企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14899件   回答数31934

通勤手当と業務用交通費について

社員の通勤手当と業務用交通費について伺います。社員の最寄駅は、中野区の中野坂上駅で会社の最寄駅は千葉県市川市の本八幡駅です。通勤手当は、中野坂上駅(メトロ丸の内線)→四ツ谷駅(JR線)→お茶の水駅(JR線)→本八幡駅(JR総武線)の経路では6か月定期券は92,620円です。また、中野坂上駅(都営大江戸線)→新宿駅(都営新宿線)→本八幡駅(都営線)の経路では6か月定期券は68,800円です。会社の規程では、経費が安いほうを選択することが求められていますので、都営線の経路で購入すると23,820円がJR線より安くなり、月額に換算すると3970円安くなります。

ここで、日常的に発生する業務において、平井ショッピングセンター(以下「SC」とします。)、小岩SC、市川SCにそれぞれ一か月に8回程度外出いたします。その交通費は、平井駅往復(2640円)、小岩駅往復(2464円)、市川駅往復(2128円)で合計7232円(月額)となり、定期券を都営線で購入するとそのまま実費として7232円がかかります。しかし、定期券をJR線で買うと、平井駅・小岩駅・市川駅は通勤経路駅ですので交通費は不要になります。

よって、通勤手当は給与として支給、業務用交通費は交通費として支給と科目が異なること、また通勤手当は標準報酬月額に算入されますので社会保険料に反映され定期券が高いと本人に不利となります。定期券の差(3970円)と業務交通費(7232円)を比較すると、定期券が安い都営線の経路より、定期券は高いですがJR線経路のほうが、経費的にはJR線経路を選択したほうが良いと思われますが、規程どおり安価な都営線の定期券を購入すべきか教えて頂きたいと思います。

  • のり太さん
  • 千葉県
  • 不動産
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2018/07/10 17:33
  • ID:QA-0077698

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/07/10 20:48
  • ID:QA-0077714

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通勤手当については会社が任意に要件を定めて支給するものになります。

つまり、原則としては勿論規定内容の優先になりますが、当事案のように極めて特殊な例の場合ですと、任意性の高い手当であることからも余り厳格に規定内容にこだわる必要性はないものといえます。

従いまして、御社側でJR線経路を選択したほうが良いと判断されるようでしたら、そのような措置で特に差し支えないものといえます。但し、例外的措置としましてその理由を記録に残される等、念の為他の従業員との公平性への配慮はされておかれるべきといえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/07/11 09:35
  • ID:QA-0077721

人事・経営コンサルタント

判断

規定を厳格に運用するか、柔軟に運用するかの判断を貴社が行うことになります。よくもめることで手間がかかる裁量部分をなくすため、厳格運用にする場合が多いのですが、それも含め貴社判断でしょう。一律な適用であれば社員から文句が出てもはねられます。今後も予想を超える通勤手段の申請が来た場合も二重基準にならずに対処できるような取り決めにしておくのが良いかと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/07/11 10:42
  • ID:QA-0077723

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

経費削減のつもりが、社会保険料も変わる可能性があるのであれば、会社負担も上がってしまいます。

徒歩時間、乗り換え時間含め、通勤時間の差はどうなのか、また、日常業務は長期間継続するものかを総合的に勘案してよく本人にも確認した上で、決定すればよろしいでしょう。

ただし、JR経由が高いだけでなく、本人にとって毎日の通勤が不便であるということであれば、避けるべきといえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
通勤手当の支給基準変更について 不利益変更に当たるか?
ご教示ください。 当社では、自動車通勤者への交通費を最も経済的かつ合理的な通勤経路の交通機関を利用したものとして、その定期券代相当額を支給しております。 今回の消費税増税に伴う定期券代の増額に合わせ、個々の通勤経路を精査したところ、現在支給している通勤経路より短い距離の経路で通勤できる従業員が複数い...
交通費について
会社命令で研修に参加した職員に対し、研修会場までの交通費の支給をどのようにしたら良いでしょうか? 自宅から研修会場までの交通費?会社から研修会場までの交通費?全額支給?一部支給? 普段はマイカー通勤で交通費を月額で支給している職員です。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...