企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14817件   回答数31688

社員の新年パーティの開催時の時間外手当支給について

お世話になります。
当社では来年、オフサイトでホテルを借り切り、アルコールもふるまう立食パーティやビンゴゲームや年間社員表彰を兼ねた、新年会を開催することとなりました。会社で考えているのは、基本は正社員は全員参加ですが、開催時間が平日の17:00~20:00で予定しています。
ただしこの新年パーティに係る費用は、すべて会社負担であり、社員個人からの負担徴収はありません。
質問は、終業時間以降で全員参加の場合、このパーティ参加者には、時間外手当の支給を行わなければならないかという点のおたずねです。
パーティは、社員間の交流を目的とした会社イベントであり、社員表彰も兼ねているため、会社としては全員参加としたいようです。
費用が全額会社負担であるならば、残業代支給は不要と主張する幹部もいるのですが、この場合の時間外手当支給の必要性につき、ご教示いただけますと幸甚に存じます。

  • mikelovingさん
  • 三重県
  • 精密機器
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2019/11/08 20:13
  • ID:QA-0088275
この相談に回答する(会員登録)
『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

人事会員より
  • 投稿日:2019/11/09 06:56
  • ID:QA-0088281

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

時間外手当の支給以前に、この新年会へ参加する時間が、労働時間に該当するか否かという観点から考える必要があります。

基本的な考え方としまして、労基法上の労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下におかれた時間をいい、労働時間と評価されるか否かは使用者の指揮命令下にあったか否かという客観的な事実関係によって判断されます。

それゆえ、この新年会への参加が、使用者の命令により強制的に参加しなければならないのであれば、労働時間に該当し賃金の支払いが必要になります。

どちらが費用を負担するかは、直接関係はございません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/09 13:54
  • ID:QA-0088285

代表者

全員参加必須なら業務命令と割増賃金支払いが必要

▼会社として、所定の目的を達成したければ、全員参加が必須であり、その為には、業務命令を出さければなりません。 ▼業務命令… 会員登録(メールアドレス登録)をすると続きを読むことができます。
ログイン/会員登録はこちら

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/11 10:19
  • ID:QA-0088307

人事・経営コンサルタント

強制性

全員参加を義務付ける以上、業務性のある強制参加と考えるべきで… 会員登録(メールアドレス登録)をすると続きを読むことができます。
ログイン/会員登録はこちら

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/11 11:43
  • ID:QA-0088325

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

強制参加である以上は、労働時間であり時間外手当が必要です。 業務の必要上から費用も全額負担しているわけでしょう。 任… 会員登録(メールアドレス登録)をすると続きを読むことができます。
ログイン/会員登録はこちら

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/12 22:49
  • ID:QA-0088369

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。 ご相談の件ですが、労働時間として賃金支払の対象となるか否かの判断に関しましては、費用負担… 会員登録(メールアドレス登録)をすると続きを読むことができます。
ログイン/会員登録はこちら

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職中の社保料
お世話になっております。以下質問です。 休職中の社員がおります。 社保料の会社負担分を払い続けていますが、会社負担分がひとつのネックとなり退職してもらう事になりそうです(会社負担分だけが理由ではないですが) 休職中の社員が納得すれば、今後の会社負担分を本人負担としたいと思いますが、問題ありますでし...
保険料について
弊社では社員の保険料(健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料・介護保険料)について、通常折半であるところを会社側負担を大きくしています。 例えば 健康保険 会社負担7  社員負担3 介護保険 会社負担7  社員負担3 厚生年金 会社負担6  社員負担4 雇用保険 会社負担6  社員負担4 となってお...
会社の敷地内で起きた損害
会社の駐車場に停めてある社員の車が、強風で、飛ばされてきた物体に、傷つけられてしまいました。(軽傷ですが) この場合、社員は、車の修理代を会社に請求できるのでしょうか? また、会社は、その社員の車の修理代を、支払わなければならないでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/12
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...