企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

試用期間について

現在、アルバイトに対して6ヶ月間の契約を結んでいますが、試用期間を設けて、その試用期間の満了を持って契約を解除する方法があるか教えていただきたいのです。
試用期間を1ヶ月としても、2ヶ月以上の契約であれば、解雇予告が必要になるので実質1ヶ月で契約を打ち切ることはできません。
当方で考えているのは、まず1ヶ月の契約を結び、勤務状況等に応じて再度契約を締結することを考えています。
この方法で問題はないでしょうか?また、何か良い方法があればご教示下さい。
よろしくお願いします。

投稿日:2007/02/28 11:14 ID:QA-0007669

*****さん
東京都/ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

試用期間と解雇予告制度の回避

■試用期間は本採用に先立ちその人の適性を見極めるためのものでです。ご質問のように、最初から「試用期間の満了を持って契約を解除する」ことを予定した労働契約は存在し得ないわけです。
■また、ご検討中の「まず1カ月の契約を結び、勤務状況等に応じて再度契約を締結する」というのは、「試用期間を設けない1カ月間のみの契約」と、その結果の評価に応じた「試用期間を設けない再契約」は一見別契約であっても、実質的には一体の契約と看做されるのは避けられません。
■唯一の合法的な方式は、観察期間が少々短くなりすが、14日を超えない試用期間を設け、それまでに、引き続き雇用するかどうかの判断を行うことよって、労基法20条の解雇予告制度の適用除外を活用することだと思います。然し、解雇予告制度の適用を避けられる代償として超短期間内に本採用の有無を決めなければならないリスクを伴います。

投稿日:2007/03/01 12:06 ID:QA-0007687

相談者より

いつも的確な回答ありがとうございます。
一点だけ教えて下さい。
2段階での契約「従来の試用期間にあたる1カ月間のみの契約」と「本採用決定後の契約(これは6ヶ月間の有期契約を予定しています)」は一体の契約と看做されるとのことですが、その場合のリスクはどのようなもことがありますでしょうか。

投稿日:2007/03/01 12:24 ID:QA-0033097大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

試用期間と解雇予告制度の回避 P2

■両契約が一体の契約と看做されると、一番目の契約は、二番目の契約締結の条件、つまり実質的な試用期間条項と看做されるということです。一番目の契約の円満な終了後、「本採用契約」に至らなければ、労基法20条の解雇予告手当の支払リスクが発生するということです。

投稿日:2007/03/01 13:40 ID:QA-0007689

相談者より

ありがとうございました。たいへん参考になりました。再度検討してみます。

投稿日:2007/03/01 13:47 ID:QA-0033098大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約期間と試用期間の関係
いつもお世話になります。 期間の定めのある契約社員の、 試用期間の設定に関しまして質問です。 契約期間3ヶ月(毎の更新)に対し、 試用期間が、3ヶ月とか6ヶ月というのはありえるでしょうか。 3ヶ月だと、最初の契約期間が全て試用期間となってしまいます。 この試用期間中の労働条件は試用期間終了後とは...
試用期間について
いつも参考にさせていただいております。 早速ですが、試用期間について教えてください。 当社では試用期間を設けていますが、試用期間後の本契約を 上長が忘れてしまうことがあり、未契約の状況が発生するこ とがあります。会社にとっては大きなリスクのため、試用期 間を無くすことも考えていますが、試用期間を無く...
労働契約書の賃金額の記載について
賃金が試用期間中は時給、試用期間後は月給となる場合 労働契約書の賃金欄は試用期間中の時給額を記載するだけで良いのでしょうか? それとも、試用期間中と試用期間後の金額を両方明記するのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
製造業派遣の2009年問題
現在、労働者派遣法で定められている製造業への労働者派遣の契約期間は最長で3年。2009年中には、この派遣労働者の契約が多くの製造現場でいっせいに期限切れを迎えます。2008年後半からの経済不況とも相まって、派遣労働者の雇用の不安定化が進むなど、さまざまな混乱が予想されます。
改正労働契約法
「改正労働契約法」とは、平成24年8月10日に公布され、同25年4月1日から施行された「労働契約法の一部を改正する法律」のことです。本改正法では、あらかじめ働く期間に定めを設ける有期労働契約の適正な利用を促し、有期雇用で働く人を保護するためのルールを新しく整備しました。有期労働契約の更新がくり返さ...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...