企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15375件   回答数33191

iDeCoの加入承認を会社がおこなう際に

お世話になります。個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入承認を会社にしてもらいたい、承認できるよう規程に盛り込んでほしいと、労働組合より要望がありました。
当社では企業型拠出年金を導入しております。iDeCoは個人が加入するもので、会社の費用持ち出しは
ないと思いますが、加入承認を規程に入れる理由はございますか。

行政サービスを受ける際などに届け出るための在籍証明書に押印するような、一度だけの押印で済むものでしょうか。それとも加入承認した後に、様々な事務手続きや都度、手配でマンパワーが割かれる、といったことや、会社がなにか損失を被るようなリスクがございますでしょうか。
ご教示お願いできればと思います。よろしくお願いします。

  • Deirdreさん
  • 大阪府
  • 機械
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2019/12/12 00:31
  • ID:QA-0089044
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/12 11:07
  • ID:QA-0089059

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、確定拠出年金法におきまして、「厚生年金適用事業所の事業主は、当該厚生年金適用事業所に使用される者が個人型年金加入者である場合には、当該個人型年金加入者に対し、必要な協力をするとともに、法令及び個人型年金規約が遵守されるよう指導等に努めなければならない。」とされています。つまり、様々な手続き上の支援が求められることになります。(※詳細につきましてはiDeCo公式のウエブサイトでご確認頂けます。)

但し、あくまで努力義務であって規程に入れられる義務まではございませんので、組合側と真摯に協議された上で決められる事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2019/12/12 14:51
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/12 13:45
  • ID:QA-0089067

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

iDECoに関する規約改定

貴社は、企業型の確定拠出年金を実施されています。
その際は、
①マッチング拠出(加入者掛金の拠出)を規約で認めている場合は、その企業の従業員は個人型(イデコ)を開始できません。
②企業型に加入している加入者が同時に個人型に加入できるようにするには、企業型の規約を改訂し、個人型年金に同時に加入できる旨、確定拠出年金規約を改訂する必要があります。

規約が改訂されていれば、事業主の承諾なく、従業員は個人型に加入できます。
その際、事業主は必要書類の提出を支援しなければなりません。これは加入者発生の都度、および年1回発生します。マンパワーが割かれますが、協力する義務があります。

よって、従業員がイデコに加入できる代わりに、マッチング拠出を企業型の確定拠出年金で始めてしまえば、従業員は個人型に加入できず、それにまつわる事務は発生ません。
もちろん、マッチング拠出においても、掛金の控除や金額変更、加入・脱退等の所定の事務は発生しますので、手間は割かれます。

  • 投稿日:2019/12/12 14:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございます。
大変勉強になります。今すぐに規程にいれてしまうと、マンパワーがかかり煩雑ゆえの遅延や誤りを発生させないためにも、まずは現在の企業年金のプロセスや業務の状況をみて今後の課題としたいと思います。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
消防団員は会社以外の業務への従事にあたりますでしょうか
職員から地元の消防団員になりたい(多少の報酬もあり)が、会社として承認がおりるのか打診がありました。当社の就業規則には、承認事項として「会社以外の業務に従事し、または自己の営業を営む」場合は会社の承認が必要となっています。この場合、承認事項にあたりますでしょうか。又、承認事項の場合、一般的に会社とし...
労働組合の合併または解散
会社の合併があった場合の労働組合に扱いについてご教示ください。対等合併の予定ですが、一方の会社には労働組合がありません。当社には労働組合がありますが、この場合は、合併相手の会社社員は、当社への労働組合への加入となるのが自然な流れでしょうか? 会社(当社)としては、相手方に合わせ、当社の労働組合の解散...
健康保険 加入日について
健康保険の加入について質問です。 11/15に前会社を退職し、11/16付で当社に入社した社員がいるのですが、 自分で11/16~前会社の任意継続保険に加入していました。 「11月分は自分で保険料は払ってきたから12/16~会社の健康保険にいれてください」 と言われました。 通常なら11/16付で...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
確定拠出年金(日本版401k)
公的年金は、定年後の生活を支えるための重要な備えです。しかし、社会構造の変化や長寿化が進む現在の日本で安定した老後を迎えるには、公的年金に加えて、各個人が主体的に資産運用をする必要性があると考えられています。そこで注目を集めているのが確定拠出年金(日本版401k)です。ここでは、確定拠出年金の概要や...
厚生年金
厚生年金とは、日本にある二つの公的年金のうちの一つです。民間で働く方は、おおむね加入していると考えてよいでしょう。厚生年金の加入手続きは企業が行い、保険料は企業と社員とが折半して支払います。厚生年金において保険料を支払っていれば、一部が国民年金に回されるので、厚生年金と国民年金の保険料を同時に支払う...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

最短1営業日で従業員代表を選出しませんか QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/29
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...