企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

カーシェアの福利厚生での利用について

標記の件、カーシェアの福利厚生での利用を検討しております。

まず、平日に業務利用するため、法人としての利用契約を予定しております。
これを、休日にプライベートで社員が利用しようとする場合に、
下記5点質問させていただきたく宜しくお願いいたします。

福利厚生費として計上したいため、
・役員、従業員すべてを対象
・常識的な範囲の金額内
・現金支給はしない
という条件を前提ですが、

①利用回数及び上限金額の設定は必要でしょうか。
②社内規程で利用の扱いを明記する必要があるでしょうか。
③そもそも、法人として利用契約したものを、平日は業務利用、
 休日はプライベート利用(=福利厚生費)として使用することは可能でしょうか。
④上記③の場合、業務利用とプライベート利用の切り分けは、
 利用した社員からの報告書の提出で足りるでしょうか。
⑤上記③が不可の場合、利用契約は社員個人が行い、
 それに対する会社補助であれば可能でしょうか。

宜しくお願いいたします。

投稿日:2020/11/13 09:15 ID:QA-0098268

はしもさん
東京都/電気・ガス・水道・エネルギー

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

福利厚生としてのイメージが湧いてこない

▼平日の業務上のカーシェアの有用性は、何となく分かる様な気がしますが、休日における福利厚生の一環というのは、仕組み、メリット、リスク、全てに関してイメージが湧いてきませんが・・・・。

投稿日:2020/11/14 13:04 ID:QA-0098287

相談者より

ご回答ありがとうございました。
説明不足で大変申し訳ありません。

平日の業務利用で法人契約するカーシェアを、休日のプライベートでも利用できるようにし、かつその利用料を会社補助することができないかと考えております。

法人割引が適用できる、個人で契約せずに利用できる、といったメリットがあるのではと考えております。

この場合の懸念点やリスクがあればお伺いしたく、質問させていただいた次第です。

投稿日:2020/11/16 20:43 ID:QA-0098323参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問に各々回答させて頂きますと‥

① 特に定める必要性はございません。

② 福利厚生であっても社員全員を対象とする制度ですので、規定される事が必要です。

③ 可能ですが、法人契約である以上、利用された社員が起こした事故に関しましてはプライベート使用であっても会社も責任を負う可能性が生じるものといえます。

④ 会社内での運用の問題になりますので可能とはいえますが、常に利用状況を把握出来るよう事前に申告を頂くべきといえます。

⑤ 勿論可能ですが、課税面での問題が生じる場合がございます。基本的には税務上の問題になりますので、詳細に関しましては専門家である税理士にご相談頂く事をお勧めいたします。

投稿日:2020/11/14 17:14 ID:QA-0098288

相談者より

ご回答ありがとうございます。

よく理解できました。
⑤につきましては、税理士にも確認するようにいたします。

なお、③についてですが、
カーシェア会社との間では会社が契約者ですので、会社が責任を負うものと理解しております。
一方で、会社と社員の間では、プライベート利用(会社の支配下にない)ということで、
万が一事故等が発生した場合については労災(業務災害)とはならないという理解で良いでしょうか。
(更Qで申し訳ありません)

投稿日:2020/11/16 20:55 ID:QA-0098324大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

可児 俊信
可児 俊信
株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

カーシェアの福利厚生

②規程の有無 規程は必要です。福利厚生として非課税で運用希望であるので、規程を設けて会社制度であることを税務署に示せるのが望ましいから。

①上限回数  必要。これがないと人によっては過度の利用を行い、過度の経済的利益を受益する可能性があるためです

③以下
平日=業務利用、休日=個人利用は可能。
所得税基本通達36-29が根拠になります。会社が保養所を契約し、従業員に安く泊まらせるのと同じ。通達では無償でもよいとしてます

投稿日:2020/11/16 10:52 ID:QA-0098315

相談者より

ご回答ありがとうございます。

①②ともに、福利厚生費の条件を適切に満たすことの説明として必要と理解しました。

③については、保養所の法人契約と同様と考えると非常に分かりやすいですね。
根拠もお示しくださり、大変助かりました。

投稿日:2020/11/16 21:02 ID:QA-0098325大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「一方で、会社と社員の間では、プライベート利用(会社の支配下にない)ということで、
万が一事故等が発生した場合については労災(業務災害)とはならないという理解で良いでしょうか。」
― ご認識の通りです。

投稿日:2020/11/16 22:23 ID:QA-0098328

相談者より

こちらこそ再度のご回答をくださり大変感謝しております。

認識の通りで大丈夫ということで安心いたしました。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

投稿日:2020/11/17 09:43 ID:QA-0098347大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
私用端末の業務利用について
社員が所有する私物端末(スマホ/タブレット)から、セキュリティが確保された環境でのメール閲覧を許可しようと考えています。 許可するにあたっては、利用規定に時間内で利用することルールとして明記し、時間外のメール閲覧行為をさせない、した場合でも役務とならないよう配慮したいのですが、文案の検討で悩んでいる...
フレックスタイム制度導入後の利用について
当社では3ヶ月清算のフレックスタイム制度導入を検討しております。 全社員適用とする予定ですが、この3ヶ月清算のフレックスを利用しないという選択も社員には出来るのでしょうか?というのも、今まで1ヶ月毎に支給が有った残業代が3ヶ月毎になることに反発が予想されるからです。 その場合、利用したい社員から何...
社有車のプライベート利用について
当社では、営業マンに社有車(会社契約のリースカー)を貸与し営業活動に当たらせていますが、休日のプライベート利用を認めています。(利用目的を事前申請させていますが、申請さえ出せば、実質的にフリーパス状態です) 現在、この利用を制限する方向で考えており、労働組合にも合意を求めていますが、 ①「既得権」...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?
    人事施策の中でも福利厚生が重要な位置を占めるようになってきている今、ミツイワの福利厚生を担当する方々に、福利厚生サービスを利用する目的や実際の利用状況、費用対効果など、具体的なお話をうかがいました。
  • 最近増えている「BYOD」で企業が講じておくべき措置とは
    最近、「BYOD(Bring your owndevice)」という言葉が注目されています。本記事では、特定社会保険労務士の岩崎 仁弥氏が、「BYOD」をめぐる現状、企業における導入状況、潜むリスク、導入に際しての留意点などについて解説。また、すぐに活用できる書式も掲載しています。
  • 1. 貸会議室の種類
    貸会議室サービスとは企業を主なユーザーとし、会議や打ち合わせ、イベントなどを行うスペースを時間貸しするサービスである。その用途は会議だけにとどまらず、研修やセミナー、展示会といったイベントに活用されることも多い。ここでは企業が貸会議室を検討する際の基本を押さえる。
あわせて読みたいキーワード
シャドーIT
「シャドーIT」とは、企業の従業員が、会社の管理下にないIT機器を業務活動に利用する行為や状態を指します。私有端末などの業務活用を表す用語としてはBYOD(Bring Your Own Device)がありますが、BYODが企業の許可および主体的な管理を前提としているのに対し、シャドーITは企業側の...
SaaS
「SaaS」とは、Software as a Serviceの略。日本語に訳すと「サービスとしてのソフトウェア」という意味で、ユーザーが必要な機能を、必要なときに、必要な分だけサービス として利用できるようにしたソフトウェア、もしくはその提供形態をいうIT用語です。ソフトウェアそのものをユーザー側に...
ファミリー・フレンドリー企業
『仕事』と『育児・介護』とが両立できるような様々な制度を持ち、多様で柔軟な働き方を社員が選択し、しかも安心して利用できる文化をもっている企業。「環境にやさしい企業」、「地域社会にやさしい企業」と同様に、「家庭にやさしい企業」、つまり「ワーク・ライフ・バランス(Work&Life Balance)」...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...