企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14477件   回答数30769

手当及び経費について

教えてください。

弊社の物販業務では、出張物品販売もしております。
出張物品販売の流れとしては、①出店申込手続き ②販売品の仕入及び積込 ③搬送 ④販売 ⑤撤収作業等事後処理⑥事務的事後処理 となると思います。
④の部分だけは、交通費の掛らない現場近くの人にバイトで来てもらっています(日当支払)。
社員は、①〜⑥までを行います。宿泊が伴なう場合は、実費を払います。交通費が掛かれば実費を支払いますが、経費削減のため移動は社用車を基本的には使用し、会社を基準に移動します。
販売手当としては、日帰りでも宿泊が伴っても同じ金額です。これは、①〜⑥までを1セットと考えているためと、日帰りでも夜中12時間を過ぎたらもしくは朝が2時だったら等、仕切りが複雑になるため一律にしました。出張販売は、土日が多いので販売手当の他振替休日を与えています。

今回ある社員が④の部分だけを行ない、且つ自宅から現場に車で直行したので、④だけ行うバイトに支払う金額の交通費込みで2.5倍を支払わなくてはいけない理屈になりました。また、その社員は自宅が遠いので会社から現場までなら往復824円で済むところを高速代・ガソリン代・駐車場代で約10,000円の請求をしてきました。
経費的にも勿体ないですし、他の社員と不公平ではないかと思っています。
そこで教えて下さい。
手当ての件
(1)④だけであれば、バイトを使用し社員は使わない(しかし、勉強のためとバイト探しの手間を考えると社員を使用したい)
(2)①〜⑥の殆どを行う場合以外は、手当を安くする
交通費の件
(3)今回は朝が早く、ほかの社員は始発で間に合うが、当該社員だけは遠いから電車では間に合わなかったので理屈の上ではこの様になりますが、経費がかかり過ぎて、利益が無くなります。今後この様な場合には、どうしたらよろしいでしょうか

(2)に関しては、当該社員は自宅遠い事がネックとなり②③⑤をさせると交通費がとても掛かるし当該社員も遠回りになるので、定期で動ける社員を使用してしまうと思います。それで②③⑤をさせないとなると当該社員が不満を持つのではないかと杞憂しています。

少し仕事の規模を大きくしようとしている矢先にこの様な問題が出てきました。
改善する規則や追加の規則を早目に作り、皆が気持ち良く働ける様にしたいと思っています。
御指導の程、宜しくお願い申し上げます。

  • みんな頑張ろうさん
  • 東京都
  • マスコミ関連
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2018/10/10 13:47
  • ID:QA-0079717

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/10/10 20:06
  • ID:QA-0079726

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、今回だけたまたま発生した事態であって、今後も頻度としては殆どないような事態であれば、その為だけに現行ルールを変えるのは明らかに不合理といえます。対応としましては、このような場合だけ代わりの人に業務を頼まれるのが妥当ですし、それがどうしても無理という事であれば、あくまで業務事情であって当人が故意に無駄遣いをしているわけではないので、経費負担増もやむを得ないものと考えるべきでしょう。但し、利益が全く出ない程経費が掛かってしまうという事であれば、代替要員が手配できるようアルバイト等の人員確保を図られることが必要といえます。

これに対し、今後もこうした事態が結構起こりうると推測されるならば、業務運営自体を抜本的に見直されるべきといえます。つまり、交通費負担で利益が出ないということでしたら、事業を行っている意味自体がないですので、規定を変えるよりもまずそのような事態が発生しないような方策を社内で検討されるのが先決といえます。業務担当の役割や配置等①~⑥に関わる現行の区分に縛られることなく、そうした手順も含め一から考え直してみるといった大胆な運営方針の転換も視野に入れられるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2018/10/11 09:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

④だけに関しては、今まで通りバイトを使用したいと思います。

ご教示頂いた通り、抜本的な改革が必要かもしれません。今まで、少人数で少額の利益でも動いていたので、仕事の規模を変えていくとなると今まで通りには行かないですよね。
3日間働いても、6時間働いても今のままだと手当てが同じという不公平が出てしまう現状は見直さないとと思っています。

今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
社員代表について
このたび、初めて社員代表に選出されました。 現在、36協定と就業規則の改定について、会社からとりまとめを求められています。 弊社は、これまで社員代表を置いていなかったため、私が初めての社員代表となります。 そのため、上記の件についてどのような手順で進めてよいか戸惑っています。 どのような手順で作...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 月給制それとも年俸制?昇給制度や人事考課は?パート契約社員の最新実態を探る
    多様化する非正規社員――パートタイマーおよび契約社員の労働の状況や内容について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
  • 3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
    「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。
  • 坂本 光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
    ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来顧客」「地域社会・地域住民」「株主・出資者」の五人を幸せにすることだと説かれています。今回はこの中から、坂本先生が第一に幸せにしなければなら...

あわせて読みたいキーワード

プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


顔と名前の一致”が組織を強くする<br />
 シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

顔と名前の一致”が組織を強くする
シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

企業は成長を目指すのが常ですが、成長するほど見えなくなってしまうものが...


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...