企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13075件   回答数27329

社会保険はいつの給与からかかり、給与から引くタイミングは?

年金事務所から指摘を受け、今まで社会保険に加入していなかったアルバイトを6人まとめて加入しました。
過去に遡って加入しなくても、好きなタイミングでの加入でいいと言われました。
そこで、「取得(該当)年月日」のところには7月16日としました。
7月15日締め(翌月5日払い)なためです。
給与の計算が始まるタイミングで、と思ったので、7月16日にしました。

そこで質問なのですが、何月分の給与に対してから社会保険はかかるのでしょうか?
また、従業員の給与から社会保険料の約半分を控除すると思いますが、いつの分の給与から引けばいいのでしょうか?

私は、
【7月16日〜8月15日の給与に対してから社会保険がかかるから、
7月16日〜8月15日の給与から引けばいい】と思っていました。
ですので、6月16日〜7月15日の給与からは引いていません。

しかし、同僚に聞いてみると、
【提出した「取得(該当)年月日」の翌月支払い分の給与に対してから社会保険はかかる。「取得(該当)年月日」は7月16日。ということは8月5日支払い分の給与に対してから社会保険がかかる。8月5日支払い分の給与は6月16日〜7月15日の給与。
だから6月16日〜7月15日の給与から引く。】
と言われました。

どちらが正しいのでしょうか?

後者の場合、8月5日払いの給与(6月16日〜7月15日分のの給与)はすでに確定して、支払い済みです。
9月5日支払いの給与(7月16日〜8月15日分の給与)から2ヶ月分の社会保険料従業員負担分を引かないといけないのでしょうか?
それか6月16日〜7月15日の給与から引くべきだった従業員負担分を何ヶ月に分けて引くか、をしないといけないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

  • くろりさん
  • 群馬県
  • 保安・警備・清掃
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2018/08/10 17:00
  • ID:QA-0078374

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/08/10 17:39
  • ID:QA-0078375

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

7/16加入ということであれば、7月分の保険料が発生しますので、通常は翌月徴収ですが、支給が9/5ということですので、9/5には、7月分と8月分の2ヵ月分を徴収することになります。

7/16に入社したと考えれば、もともと8/5支給はありませんので、これは御社の締日、支給日の関係といえます。

このように資格取得、あるいは資格喪失日の関係で、はじめと終わりは2ヵ月分徴収するケースはあります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/08/15 13:21
  • ID:QA-0078397

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、社会保険料につきましては加入月から発生しますので、原則として翌月の給与から控除されることになります。社会保険料につきましては給与の締め日等に関わらず暦月単位で発生するものですので、7月半ばに保険加入された場合でも、翌月支給される給与から差し引かれるのが妥当な方法といえるでしょう。

しかしながら、当事案の場合ですと当月分の給与が既に支給済みという特殊な事情ですので、敢えて遡って控除される必要まではないものと考えられます。

従いまして、9月5日の給与から2か月分を控除される事で差しつかえないものといえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
給与制度変更時の移行措置の計算について
給与制度の変更に伴い、給与が下がる際に、移行措置(激変緩和措置)をとる場合がありますが、その計算方法は次の事例の内容でよいのでしょうか。ご教示願います。 (例)給与制度変更前給与 34万円→給与制度変更後給与 30万円(4万円ダウン)→変更1年後給与 29万円(評価が下がり1万円ダウン) 2年の移...
給与の〆日と支払日について
人事給与システムの更新を考えておりますが、その際に給与の〆日と支払日を変えよう思っております。 現在、20日〆当月25日払いですが、末〆翌月10日払いにしようと検討しております。 一般的に多く採用されている給与〆日と支払日をお調べいただきたいと思います。
給与の支払について(大至急)
賃金支払の5原則の1つに毎月払いの原則がありますが、 給与支給日が20日、給与締切日が月末の場合、1日~月末までの給与を翌月の20日に支払う場合。(例えば11/1入社の社員に12/20に支払う)
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
    日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。