企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

再検査費用の会社負担

お世話になります。以下、宜しくお願いいたします。
①会社の定期健康診断(費用は会社負担)で要精密検査と診断された場合、その時の再検査受診費用も会社負担になるのですか。
②業務中、車での移動の際に助手席に乗ると時間を問わず直ぐに眠気がつき眠ってしまう社員がおり身体的な疾患が原因ではないかと思え、病院で診てもらうことを検討していますがこの場合の受診料は会社負担になるのでしょうか。受診の必要性を本人が自覚し納得して診てもらえば本人負担。 会社からの命令で受診するのであれば会社負担、になるのでしょうか。ちなみに定期健康診断では何の異常もみられません。

投稿日:2018/09/07 11:08 ID:QA-0078916

mt.komatsuさん
島根県/建築・土木・設計

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

リスク管理の観点から早急な専門医受診を

① 定期健診で異常所見つかり、再検や精検を行う場合は、会社は、本人に再検受診を働きかける必要があります。費用に就いては、(長時間労働者に対する面接指導には健康診断と同様に法律で事業主に義務付はあるが)会社負担が法定されている訳ではありませんん。
② 然し、眠気症候は、本人自覚が希薄な一方、動態器機操作や車両運転の場合は、極めて危険な兆候です。本人の自覚を待つまでもなく、会社としてのリスク管理の観点から、産業医、本人上司、人事部署責任者の協議に依る合議で、専門医受診を検討すべきです。勿論、費用の会社負担を厭ってはなりません。

投稿日:2018/09/07 13:38 ID:QA-0078923

相談者より

有難うございます。本人と面談し対応したいと思います。

投稿日:2018/09/10 09:32 ID:QA-0078947参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

リスク管理

費用負担がどちらかというレベルではなく、会社としての危機管理の問題ではないでしょうか。運転中の居眠りなどがあり得るなら、事故はただちに危険を放置した会社にも甚大な責任となります。
単に助手席に座るだけのしごとであり、免許もなく運転の可能性がゼロであれば本人に指示で、費用も本人任せという手はないこともありませんが、会社に危機が及ぶ時点であれば費用などどうこう言ってはいられません。損害賠償はそんなレベルではない可能性があります。直ちに受診を命令し、費用は会社が持ち、服さない場合は懲戒となるでしょう。

投稿日:2018/09/08 10:41 ID:QA-0078935

相談者より

有難うございます。早急に本人と面談し対応したいと思います。

投稿日:2018/09/10 09:34 ID:QA-0078948参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、いずれの場合も会社負担に法的義務まではございませんので、社員本人の自己負担で差し支えございません。

尚、②につきまして会社から命令するといったやり方は行き過ぎといえます。勿論、会社には従業員に対する職場での安全配慮及び健康管理の義務がございますので、気になる点があれば受診を勧めることは重要ですが、業務に直接重大な支障が生じている場合はともかく、ご文面程度の状況であれば当人が拒否された場合まで無理に実施される事に合理性はないものといえるでしょう。

投稿日:2018/09/08 18:06 ID:QA-0078940

相談者より

ご回答有難うございます。早速本人と面談し対応したいと思います。

投稿日:2018/09/10 09:37 ID:QA-0078949大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
派遣社員の資格取得のための費用負担
派遣社員に業務遂行上必要な資格の取得を求めており、その費用負担についてはどのように考えたらよろしいでしょうか? 会社(派遣先)で負担すべきではないかと考えますが、一部を本人負担や派遣会社負担させることは可能でしょうか?
転勤者の家賃負担について
国内転勤者の家賃負担を検討中です。(現行25%社員負担) 一般的な家賃負担率はどれくらいになるのでしょうか?
健康診断の費用負担について
いつも利用させていただいております。 定期健康診断を受診することが法律や規則等で定められておりますが、従業員が受診する場合は費用を会社が負担するとしている場合、労働組合の専従者の健康診断の費用を会社が負担しなければならないのでしょうか。 会社が負担した場合は、法的に問題があるのでしょうか。 ご...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 有所見率は53.2%!〔平成26年〕ストレスチェックとの違いは? 健康診断での有所見者に対する対応
    健康管理の基本は健康診断です。では、健康診断において“有所見”となった社員への対応はどのようにすべきでしょうか。受診勧奨のやり方とともに、健康診断にまつわる会社のリスクや留意点などについて解説します。
  • 106万円の壁~社会保険料の負担OK企業が増加~
    2016年10月、社会保険の適用範囲が拡大されました。社会保険の対象となる労働者が増えれば、その分企業側の負担も増えます。そのため、適用基準以下になるように、労働時間を調整する企業も。しかし、ここ数年でパート・アルバイトの社会保険料の負担を厭わない企業が増えてきています。その理由とは――?
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
あわせて読みたいキーワード
産前産後休業保険料免除制度
「産前産後休業保険料免除制度」とは、産前産後休業(産休)期間中の健康保険料、厚生年金など社会保険料について、次世代育成支援の観点から、その支払いを免除する制度のことです。保険料の免除は事業主からの申出により、折半している被保険者本人負担分と事業主負担分の双方が対象になります。免除された保険料は支払っ...
ホームリーブ
「ホームリーブ」(Home Leave)とは、出向や転勤により本国を離れ、日本国内で長期間勤務する外国人社員が、休暇などのために一時帰国することをいいます。ホームリーブにかかる諸費用を使用者が負担した場合、一定の要件を満たしていれば、その費用に関する税務上の取り扱いについては給与所得とはせず、所得税...
エクスパッツ
エクスパッツ(Expats)とは、Expatriate(国外居住者)の略称。海外の本社や親会社、関係会社などに所属し、転勤などの理由で日本に派遣されている駐在員のことです。日本で就労する外国人のうち、国内で現地採用された従業員(一般にローカルと呼ばれる)については、労務関係の各種法令が日本人従業員と...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

POSITIVEの導入事例はこちら
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/24
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。