企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

不安障害発症の社員対応について

日頃お世話になっています。
さて、5月中旬から上記病名で休んでおり有給休暇も消化済みの社員がいます。(54歳、管理職)
定期的に面談をしてますが本人曰く、症状の改善はあまり感じないとのことです。医師の処方による薬の服用はしていますが、7/31に診察を受診したところ、問診して従来と同様の薬を処方されたようです。薬の種類は不明です。受診時は本人一人で通院しているとのことです。
現在は、休職扱いとなり給与支給は停止しており、健保に対して傷病手当の申請を行うように書類を渡しましたが、今日現在で未提出とのことでした。

定期的な面談で状況把握をすることは会社として必要だと思いますが、今後どのように対応していけばよいか思案に暮れています。主治医からはある程度の時間が必要との話はされているようですが、収入が途絶えているので本人的には早期復帰を望んでいるようです。ただし、疾病前のような負荷のかかる仕事は難しいと言っています。(傷病手当の申請で疾病前の給与の2/3程度の支給が健保からある旨は説明済みです)

弊社は小企業のため、配置転換する部署もありませんので、復帰の場合は元の職場(営業部)とかないと
思われます。

個人的には、奥様に通院に付き添っていただき、会社との面談も奥様に同席していただき復帰に向けた
共同体制が構築できればと思いますが、本人がその気にならないとできません。奥様同行で通院してはどうかとは話しました。
現状では、面談時に体調や普段の生活リズムや家族との会話やお客様からの問い合わせの有無などの話を聞くことしかできませんか?いろいろと質問すると責められているように感じるといわれたこともあるのですが。

投稿日:2020/08/06 17:26 ID:QA-0095658

kandt17さん
東京都/ 

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

医師の診断をもとに、会社は就業規則の規定を根拠に行動してください。

休職規定はどのようなルールになってますか。

解雇はどのようなルールになってますか。

医師の診断をもとに復帰不可能だと会社が判断すれば、休職期間完了により自然退職となるというケースが少なくありません。

休職制度がない場合は、休職は解雇猶予措置ですので、私傷病によるメンタル疾患で労務提供不完全ということであれば、普通解雇にあたります。

投稿日:2020/08/07 10:34 ID:QA-0095674

相談者より

ありがとうございます。
参考になりました。
よく考えて対処したいと思います。

投稿日:2020/08/07 11:58 ID:QA-0095683大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、メンタル的な疾病のようですので、そうであればあれこれお尋ねされる事はかえってマイナスになる可能性が高いでしょう。あくまで個人的な疾病ですし、傷病手当金の件も含めまして何も対応されないという事であれば無理に会社から進める必要はございません。奥様も会社側からしますと第三者ですので、付き添っての面談等を依頼する事も差し控えるべきです。

従いまして、休職中であれば当人から面談希望がない限り静観されるべきですし、休職期間満了時に就業規則に基づきその時の状況に応じて対応されるのが妥当といえるでしょう。

投稿日:2020/08/07 10:40 ID:QA-0095675

相談者より

ありがとうございます。
よく考えて対処したいと思います。

投稿日:2020/08/07 11:59 ID:QA-0095684大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

公的サイトの活用を

▼本来は、産業医を含めて検討したい問題ですが、現実は難しそうですね。然し、何れ、方針を出さなくてはなりません。
▼先ず、本人に、医師の診断書を提出して貰って下さい。次に、経緯、現状、本人希望、会社現状(受入余裕度)を整理し、下記、最寄り相談コーナーに助言を求めて下さい。公的サイトなので無料です。
▼上記、助言をベースに、関係部署、本人・家族と相談の上、対応策を決めて下さい。さもないと、エンドレス議論が続き、事態が難しくなるばかりです。
▼サイト(全国 380か所あります。
⇒ < https://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html > 

投稿日:2020/08/07 11:42 ID:QA-0095680

相談者より

ありがとうございます。
確認してみます。

投稿日:2020/08/07 14:04 ID:QA-0095691大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
カジュアル面談
「カジュアル面談」とは、選考に影響しないことを前提に、本選考前や採用選考の途中で企業と応募者が相互理解を深めるために設けられる場のことをいいます。ミスマッチによる内定辞退や入社後の早期退職を軽減することを目的に中途採用でよく使われる手法ですが、近年は新卒採用でも実施する企業が増えています。相互理解が...
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社 経営企画部 人事課 次長 中川...