無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

給与のデジタル払い:未来の働き方を支える革新的な手法

デジタル給与とは?

デジタル給与とは、2023年4月1日に厚生労働省の労働基準法改正に伴い解禁された、新たな給与支払いの仕組み・制度のことです。給与を指定の銀行口座へ振込むのではなく、 デジタルマネー(○○ペイ等)で資金移動業者の口座へ給与を支払うことができるようになりました。つまり、PayPayやLINE Payで給与を受け取れるようになった、ということです。
 

日本ではデジタルマネーが遅れている!?

この制度が日本に導入された背景には、日本国内のデジタルマネー普及の遅れが大きな背景にあります。あまり知られていないですが、日本では世界的にもデジタルマネーの普及が遅れていると言われています。どれくらい遅れているかというと、各国のキャッシュレスの導入状況を比較すると一目瞭然です。
2021年のキャッシュレス比率
日本 ・・・32.5%
韓国 ・・・93.6%
中国 ・・・83%
シンガポール・・・60.4%
※出典:経済産業省「キャッシュレスの将来像に関する検討会」

この状況を受けて経済産業省は、将来的なキャッシュレス決済比率を2025年までに40%、将来的に世界最高水準の80%まで上昇させることを目標に、国は普及を推進しています。その為、デジタル給与を導入することでキャッシュレスを促進させていく事をねらっています。

 

デジタル給与のメリット

1、福利厚生の充実
給与をQRコード決済や電子マネーで受け取りたい。というニーズが一定数あるため、給与のデジタル払いを選択肢として用意することで、企業の重要な福利厚生の一つとなります。企業側にとっても人材採用力の強化につながると言えます。

2、従業員の利便性の向上
従業員自身にとっても、ライフスタイルに合わせてデジタルマネーで給与を受け取ることができるため、キャッシュレス決済利用時の利便性も向上します。

なお、業界によっては未だに日払い手渡しで従業員に給与を支払っている業界があります。日払い手渡しで支払う事により毎日会社の金庫に現金を保有しなければならず、封入作業や封入金額の確認等の作業工数も膨大に発生しております。このようなリスク・作業工数を抜本的に改善出来るのがデジタル給与でもあります。

 

デジタル給与のデメリット

1、給与支払いに関する業務量が増える可能性
現状の銀行口座への振込作業に加え、デジタルマネーの支払い方法が追加される為、その準備とシステム設定が必要となります。

2、上限設定(100万円)がある
従業員側では、資金移動業者の口座に上限が設けられており、給与額が100万円を超える場合は別の口座に自動的に移動される制約があります。さらに、厚生労働省の認可が下りた資金移動業者のみ利用できるため、希望のデジタルマネーが利用できない場合もあるかもしれません。

 

まとめ

デジタル給与はこれから日本が目指すデジタル社会の姿にも描かれており、将来的に普及が予想されています。給与処理の効率化や従業員の満足度向上など、多くの利点が期待され、新たな時代の給与支払い方法として私たちの生活に変化をもたらす可能性を秘めています。
制度としてスタートしたばかりであり、
まだ解決すべき課題もありますが、日本のデジタルマネーの普及促進やキャッシュレス社会の推進に向けて、私たちはすでに一歩を踏み出しているのかもしれません。

  • モチベーション・組織活性化
  • チームビルディング
  • 営業・接客・CS
  • その他

人材だけでなくサービス提供においても、常に「いかにリテンションできるか」を考えております。

・給与デジタル払いサービス『エニペイ』
・給与前払いサービス『前払いできるくん』 『前払いできるくんLITE』
の事業部を担当しております。人事制度・福利厚生にお役立ちできればと思っております。

山口武洋(ヤマグチタケヒロ) 株式会社Payment Technology 給与事業部 部長

山口武洋
対応エリア 全国
所在地 文京区本郷

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

仕事で大きなストレス抱えていませんか?見方を変え成長に繋げる

細木聡子(株式会社リノパートナーズ代表取締役/技術系ダイバーシティ経営コンサルタント/(公財)21世紀職業財団客員講師/中小企業診断士)

今回は、 「見方を変えて成長につなげる」 について一緒に考えていきたいと思います。   ┏━━━━━━━━━━━━━...

2024/04/10 ID:CA-0005274 部下育成