企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

契約社員後の正社員雇用時の試用期間について

私の会社では正社員雇用時に6カ月の試用期間を定めております。
その正社員雇用時の前に契約社員期間(有期雇用)を設けようとしております。
法的に問題ないでしょうか。
契約社員を経て正社員になる流れを組みたく思います。

また、契約雇用期間にもさらに試用期間を授けることはできるものなのでしょうか。
就業規則には正社員時の試用期間が6ヵ月あるため、そうなると契約雇用時と正規雇用時の
2回試用期間を設けることになり、おかしなことになると思います。
試用期間を2回設けるのはおかしいので、就業規則を改定し、
正社員時の試用期間をなくすことが正しい運用になりますでしょうか。

投稿日:2018/12/27 11:56 ID:QA-0081288

小企業の雇用主さん
大阪府/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

重ねて試用期間を設ける必要は感じられない

▼ 試用期間は、当人を試用という形態で、実際に就労させ、人物・能力を評価して、本採用とするか否かを判断するための期間です。
▼ 契約社員の雇用期間が6カ月超であり、本採用後も、同種の業務に従事させる積りなら、重ねて、試用期間を設ける必要は感じられません。
▼ 依って、就業規則面では、「但し、試用期間を設けないこともある」と言った趣旨の文言を追記するすることで足りるのではないでしょうか。

投稿日:2018/12/27 20:28 ID:QA-0081297

相談者より

ご回答ありがとうございます。ポイントを絞った回答、助かりました。何がダメなのか勉強になりました。

投稿日:2018/12/28 11:25 ID:QA-0081311参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、正社員雇用期間の前に有期の契約社員期間を設ける事は差し支えございません。

但し、安易な正社員雇用を避ける主旨であれば純粋な有期雇用契約扱いとされることが求められますので、試用期間のようにその後の正社員雇用を当然の道筋とされるのではなく、有期雇用期間中の勤怠や成績等が良ければ会社側の判断により正社員雇用の対象となる可能性が生じるといった説明をきちんと入社前にされる事が求められます。その辺の説明が不十分で規定上も試用期間と変わらない内容であれば、仮に正社員に不採用となった場合トラブルになるリスクが高まりますので注意が必要です。

そして、後段の試用期間について法的制限まではございませんが、試用期間が2回あるのはやはり不合理ですので、正社員時の試用期間については正式に廃止されるのが妥当といえるでしょう。

投稿日:2018/12/27 21:36 ID:QA-0081301

相談者より

ご回答ありがとうございます。とてもわかりやすかったです。試用期間が2回あるのはやはりおかしいですよね。有期契約(試用期間あり)を経て正社員雇用(試用期間なし)を考える方向にしたいと思います。

投稿日:2018/12/28 11:23 ID:QA-0081310大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

課題

法律的には可能でしょうが、そのような会社は見たことがありません。それはそこまで圧倒的に買い手市場(会社側の優位)な会社がないからです。試用期間を二回もあるというスクリーニングをしなければ人物判定できないことや、そこまで社員を選抜しつくすだけの魅力のある条件や志望度の高い企業でなければ、欲しい人材から逃げられてしまうリスクの方が高いという点で、制度の目的が本末転倒となる恐れがあります。
ただし応募人材に不自由しない、選び放題な環境など、職務業界によってはあり得ますので、一般論ではなく判断されてよいと思います。

投稿日:2018/12/28 09:14 ID:QA-0081307

相談者より

ご回答ありがとうございます。おっしゃるとおりかと思います。私も試用期間をそんなにとるのはおかしいと思い相談させていただいた次第です。雇用側と被雇用者が対等であり、それぞれのリスクがないようにして、お互いの合意をもって進めたいと思います。

投稿日:2018/12/28 11:28 ID:QA-0081312参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約期間と試用期間の関係
いつもお世話になります。 期間の定めのある契約社員の、 試用期間の設定に関しまして質問です。 契約期間3ヶ月(毎の更新)に対し、 試用期間が、3ヶ月とか6ヶ月というのはありえるでしょうか。 3ヶ月だと、最初の契約期間が全て試用期間となってしまいます。 この試用期間中の労働条件は試用期間終了後とは...
試用期間中の職務変更
6ヶ月の試用期間中に会社・従業員同意の上で、職務内容を変更した場合、試用期間の取扱はどのようになるのでしょうか。1)残存試用期間、新たな職務での適性を確認する 2)新たな職務に対する試用期間を設ける(試用期間の延長)等が考えられますが、法的に問題はありますでしょうか。
試用期間の延長
弊社では新規採用にあたり3ヶ月の試用期間を設けております。今回、この試用期間中に病気により1ヶ月の休職をした社員がいるのですが、この社員の試用期間を病気により休業していた日数分だけ延長したいと思っておりますが、問題はありますでしょうか。 就業規則には「新たに採用した者について、3ヶ月間の試用期間で採...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
    人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...
  • パ-ト・アルバイトの正社員登用(転換)で企業を強くする
    パ-ト・アルバイトの働きぶりを適正に評価し、正社員との処遇バランスを考えたときに、優秀なパート・アルバイトは正社員登用(転換)に行きあたる。正社員登用(転換)制度は定着したのか? 平成23年版『パートタイマ-白書』から、正社員登用(転換)のメリットと課題が見えてきた。
あわせて読みたいキーワード
試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
限定正社員
「限定正社員」とは、勤務地や仕事内容、勤務時間などを限定して働く正社員のことで、従来型の正社員とパート、アルバイトなどの非正規社員の中間的な雇用形態を指します。転勤や残業、職務変更がないため、子育てや介護などの事情で働く時間と場所に制約がある人でも働きやすい、という特徴があります。通常の正社員と比べ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。