企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

派遣会社からの紹介手数料の請求について

前回ご相談させていただいた内容の続きです。抵触日前に派遣会社から直接雇用の可否の打診があったため、直接雇用の意向を伝えたところ、紹介料の請求になりました。そもそも派遣会社との基本契約書に紹介料30%の条項があること自体、法的に効力はあるのでしょうか。契約書にある以上、抵触日前に請求される紹介料は有効ということでしょうか。

投稿日:2020/09/11 19:23 ID:QA-0096674

KAIさんさん
福岡県/半導体・電子・電気部品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

抵触日以前なら契約通り支払要、以降なら不要

▼抵触日以前で現に有効な派遣契約期間中の直接雇用転換には、基本契約書の定めに応じて、紹介料(実態は、移籍料)の支払は必要です。
▼話は、抵触日前であっても、「直接雇用が抵触日以降」であれば、職の「選択権は派遣社員」にありますので、法的にも、実態的にも、紹介料の存在意義は、なくなります。

投稿日:2020/09/14 10:20 ID:QA-0096713

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/09/15 08:52 ID:QA-0096735大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

再度ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、前回も回答させて頂いた通り、抵触日前であれば紹介料を請求されても法的に問題はございませんので、当該条項は当事者間で合意の上で契約された内容の一部としまして有効となります。

しかしながら、抵触日以後であれば、こうした条項はあっても、当人の雇用先は無条件で自由に決められる事が出来ますので、当人自身が希望して直接雇用となれば紹介料を支払う義務は生じないものといえます。

投稿日:2020/09/14 20:37 ID:QA-0096733

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/09/15 08:53 ID:QA-0096736大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

契約

法律問題というより、派遣会社との付き合う上での商道徳の問題ではないでしょうか。正規雇用促進の流れが法解釈ですので、派遣会社との契約を無視して突っぱねても裁判で勝てるかも知れません。一方本来自社がやるべき求人や人選を行う派遣会社の商品(サービス)価値を横取りすることになり、派遣会社からすれば横取りされた感覚なのだと思います。末永く派遣会社と付き合うのであれば話し合いで適正な料金などもできるのではないでしょうか。

投稿日:2020/09/15 10:41 ID:QA-0096737

相談者より

ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日:2020/09/15 19:10 ID:QA-0096760大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
派遣会社同士の業務提携について
以下「二重派遣」になりますでしょうか? 1.派遣会社aで仕事をしていたA子は派遣契約が8/31で終了となった。 2.A子は、派遣契約終了後も、登録している派遣会社aから仕事を探してもらっていた。 しかし紹介出来る仕事がなかった。 3.ある日A子は、派遣会社aから「派遣会社bなら派遣先1を紹介し...
派遣社員契約期間満了後の直接契約時の紹介料
日々勉強させて頂いております。 現在派遣社員の受入をしております。 個人抵触日が2020年4月5日となっており、期間満了で 終了する予定でおります。 この度派遣会社より直接雇用の相談があり、採用しても構わないが 選考試験を行う旨回答しました。 派遣会社より採用時に年収相当額の紹介料を請求します...
出向者の賞与請求について
本日、給与と賞与を支払い、在籍出向しているスタッフに対しては、出向先へ給与と賞与の請求を行なおうとしたところ、出向先がスタッフへ賞与を支払っていないため今回は請求しないでほしいとの依頼がありました。 元々の出向契約には、すべて請求できるとなっておるのですが、出向先の事情で、 賞与や給与を請求しないと...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 人材不足の中で繰り広げられる採用合戦 「優先紹介」は可能なのか――?
    「人手不足」がニュースになっています。特に建設関係の技術者や技能者、飲食・サービスの店舗スタッフなどの不足が話題になることが多いのですが、こうした職種を扱う人材紹介会社は限られています。人材紹介の業界では、この数年間、スマートフォン分野のITエンジニアやゲーム開発者、技術者やセールスエンジニア、専門...
  • 6. 人材派遣会社の選び方と契約
    人材派遣サービスを利用する場合に企業は、派遣開始から終了までの期間、派遣会社と継続的に良い関係を保っていかなくてはならない。長期的な関係が前提となる人材派遣会社を選ぶ際には、細かい気配りをしてもらえそうかどうか、つきあいやすい会社かどうかなどを、じっくり見きわめていく必要がある。
  • 人材紹介のシステム
    人材紹介会社の『登録型(完全成功報酬制)』『サーチ型(固定報酬制/複合報酬制)』『紹介予定派遣』といったタイプ別に、「求人開始から入社までの流れ」、及び「料金システム」について説明する。
あわせて読みたいキーワード
3年ルール
派遣社員として働く人たちへの雇用安定措置として、2015年の労働者派遣法改正により、有期雇用の派遣社員の受け入れ期間の上限が3年となりました。それ以降は、派遣先での直接雇用または派遣元による無期雇用への転換や、異なる部署への配置変更といった対応が必要になります。本来は、派遣社員の処遇向上のために推進...
未払い残業代
従業員が法定労働時間を超えて働いたにもかかわらず、会社から労働基準法で定められた時間外割増賃金が支払われない場合、この賃金債権を「未払い残業代」と呼びます。現在の民法の規定では、賃金債権の時効は2年。したがって労働者は最大で過去2年分までさかのぼって、未払い残業代を請求することができます。
グループ内派遣
「グループ内派遣」とは、人件費の節約などを目的に、大手企業が人材派遣会社を子会社として設立し、同社が親会社およびそのグループ企業各社に労働者派遣を行うことをいいます。2012年10月に施行された改正労働者派遣法(同年4月に成立)が、派遣会社に対して、系列企業への派遣割合を8割以下に抑えることを義務付...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/16
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。