企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

日によって仕事量に差が大きく、勤務時間の制度の変更

当社は現状は月~金の9時~6時の勤務なのですが、週によって業務量が大きく違い、残業のある週がある反面、仕事がなく待機だけになってしまう週があり、無駄なので仕事のない日は時間を短くしてほしいという意見があります。例えば、ある日は10時間、ある日は4時間のように、仕事のある日とない日で勤務時間を変えて、月の勤務時間の合計は8時間x日数以内とするような方法はありますでしょうか。その日の仕事量はある程度近い日ならないと わからないので、事前にスケジュールは作りにくく、また、共同的に行う仕事なので、個人ごとに勤務時間が違うというのもやりにくいです。

投稿日:2020/09/11 06:31 ID:QA-0096636

J-Jさん
東京都/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

1カ月単位の変形労働時間制の導入が効果的

▼ご説明の限りでは、繁閑は、週単位で対応できれば実効があるようですね。「1か月単位の変形労働時間制」の導入を検討されては如何ですか。
▼導入に際してのメリット、導入手順は、ネットから入手できます。色々ありますので、選別して参照にして下さい。
▼尚、1カ月単位の変形労働時間制を導入する際は、対象労働者の範囲や対象期間、起算日、労働時間などを労使協定または就業規則に定めるほか、所轄労働基準監督署への提出が必要です。

投稿日:2020/09/11 10:58 ID:QA-0096646

相談者より

ありがとうございます。一ヶ月単位変形労働は就業規則で定めておりますが、実際には運用しておりませんので、検討材料とさせていただきます。ありがとうございました。

投稿日:2020/09/14 10:46 ID:QA-0096714大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、例えば1カ月変形労働時間制が考えられますが、事前に勤務スケジュールが組めないとなれば導入は不可能といえます。

対応としましては、就業規則上で出退勤の時刻を固定されず、幅を持たせておかれるのがよいでしょう。つまり、想定されうる最も早い始業時刻と最も遅い始業時刻を定める(終業時刻についても同様)事で、勤務時間を仕事量に合わせて調整する事は可能になるものといえます。

但し、1日8時間を超えて勤務された場合ですと、他の日に8時間より少ない勤務時間となった場合でも時間外労働の事実は消えませんので、基本部分(×1.0)の賃金については相殺可能ですが、時間外労働割増部分(×0.25)の賃金だけは支給されなければならない点に注意が必要です。

投稿日:2020/09/11 17:58 ID:QA-0096669

相談者より

ありがとうございます。このような方法があるのは知りませんでした。この方法が使えるか、検討してみたいと思います。

投稿日:2020/09/14 10:48 ID:QA-0096715大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

変形労働

一ヶ月単位変形労働を取るのが良いのではないでしょうか。「一ヶ月単位変形労働」で検索すれば対応はわかると思います。ただ勤務予定が「ある程度近く」がどの程度かわかりませんが、完全にオンデマンドのような過不足無い勤務は無理です。社員が一方的に予定を立てられない環境は企業責任として改善する必要があるのではないでしょうか。

投稿日:2020/09/11 21:49 ID:QA-0096688

相談者より

通常の9時から18時までで問題はないのですが、現在は半日の有給休暇や早退を使っていますが、仕事が終われば、早く帰れる制度を作ってほしいといった希望があります。

投稿日:2020/09/14 11:02 ID:QA-0096716参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

この勤務形態では、難しいといわざるを得ません。

労働時間を日によって10時間に設定したり、4時間にしたりすることが前もって可能であれば、1か月単位の変形労働時間制を採用することも考えられますが、その日の仕事量が近日でないとわからず、結果として残業のある週と、待機だけになってしまう週がでてくるのであれば、この制度を採用することも出来ません。

待機は無駄な時間だという言い分にも一定の理解はできますが、待機時間は完全に労働から解放された時間ではなく、あくまで労働時間にあたりますので、もちろん賃金の対象になります。

そこの所をよく説明し、理解を得るしかないでしょう。

投稿日:2020/09/12 11:37 ID:QA-0096697

相談者より

ありがとうございます。ご指摘のとおり結果として仕事が早い時間に終わってしまうという性質があります。今は帰りたい人は早退や半日の有給休暇を使っているのですが、仕事がない時間は会社にいても無駄なので残業時間と相殺するなどで早く帰れる制度を作ってほしいという意見が出たので、何か方法がないかと思いました。

投稿日:2020/09/14 11:25 ID:QA-0096717大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
請負で仕事をしてもらっている一人親方を短期雇用する
一人親方で、普段当社の仕事を、請負で仕事をしてもらったり 1日¥25000で仕事をしてもらったりしています、 この人は,他社のからも請け負って仕事をしています。 この人と、週2日、20時間の労務契約を結んで、社会保険に入れることはできるでしょうか、又その時に請負で仕事を頼めるでしょうか、よろしくお願...
休憩時間は一時間だけで良い?
お世話になります。 まずはじめに 弊社の勤務時間や休憩時間は以下のようになっております。 勤務時間:8:30~17:00 休憩時間:90分 ここで月に3~4回ほど夜勤があります。 その勤務時間ですが 勤務時間:13:30~翌日17:00~21:00 となっております。 この場合でも休憩時間...
試用期間が無い場合の解雇について
いつも貴重なご意見をありがとうございます。 さて、先日弊社で雇用した従業員について、解雇していいかどうかをお聞きしたく、ご質問させて 頂きます。 その従業員は、面接時に仕事内容を説明し、それが出来るということで採用しました。 ところが、その仕事が全くできず、当初とは違う仕事に変わってもらいました...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ワーク・ライフ・インテグレーション
自らの人生観を軸に、ワーク(職業生活)とライフ(個人生活)を柔軟、かつ高い次元で統合し、双方の充実を求めること。それによって、生産性や成長拡大を実現するとともに生活の質を高め、充実感と幸福感を得るなどの相乗効果を目指す働き方をいいます。仕事と生活を対立的にとらえて、その量的バランスの調整・回復を目指...
ジョブ・クラフティング
「ジョブ・クラフティング」とは、従業員一人ひとりが、仕事に対する認知や行動を自ら主体的に修正していくことで、退屈な作業や“やらされ感”のある業務をやりがいのあるものへ変容させる手法のことです。ジョブ・クラフティングのプロセスでは、仕事の現状を可視化して整理し、自分の動機や強み、能力を明らかにした上で...
トランスファラブルスキル
「トランスファラブルスキル」とは、ビジネスパーソンに求められる能力のうち、とくに転用・応用可能なスキルを指す言葉です。トランスファラブル(transferable)は「移動できる、持ち運べる」という意味で、会社や業種・業界、地域などを超えて移動しても、どこでも必ず活用できる汎用性の高いスキルのことで...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/19
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第2回)

管理職1年生日記 (第2回)

営業課長へと昇進し、当初は個人目標がなくなったことへの戸惑いを見せたA...