企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14491件   回答数30787

有給休暇について

いつもお世話になっています。
有給休暇の取得について教えていただければと思います。

有給の取得は労働者の権利ですが、同じ日にまとまって取得される場合があり、
納期に影響がでています。

そこで以下のようなメールをスタッフにお送りしても問題ないでしょうか?
また問題があるようでしたら、状況が伝わるように添削をお願いできませんでしょうか?


有給休暇取得方法についてのお願いです。
やむを得ない場合を除いては、同じ日に有給休暇を取得するのは
同業務で1名のみとしてください。
有給休暇は弊社の都合ですので
人手が不足しているので納期を延ばすという対応はできません。
また急遽、家の都合でお休みする場合や病欠などもありますので
できるだけご協力をお願いします。


何卒よろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2019/04/18 14:28
  • ID:QA-0083962

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/04/18 16:05
  • ID:QA-0083963

人事・経営コンサルタント

取得制限

有給休暇は社員の権利のため、基本的に取得制限はできません。1日1人しか取れないとすれば、会社側の経営責任であり、また人手不足も従業員の責任ではないため、そのしわ寄せを受けて有給取得ができない状態は違法でしょう。
例えば社員半数が一斉に休むなど、業務運営が不可能な事態の場合は時季変更が認められますが、恒常的人手不足は会社の責任となります。

メールのような形で一方的に伝える行為は避けるべきでしょう。

  • 投稿日:2019/04/22 15:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます!
大丈夫かな~と思ったのですが、なんとなく気になって質問してみてよかったです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/04/18 16:11
  • ID:QA-0083964

代表者

自発的に相互調整し合えるような文言の追加

▼有給休暇の取扱いに関しては、3つの基本的なルールがあります。
(1)有給休暇を取得する理由を尋ねてはいけない。
(2)繁忙期の有給休暇については変更することができる。
(3)有給休暇を取得した従業員に不利益な扱いをしてはいけない。
▼ご相談は、(2)の原則に関わることですが、会社の多忙な現況に、スタッフの協力を依頼する事案であり、有給休暇の本旨を損なうものではないと思います。
▼スタッフ各位が、他人の問題と、聞捨てにしない様、何らかの方法で、自発的に相互調整し合えるような、追加分を検討されるのが有効だと思います。回答者としては、雰囲気が分かりません添削は見送ります。

  • 投稿日:2019/04/22 15:14
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます!
こちらが思っている以上に有給は慎重に対応する必要がありますね。
とても勉強になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/04/19 00:41
  • ID:QA-0083984

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、年次有給休暇につきましては労働基準法第39条に示されている通り、労働者の希望する時期に付与しなければなりません。確かに同法では希望日に対する時季変更権も定められていますが、事業の正常な運営を妨げる場合等極めて限られた状況でしか変更出来ないものと解されています。

従いまして、「やむを得ない場合を除いては、同じ日に有給休暇を取得するのは同業務で1名のみとしてください。」といった表記ですと、「やむを得ない場合」の使い方がまさにあべこべ(つまり、「やむを得ない場合を除いては、労働者が自由に年休を取得出来ます」が法令上は正しくなります)であって、違法性の高い内容になるものといえます。

また後段の文面も明らかに年休の取得を抑制する効果があるものといえますので、こうした文面は一部の添削修正で可とする余地はなく、全面的に認められないものといえます。

但し、確かに同じ日にまとまって年休取得されますと事業運営に重大な支障が出る場合も考えられますので、以下のような内容でメール送信されるとよいでしょう。

「年次有給休暇につきましては、通常希望された日に取得することが可能です。
しかしながら、例えば同じ日に一斉に多数の方が取得されますと、時に事業の運営に重大な支障を及ぼす場合もございます。
その為、状況によりましては、事前に申請された年休の取得希望日をやむを得ず変更させて頂く場合もございますので、ご理解を頂けますようよろしくお願いいたします。」

  • 投稿日:2019/04/22 15:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもありがとうございます。
1名に限定するのはダメかな~なんて思っていましたが、まさかそれ以上に色々違法性が高いとは!質問してみて本当に良かったです。
添削もいただき本当にありがとうございました!

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
4週4日を取得できない場合の対応
休日については労基法で4週4日が定められていますが、例えば4週で2日しか休日を取得できなかった場合、残りの2日は休日勤務として割増賃金(35%)を支払うというのは問題ないのでしょうか? それとも何が何でも4週4日を取得しないといけないのでしょうか? 初歩的な質問ですみません。
有給一斉取得時の給与に付いて
今年度有給一斉取得を4日実施しています。 途中入社の方は、有給が無く一斉取得日にあたった場合、その分の給与は支給しないといけないのでしょうか。
年次有給休暇の5日取得の考え方について
標記の件で、ご教授ください。 来年度から、年次有給休暇の5日取得が義務化されますが、この有給休暇は半日の有給休暇を含めた5日間と考えても良いでしょうか。 極端ではありますが、半日有給休暇を10日間取得すれば、トータルで5日間の有給休暇を取得したことになり、最低ラインはクリアできたとして考えても違法で...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

有給休暇
労働基準法第39条により、使用者は一定期間勤続した労働者に対し所定の日数の休暇を付与しなければならず、当該休暇中は平均賃金または所定労働時間労働した場合に支払う通常賃金を支払わなければなりません。この、有給で休める休暇を「有給休暇」と呼び、一年ごとに付与されるため、正式には「年次有給休暇」といいます...
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
アニバーサリー休暇
アニバーサリー(anniversary)とは、英語で「記念日」の意味。企業が社員の休暇取得を促すために、本人や家族の誕生日、結婚記念日などの記念日およびその前後の日を休暇とする制度を「アニバーサリー休暇」と呼びます。(2011/6/27掲載)

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第4回)

管理職1年生日記 (第4回)

早いもので、営業の管理職となって1年が過ぎたA氏。Episode1や2...