企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14932件   回答数32025

変形労働時間制

いつもお世話になってます。
当社では来年より4直3交替勤務を始める職場があります。
1直、1直、2直、2直、3直、3直、休、休、のパターンで、
1直は8:00~16:00(休憩1時間、実働時間7時間)、
2直は16:00~22:00(休憩45分、実働時間5時間15分)、
3直が22:00~8:00(休憩1時間15分、実働時間8時間45分)です。
この場合は56日で1サイクルですので、1年単位の変形労働時間制となるのでしょうか?
なるのであれば、協定書が必要とななるのでしょうか?

  • 投稿日:2019/12/02 18:01
  • ID:QA-0088805
この相談に回答する(会員登録)
『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/02 21:39
  • ID:QA-0088825

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面のような1カ月を超えるサイクルの交替勤務で直ちに1年単位の変形労働時間制になるというわけではございません。変形労働時間制とは、変形期間となるようなサイクルにおいて所定労働時間が週平均で法定労働時間以内に収まる場合に1日8時間または週40時間を超える日や週があっても時間外労働扱いとならない制度になります。

つまり、必然的に適用されるものではなく、時間外労働を避ける為に使用者が労使協定の締結をされる事で初めて導入されるものですので、1年変形制導入についてはあくまで御社での希望有無によって決める必要がございます。希望有という事であれば、当事案に関しましては法令に沿った導入手続きを進められる事で1年単位の変形労働時間制の適用が可能といえるでしょう。

  • 投稿日:2019/12/03 11:14
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答ありがとうございます。
協定を結んでおけば、1直~3直まで同じ週に6勤務入って42時間労働となっても時間外割り増しを払わなくても良いのですね。逆に協定を結んでいなければ、労働時間の計算はどのようになるのでしょうか?弊社は所定労働時間が7.5時間ですので、これより多い3直は1時間15分の時間外、短い2直は2時間15分の早退となるのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/03 11:25
  • ID:QA-0088853

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、基本的にはそのようになります。但し、時間外労働割増賃金が必要となるのは1日8時間または週40時間を超えた時間のみです。つまり、単に通常の労働時間制と同じ扱いになります。

  • 投稿日:2019/12/03 17:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
1年単位の変形労働時間制を取りたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
交替制勤務の労働日
工場等において3直の交替制勤務を導入するにあたり、 1直・・・8:00スタート 2直・・・16:00スタート 3直・・・翌0:00スタート とした場合であっても、 この3直勤務の労働日を1直2直と同一日(実際に働いた暦日の前日)にすることは問題ないでしょうか。 それとも「暦日をまたがない」場合はあく...
1ヶ月単位の変形労働時間制について
いつもお世話になっております。 当社では1ヶ月単位の変形労働時間制を導入しております。 たとえば、2月1日から2月29日までの1ヶ月単位の変形労働時間制を締結している場合、 最後の週(2月25日から3月2日まで)についても40時間を越えてしまいます。 (土曜起算で1週間としています。) このとき...
変形労働時間制について
1ヶ月の変形労働時間制と1年の変形労働時間制について、導入するにあたり、労務管理面で注意することを教えてください。 また、それ以外に変形労働時間制を導入できる月数(3カ月など)はありますか。 また、1ヶ月と1年変形のメリットとデメリットについても教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...
喫煙休憩
「喫煙休憩」とは、就業時間中に従業員が喫煙目的で席や持ち場を離れ、オフィスに設置された喫煙コーナーや戸外など、喫煙が許される場所まで移動して休憩をとることをいいます。受動喫煙防止をうたった健康増進法の施行(2003年)以来、社内禁煙・分煙の流れが強まり、喫煙者は肩身が狭い思いをしていますが、一方で多...
休養室
「休養室」とは、職場で従業員が急に体調が悪くなった場合などに休ませたり、救急車が来るまで待機させたりすることを想定して、事業場に設置する施設のことです。労働安全衛生法が定める労働安全衛生規則および事務所衛生規則において、「事業者は、常時50人以上または常時女性30人以上の労働者を使用するときは、労働...

定番のQ&Aをチェック

有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/15
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...