしょうね。今後の中国展開を目指して設立した合弁会社「北京レナウン」が営業を開始していますが、現在は日本から“先遣隊”となるスタッフが出向している段階で、こちらの人事部門が携わることはまだ多くありません。ただビジネス自体はもう動き出しているので、早晩、現地でも国内でも人員拡充に向けて取り組むことになるでしょう。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
2012/04/02

頑張っておられるなと感じました。

1件中 1~1件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

1on1の導入割合は4割超。上司の傾聴力が成功の鍵に
『日本の人事部 人事白書2020』から、1on1ミーティングについての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは
新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さまざまな企業活動がストップしたのは言うまでもない。Ash(アッシュ)、NYNY(ニューヨー...
2020/06/26掲載注目の記事
石黒圭さん:
そのチャットでは、本音が交わされていますか?
「非対面コミュニケーション」の時代に人事が取り組むべきこととは
2020年4月以降、多くのビジネスパーソンがオフィスを離れ、対面での会話ができなくなったことで、オンラインでのチャットのやり取りなど「テキストによるコミュニケー...
2020/06/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
宍戸拓人さん:
「対立」はイノベーションの源泉
組織を前進させるコンフリクト・マネジメントとは
異なる流儀や価値観を持つ個人の集まりである以上、組織内で起きる「対立」は避けては通れないものかもしれません。組織をマネジメントする立場の人からすれば、社員同士の...
2020/05/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
中原 淳さん:
日本企業の課題を解決する特効薬
多様な人材が活躍する時代に欠かせない「組織開発」の学び方と実践方法
人事分野において注目を集めている「組織開発」。なぜ今、組織開発がブームなのでしょうか。また、企業やチームは、いかにして組織開発を学び、実践していけばいいのでしょ...
2020/02/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...