企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14281件   回答数30314

有給休暇の義務化対応

お世話様です。
来年度の4月から10日以上の有給休暇を付与している従業員に対して、企業は従業員に対し時季を指定
して5日以上の有休消化が義務化されました。この点についてわからない点がありますのでご質問いたします。
当社は、従来8月に夏季休暇(有給消化)で5日を消化していますが、年度の稼動予定(カレンダー)は、毎年2月に取締役会議で議案承認後に全社に周知しています。来年度も同様な対応を予定しています。
労使協定は取り交わしていませんが問題ないでしょうか?

次に、義務化違反の件ですが、『対象となる従業員に有給休暇の指定をしなかった場合』に違反となり
30万円の罰金が課されます。
つまり、前述のように弊社は夏季休暇で全社一斉休暇を年間カレンダーで指定していますので、仮に
従業員が1人でも未消化となった場合でも、本件義務化に対しての違反にならないとの認識でよいでしょうか?もしも違反となった場合は、誰に対する罰金になるのでしょうか?(法人としての会社?)
また、30万円の罰金は未消化の従業員が複数人いた場合は、人数分の金額になるのでしょうか?
1人=30万円、2人=60万円・・・と言うように。

最後に、5日以上の消化実施か未消化かの判断はいつ誰がどのように査定するのでしょうか?労基署等に
実績報告をするのでしょうか?若しくは、労働基準監督官が査察するのでしょうか?

以上宜しくお願いいたします。
(参考) 弊社規模 資本金5千万円、従業員40名、売上12億 です。

  • 投稿日:2019/01/10 11:02
  • ID:QA-0081505

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/01/10 12:09
  • ID:QA-0081511

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

労使協定をかわしていなければ、計画的付与とはなりませんので、有休消化を強制することはできません。この場合は、本人が希望すればというスタンスになってしまいます。

未消化は計画的付与ではありえませんので、違反となります。会社に対して1事案ごとに30万円以下の罰金等が科せられます。事案後ごとの判断になりますが、必ずしも人数分ということではありません。

判断は監督署の査察によります。

  • 投稿日:2019/01/11 09:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
労使協定の必要性は認識不足でした。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/10 13:57
  • ID:QA-0081519

代表者

有給休暇の義務化対応

▼ 対象となる有給休暇は、労基法39条に基づき付与されたものでなくてはなりません。御社の恒例化している夏季休暇が法定有休であれば、義務化への対応効果があります。
▼ 罰則は、使用者(会社)に課されます。罰金は「30万円以下」としか法定化されません。「一人当り幾ら」というのではなく、違反行為の一定の塊に対し、その悪質性の程度により、課されるものと思います。
▼ 消化状況の把握義務は、当然、一義的に使用者が負うことになります。労基署等に報告義務はありません。然し、いつもの事乍ら、ブラック企業的評判や、タレコミといった事態は、査察に繋がる可能性があります。

  • 投稿日:2019/01/11 09:50
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
労使協定の必要性は認識不足でした。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/10 23:31
  • ID:QA-0081543

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、夏季休暇の件については年5日未取得者以外も含めて年休取得日を指定されているということでしたら年休の計画的付与といえますので、法令上労使協定の締結が必要です。

そして、こうした計画的付与についても年5日の年休取得義務の日数にカウントされますので、通常違法とはなりえません。但し、5日の計画的付与が遵守されず、実際に夏季休暇を取得していない労働者が一人でもいればやはり5日指定義務違反になるものといえます。

また罰金については、労働基準法第121条に基づき原則としまして行為者に加えて会社(法人)そのものも罰せられることになります。また、案件毎の罰則適用ですので人数分罰金が増えるということにはなりません。そして、違反行為があるからといって直ちに罰則が適用されることは少ないですが、あまりに人数が多いと悪質な違反とみなされ即適用もありえますので注意が必要です。

尚、こうした5日指定義務違反の有無に関しましては、監督署の調査で確認されることになるものといえます。

  • 投稿日:2019/01/11 09:50
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
労使協定の必要性は認識不足でした。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
有給休暇の消化順序について
いつも大変参考にさせていただいております。 有給休暇の消化順序についてです。 現在弊社では、有休の消化日数を前年分の付与分から引いております。 消化は前年分または前々年分のどちらから先に消化するかというのは 法律でなにか決まりがあるのでしょうか。 また前年分または前々年分のいずれを先に消化するか...
パートタイマーの年次有給休暇の消化について
12年間就業しているパートターマーから年次有給休暇の未消化分40日を全部消化して、退職したいと申し出あがりました。パートタイマーの契約が3月末で切れ4月から更新する予定で、今から連続して未消化分の40日を消化していくと、4月にも15日ほど消化して退職ということになりますが、そのように対応しなければな...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
従業員代表制
従業員の過半数で組織する労働組合がない事業所は、時間外労働に関する協定(いわゆる「36協定」)などの労使協定を締結する際、従業員の過半数を代表する者を従業員代表として締結することが定められています。また就業規則を作成・変更する際にも、従業員代表の意見を求めなければなりません。これを「従業員代表制」...
EVP
EVPとは、Employee Value Propositionの頭文字をとった略語で、直訳すると「従業員価値提案」。つまり、企業が従業員に提供できる価値のことを指します。従来の「従業員は会社にどのような利益をもたらすか」という視点ではなく、「企業は従業員に何を提供できるか」という視点に立つのが、E...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...


「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

リクルートグループは2015年より、働く子育てを支援する「iction...