企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

目指すのは三つの“C”――Change、Challenge、Create
人財を通じて改革を推進する「レナウン元気塾」の挑戦

川口 輝裕さん(管理本部 人事部 人材開発課 課長)
篠崎 巳奈さん(管理本部 人事部 人材開発課)

なぜ“元気”塾? ネーミングに込めた改革への思い

 海外展開が進めば、どこの国のどんな現場でもタフに活躍できる、まさに“元気”な人材の確保・育成が求められます。「レナウン元気塾」にかかる期待は大ですね。

川口:「レナウン元気塾」の人材開発体系では、「Change(変革)/Challenge(挑戦)/Create(感性創造)」という三つの“C”をコンセプトに多様な施策を実施しています。「元気塾」というネーミングを考えたのは、彼女(篠崎さん)なんですよ。

 「元気」という言葉をあえて冠したのはなぜですか。

管理本部 人事部 人材開発課 篠崎 巳奈さん

篠崎:何よりも人に元気がないと良い商品は創れません。商談もうまくまとまらないし、店頭でお客様を気持ちよくお迎えすることもできません。近年の当社は正直なところ、厳しい市況のせいだけでなく、先ほどお話しした企業統合や構造改革に伴う影響から、会社全体がやや元気を失くしていました。職場環境の激変によって現場に混乱や動揺が生じ、従業員のモチベーションも落ちていたのです。何とか元気を取り戻したい。沈滞気味の現場を変えたい。そんな思いを込めて「元気塾」と名付けました。

 「元気塾」の主な施策と人材育成プログラムについてお聞かせください。

篠崎:研修体系は大きく社内スタッフ(総合職)を対象とするプログラムと、店頭スタッフ(販売職)向けのプログラムに分かれます。流れとしては、両者共通の新人研修から始まって、それぞれ節目となる年次にはフォロー研修を実施しています。更に社内スタッフには入社時、5年目、10年目ごとにキャリア面談を含めたキャリア形成支援研修を実施します。

一般的に「3年3割」といわれるとおり、とりわけ3年目は若手の離職率が高まりやすい時期ですから、何とかそれまでに一人前のレナウンマン、レナウンウーマンとしての基礎を確立して自信を持ってほしい。ここを乗り越えられたら、次は5年ぐらいで中堅に成長し、10年を目安に管理職を目指すというようなイメージですね。その10年の間に複数の職種・職場を経験する「ジョブローテーション制度」も、元気塾の立ち上げと同時にスタートしました。営業・企画・商品という基幹部署を異動し、1部署に3年程度。10年でいずれかの部署に配属されるしくみです。

川口:最低、2部署は経験してもらうことで、本人の潜在能力の開発を支援すると同時に、会社も本人を複数の視点から見て、より適正に評価することができるわけです。

篠崎:ジョブローテーションが導入される以前は通常の人事異動があるだけで、人材育成制度として定期的に人を異動させるようなことはしていませんでした。

川口:部署によっては、優秀な人材を手放すことに難色を示し、ジョブローテーションが滞ることありました。またメンズの担当者とレディスの担当者との相互交流もなかなか難しかったのです。だからこそ若手にはさまざまな職種を経験することで、早いうちから組織の壁を乗り越えて活躍してほしい。自分自身の視野や可能性を広げると同時に、社内をどんどん活性化させてほしいと思っています。

 “組織の壁”は、歴史の長い企業の低迷要因としてよく指摘される問題ですね。

川口:当社の場合は、旧レナウンとダーバンという二つの会社の統合によって、誰もが“見えない壁”を痛感するようになりました。その壁は独自の経営路線を歩んできた双方の会社の歴史そのものだったかもしれません。

近くて遠いグループ会社の統合で“見えない壁”を痛感

 どういうことですか?

川口:先ほども申し上げたように、旧レナウンとダーバンは出自が同じとはいえ、40年近くそれぞれ別の道を歩んできており、しかもかたやレディス、かたやメンズですから、仕事上の交流はまったくありませんでした。

篠崎:似ているように見えて、実際は社風が違っていましたので、双方の出身者とも「ルーツは同じ」という意識を持っている人はほとんどいなかったと思います。

川口:グループ会社ですから、たとえば社内で使われる用語などは昔からほぼ同じでした。ところが、その意味はそれぞれ独自に使われていました。いざ合併してみると、そういうことが現場のコミュニケーションに混乱を招いてしまったんです。

篠崎:当初は書類の作り方やデータの出し方ひとつとっても、メンズではこう、レディスではこう、このブランドではこうと、細かい部分ほど部署によってバラバラでした。

川口:企業統合の難しさはよく言われることですが、当社のようにグループ会社同士の場合でも、現場に見えない壁ができてしまうのかもしれませんね。

 そうした組織の壁を打ち破るという意味でも、元気塾では「ジュニアボード制度」や「yeyeプロジェクト」といった社内横断的な取り組みに力を入れています。

篠崎:ジュニアボードは、若い世代の経営的視点を育てるためにスタートした制度です。公募で選ばれたメンバーがプロジェクトチームを結成、「会社力をアップさせる」という視点から経営に関する諸課題についてグループワークを重ね、最終的には経営層に向けて具体的な施策などをプレゼンするところまでもっていきます。既存ブランドのリファインやイメージキャラクターに関する企画が出てきたり、身近なところでは、効率的なコピー機の使い方などコスト削減の取り組みを提言するチームがあったり。実際に施策として採用されたものも少なくありません。男女問わず、入社3~10年前後の人材が対象です。

 なるほど。「3年3割」といわれるキャリアの節目をひとつ乗り越えれば、若手にも企業経営に参画するチャンスが与えられるわけですね。

管理本部 人事部 人材開発課 課長 川口 輝裕さん 篠崎 巳奈さん

川口:20歳代で社長に向けて提案するなんて、私たちの頃だったらまずありえません。すごく貴重な機会ですよ。

篠崎:当然、論理的で説得力のあるプレゼンテーションが求められるわけですから、本人たちもすごく頑張りますよね。やり遂げれば、自信も力もすごくつくし、何よりも日常の業務や部署を超えた新しい仲間とのつながりが生まれます。若手にとっては、それがその後の社内コミュニケーションの礎となり、かけがえのない財産になっていくのではないでしょうか。東京と大阪のメンバーがチームを組んだこともありました。彼らが普段なかなか使う機会のないテレビ会議システムを、ここぞとばかりにフル活用していましたね(笑)

川口:ちなみにジュニアボード制度は現在、施策としての効果の検証段階に入っています。若手育成から次世代リーダーの選抜養成に重点を移した、本来のジュニアボードの趣旨に近い制度へのレベルアップも視野に入れて、見直しをかけているところです。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
2012/04/02

頑張っておられるなと感じました。

1件中 1~1件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載
株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載

関連する記事

真田茂人さん(株式会社レアリゼ 代表取締役社長 / NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長):
人が変われば組織が変わり、組織が変化すれば社会がよくなる
心理学を学んだことで人・組織・社会の課題を解決できると確信した
従業員のためにさまざまな研修を実施しているのに、なかなか目に見える成果があらわれない。人材開発に関わる多くの人事パーソンにとって、切実な悩みではないでしょうか。...
2020/09/14掲載HR業界TOPインタビュー
1on1の導入割合は4割超。上司の傾聴力が成功の鍵に
『日本の人事部 人事白書2020』から、1on1ミーティングについての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは
新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さまざまな企業活動がストップしたのは言うまでもない。Ash(アッシュ)、NYNY(ニューヨー...
2020/06/26掲載注目の記事
石黒圭さん:
そのチャットでは、本音が交わされていますか?
「非対面コミュニケーション」の時代に人事が取り組むべきこととは
2020年4月以降、多くのビジネスパーソンがオフィスを離れ、対面での会話ができなくなったことで、オンラインでのチャットのやり取りなど「テキストによるコミュニケー...
2020/06/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
宍戸拓人さん:
「対立」はイノベーションの源泉
組織を前進させるコンフリクト・マネジメントとは
異なる流儀や価値観を持つ個人の集まりである以上、組織内で起きる「対立」は避けては通れないものかもしれません。組織をマネジメントする立場の人からすれば、社員同士の...
2020/05/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...