企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15191件   回答数32724

退職金の所得控除

当社従業員の、退職金の所得控除額の計算に関するご相談です。

・当該従業員は、50歳で入社し、60歳で定年後、そのまま再雇用となり、65歳時点で退職予定です。
・退職金は、50歳から60歳までの勤務に対して計算されており、その支払いは定年時には行わず、65歳時点で支払います。
・再雇用後の勤務に関する退職金はありません。

この場合に、所得控除額の計算で用いる勤続年数が何年になるのかご教示いただければ幸いです。

退職金の計算期間である10年(50歳から60歳)となるのか、それとも退職日である65歳までの15年のいずれになるのでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。

  • フェデラーさん
  • 東京都
  • 精密機器
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2020/01/21 16:02
  • ID:QA-0089807
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/01/21 19:42
  • ID:QA-0089813

代表者

退職金の支払い

▼退職金は、従業員の在籍中の勤続に対する報償的給与として一時に支給されるものなので、定年時に支給しなければなりません。
▼退職金は、所得税の対象になりますが、勤続年数に応じて定められた所得控除額を差し引いた金額の50%が所得税額となります。
▼この退職金の支払いを再雇用後まで留保する合理的理由はなく、定年に達した時点で支給することが必要です。

  • 投稿日:2020/01/23 13:20
  • 相談者の評価:参考になった

ご教示いただき、ありがとうございます。

退職金の支払い時期については、必ずしも定年時に支払う義務を負わず、就業規則で別途定めることができる、という理解でおりましたが間違っておりますでしょうか。

当社ではその支払い時期を「継続雇用する場合は、継続雇用終了時」としております。

それを前提として、上記のご相談にお答えいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/01/23 19:30
  • ID:QA-0089883

代表者

退職金の支払い R1

▼確かに退職金は、「賃金等、働者の権利に属する金品」の観点からは、若干、劣後要素がありますが、一旦、確定すれば、会社にとって確定賃金債務であることに変わりはありません。
▼退職金が、就業規則の7日以内支払原則適用外であることは承知していますが、それとても、判例的に6カ月が良い処で、数年近くとなると、まるで差押えみたいものです。
▼就業規則で決めれば、再雇用者全員、数年待ちありというのは、健全な定めではないという視点からからの回答です

  • 投稿日:2020/01/24 18:27
  • 相談者の評価:参考になった

ご教示いただき、ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
四半期ごとの退職率の計算方法
いつもお世話になっております。 退職率の計算方法につき、ご質問いたします。 年度の退職率は、当期内の退職者数を期初の従業員数で除す計算をしておりますが、 四半期ごとの計算は、当四半期の退職者数を四半期初の従業員数で除す計算でよろしいでしょうか。 何卒、ご回答のほど、よろしくお願いいたします。
傷病休職期間は、退職金計算の対象期間とするのか
私傷病休職期間は、一般的に退職金計算の対象期間となるのでしょうか? それとも、私傷病休職期間を除いて、退職金を計算してよいのでしょうか? 世間一般的にはどうなのでしょうか?
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
  • 「退職届」「退職願」の法的整理と撤回等をめぐるトラブル予防策
    昨今の世界同時不況下、希望退職制度などを実施する中で、退職届の取り消しや無効をめぐり、労働者とトラブルに発展するケースも少なくありません。今回の記事では、企業・人事担当者として知っておきたい、退職届の取扱いに関する社内ルールや、留意すべきポイントについて、紹介しています。
あわせて読みたいキーワード
改正高年齢者雇用安定法
65歳まで働き続ける環境整備を企業に義務づける法律。高年齢者の安定的な雇用確保のため、65歳までの雇用確保措置の導入が事業主の義務となった(2006年4月施行)ほか、雇用者の再雇用促進などを図る措置(2004年12月施行)も盛り込まれています。
退職金前払い制度
退職金を月例賃金や賞与に上乗せして前払いする制度。従業員から見れば退職金を在職中に受け取る制度です。企業にとっては人材引き止め効果は減少するものの、将来の退職給付債務を圧縮できるメリットがあります。
継続雇用定着促進助成金
就業規則などによって60歳以上の定年を定めている会社が、その定年年齢の引き上げや、再雇用による継続雇用制度を導入した場合に支給されます。ただし、「65歳定年制」が施行されるまでの助成金と見られています。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...