企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

目指すのは三つの“C”――Change、Challenge、Create
人財を通じて改革を推進する「レナウン元気塾」の挑戦

川口 輝裕さん(管理本部 人事部 人材開発課 課長)
篠崎 巳奈さん(管理本部 人事部 人材開発課)

100人100通りの活かし方を一つにまとめて

 さて、レナウン元気塾がスタートして3年が経とうとしています。あらためて変化の手応えをお聞かせください。

川口:ジュニアボードにせよ、yeyeにせよ、いかにレナウンを良くしようかという発想が、若手のなかに根づき始めたのではないかと思います。これはひとつの進歩ですね。プレゼンテーションをさせても、個人から組織、組織から会社全体とより高く、より広い視点に立って提案できるようになってきましたし、現に、そういう部分の成長を認められて他部署から声を掛けられたメンバーもいます。トップの意識も変わってきました。「いつでも、何でも聞くから、みんなも説明責任を果たしてほしい」と。ですから社長自らどんどん質問しますよ。若手のプレゼンや説明にも容赦はありません(笑)

篠崎:私は営業や企画を経験して、管理部門に移ってきました。人事部では、お客様やお取引先と直接接することはありません。でも研修や面談に臨むとき、私は目の前の従業員一人ひとりを通して、必ずお客様に伝わると思って取り組んでいます。彼らの先にお客様がいらっしゃるんだと。ですから「セールストークを考えて接客したら売れた」「研修で習った言い方を試してみたら、コミュニケーションが良くなった」などと言われるとすごく嬉しいし、何よりもお客様に伝わるんだという実感が湧いてワクワクします。若い人にもぜひ、そういうワクワク感を大事にしてほしい。仕事に向かうときにワクワクする気持ちがあるか。ワクワクするにはどうすればいいのか。当社は基本理念に「感性創造企業」と謳っています。感性もまた、自分のなかのワクワクを追求することで磨かれていくのではないでしょうか。

 全員が常にワクワクしながら成長し活躍できる職場。それこそが「元気塾」というネーミングに託された、人財育成環境の理想なんですね。

川口:人事部の役割には、従業員に関する制度や規則を厳格に適用する“法の番人”的な側面もたしかにあります。しかしそれとは別にあえて「人材開発課」というセクションが設けられ、自分がその長を任されたとき、私は、この組織の仕事は制度や規則を管理することだけではない、人を活かすことに徹しようと考えました。人の活かし方は従業員の数だけあります。まさに100人100通り。一人ひとりの活かし方で、一人ひとりの人財としての価値を高めながら、なおかつ全員のベクトルは同じ向きに合わせないと企業は成り立ちません。そのためにどんなサポートをすればいいか、知恵を絞るのがわれわれの使命であり、やりがいでもあります。元気塾をスタートさせて3年。まだまだ業績につながるような結果は出ていないし、自分でも成果を実感できるところまでは到達していません。ただ取り組み自体は間違っていないし、途中のプロセスとしては成功なのかなと思っています。実際にポジティブアクションの表彰を受けたり、こうしてメディアに取り上げていただけたりするわけですからね。大いに励みになりますよ。

管理本部 人事部 人材開発課 課長 川口 輝裕さん 篠崎 巳奈さん

(取材は2011年12月13日、東京・品川区のレナウン本社にて)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
2012/04/02

頑張っておられるなと感じました。

1件中 1~1件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載
株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載

関連する記事

真田茂人さん(株式会社レアリゼ 代表取締役社長 / NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長):
人が変われば組織が変わり、組織が変化すれば社会がよくなる
心理学を学んだことで人・組織・社会の課題を解決できると確信した
従業員のためにさまざまな研修を実施しているのに、なかなか目に見える成果があらわれない。人材開発に関わる多くの人事パーソンにとって、切実な悩みではないでしょうか。...
2020/09/14掲載HR業界TOPインタビュー
1on1の導入割合は4割超。上司の傾聴力が成功の鍵に
『日本の人事部 人事白書2020』から、1on1ミーティングについての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは
新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さまざまな企業活動がストップしたのは言うまでもない。Ash(アッシュ)、NYNY(ニューヨー...
2020/06/26掲載注目の記事
石黒圭さん:
そのチャットでは、本音が交わされていますか?
「非対面コミュニケーション」の時代に人事が取り組むべきこととは
2020年4月以降、多くのビジネスパーソンがオフィスを離れ、対面での会話ができなくなったことで、オンラインでのチャットのやり取りなど「テキストによるコミュニケー...
2020/06/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
宍戸拓人さん:
「対立」はイノベーションの源泉
組織を前進させるコンフリクト・マネジメントとは
異なる流儀や価値観を持つ個人の集まりである以上、組織内で起きる「対立」は避けては通れないものかもしれません。組織をマネジメントする立場の人からすれば、社員同士の...
2020/05/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。