企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14433件   回答数30687

増税前9月の勤務日数

いつもお世話になりありがとうございます。

消費税増税前の9月の契約社員の勤務日数について相談です。

弊社では、アルバイト雇用の皆様の契約は
4月~9月、10月~3月の6ヶ月で契約しています。

今年については消費税増税10月の前月9月は、販売業務が
非常に忙しくなることが予定されます。

例えば、、現在既に4月~9月 毎月10日の契約をしている方に対し
可能であれば9月だけ月15日(5日余分に)入っていただく事は
口頭ベースでご本人と合意が取れていれば実施してよいでしょうか?

もちろん9月1月の契約書を別途作成して合意するのが一番手堅いと
思いますが・・・

如何なものでしょうか。

  • 投稿日:2019/07/19 14:53
  • ID:QA-0085707

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/07/20 20:43
  • ID:QA-0085719

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、現行の労働契約書の定めによるものといえます。

つまり、契約書上に休日勤務が可能といった内容の定めがあれば、月10日を除く本来休日である日にも勤務させることが可能です。逆にそのような定めがなければ、月10日の勤務日数は厳守しなければなりませんので原則不可といえます。それでも尚勤務してもらいたい場合には、トラブルを避ける為にも口頭ではなくきちんと文書で臨時の勤務日数追加に関わる本人の同意を取得する事が不可欠といえます。勿論、同意は任意で取得するものですので、会社側から半ば強要されるようなやり方は禁物です。

  • 投稿日:2019/07/22 13:05
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお返事いただきありがとうござます。
重ねての質問で恐縮ですが、、
契約書上に何も記載がなかった場合
月10日を超える依頼は休日割増が必要になるのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/07/21 15:26
  • ID:QA-0085721

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

本人と合意が取れていれば、問題はありませんが、

今後は、少なくとも雇用契約書および
有期社員、アルバイトさんが該当する就業規則には、
時間外・休日労働のあるなしは明記しておくべきといえます。

  • 投稿日:2019/07/23 10:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただき、まことにありがとうございます。
就業規則には時間外・休日労働の記載がございますので、本人ときちんと合意をとるように致します。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/07/22 11:04
  • ID:QA-0085730

人事・経営コンサルタント

雇用契約

雇用契約は労働者の権利だけでなく、企業側をも守るためのものです。本件のようなイレギュラー対応をした際に「口頭だけ」で守るのは無理でしょう。
貴社のためにも追加で同意した旨を一筆取っておくのが無難ですし、今後もあり得ることであれば、契約書変更も一考だと思います。

  • 投稿日:2019/07/23 10:52
  • 相談者の評価:大変参考になった

増沢先生
ご回答をいただき大変ありがとうございました。
追加で同意した旨の確認方法を考えてみたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/07/22 17:13
  • ID:QA-0085736

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「契約書上に何も記載がなかった場合
月10日を超える依頼は休日割増が必要になるのでしょうか?」
― 休日割増賃金については、休日勤務の可否とは全く別の問題になります。
従いまして、仮に同意を取得し勤務される場合でも、週1日の法定休日が確保されている限り不要です。

  • 投稿日:2019/07/23 10:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部先生
重ねてご回答いただき大変ありがとうございました。休日勤務と割増賃金の支払いは別として考えていい旨理解できました。
大変ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/07/22 19:14
  • ID:QA-0085742

阿倍野区民さん
  • 大阪府
  • その他業種

完璧に対応するなら契約書の取り直し、となりますが、
対象人数にもよりますが、私も労務担当ですのでその手間を省きたいというのはわかります。

私が担当ならばですが、強制的ではなく、本人と合意しているなら特に取り直しはしません。

給料は10日分しか払わず余分に働かせる、というなら問題ですが、
出勤した分きちんと払うということなら、仮に本人が出るところに出たとして、
何を求めて会社を訴えるでしょうか?

割増についても、契約書以上に出勤したとしても、1日8時間、週40時間を超えないなら
割増なしの時給で問題ありません。

アルバイトの方との信頼関係に不安があり、
重箱の隅をつついて会社の不当行為を訴えてくる恐れがある、ということでなければ
そこまで神経質になる必要はないかと思います。

  • 投稿日:2019/07/23 10:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

人事会員の方より回答いただくのは
初めてです。
大変ありがとうございます。
実際には、とても沢山のアルバイトの方がおられます。信頼関係は作っているつもりえすが、多いゆえに目が届かないこともあり悩んでおりました。
いただいたご回答とてもありがたいです。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
パートタイマーの雇用契約について
パートタイマーの雇用契約を行う際に、週によって勤務日数や勤務時間が変動するケースがあると思います。その場合、例えば週の労働時間を「30時間から39時間」、週の勤務日数を「3日から5日」という契約書を交わしていますが、どのように契約を結ぶのが望ましいでしょうか?
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
アルバイトの雇用契約について
お世話になります。 たとえば、週1日で8時間勤務でアルバイト契約(雇用契約書を締結)した場合 週に2日(16時間)勤務させることは難しいのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

製造業派遣の2009年問題
現在、労働者派遣法で定められている製造業への労働者派遣の契約期間は最長で3年。2009年中には、この派遣労働者の契約が多くの製造現場でいっせいに期限切れを迎えます。2008年後半からの経済不況とも相まって、派遣労働者の雇用の不安定化が進むなど、さまざまな混乱が予想されます。
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...