企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ



あの仕事の「ヒト」と「カネ」 バックナンバー一覧

あまり実情が知られていない仕事をピックアップし、やりがいや収入、その仕事に就く方法などを、エピソードとともに紹介します。


81件中 120件を表示

【チャイルド・ライフ・スペシャリスト】
病気なんか怖くない! 闘う子どもに前を向く元気を――。
家族のあたたかい思い出づくりを支えるスペシャリスト
子どもが子どもらしく、いつも前向きに生きられるように――。 病児やその家族を支える「チャイルド・ライフ・スペシャリスト」 [2017/10/31]
【裁判官】
常に謙虚に学び、自身の良心に従って判断
憲法で独立性が保証されている孤高の仕事
自らの判断によって人々の生活を左右する重責を負う裁判官。 一人前になるまでの厳しい道のりとやりがいとは [2017/09/22]
【絵画修復士】
挑むのはかけがえのない人類の“遺産”
名画の輝きをいまによみがえらせ、命をつなぐ驚異の技とは
かけがえのない人類の遺産を守るプロフェッショナル 「絵画修復士」の仕事にクローズアップ! [2017/08/30]
【潜水士】
映画「海猿」で有名になった水の中の何でも屋
チームワークを軸に安全で確実な業務を目指す
常に危険と隣り合わせの「潜水士」の仕事。困難な水中での作業に挑むプロフェッショナルにクローズアップ。 [2017/07/31]
【調香師】
消臭・防臭ばかりじゃ味気ない
香りを創り、香りで人と社会を幸せにするスペシャリストとは
近年、急速に広まった「スメハラ」という言葉に象徴されるように、現代人は香りに敏感。生活に密着したあらゆる「匂い」の仕掛け人、「調香師」の仕事とは? [2017/06/30]
【学芸員】
「観光立国」への機運高まる中
貴重な文化遺産を後世に伝え、その魅力を広く発信
国が推進する「文化財の観光活用」に関し、ある大臣が、それを妨げる存在として「一番のがんは学芸員」と発言。世論の猛反発を浴びたのは記憶に新しい。担当分野の専門的知識を持ち、資料の収集・保管・展示を行うプロフェッショナル。その仕事の実態とは――。 [2017/05/25]
【大使】
国益を左右する外交の最前線で
リーダーシップを発揮する、グローバル人材の理想像
多くの要人と交流する機会が多く、華やかなイメージで語られる外交のプロフェッショナル「大使」。しかし、任地での一挙手一投足が、自国の行く末を左右するといっても過言ではなく、その重責ははかり知れない。華やかさの陰に危険や困難も伴う、その仕事とは――。 [2017/04/26]
【エンバーマー】
生前の自然な姿で、最期の別れを心ゆくまで
遺体の尊厳を守り、遺族の悲しみをケア
置で衛生的に長期保全する技術のスペシャリスト、「エンバーマー」。火葬の国である日本で、骨と灰だけになってしまう遺体をなぜわざわざ美しく保つ必要があるのか。「エンバーマー」という仕事の意義とは――。 [2017/03/30]
【振付師】
アイドルやアーティストの“原石”の魅力に磨きをかける
ダンスを極めた身体表現のエキスパート
リオ五輪閉会式の印象的な演出で、一躍注目を集めることとなった「振付師」という仕事。印象的な動きを考えるだけでなく、最近では人材を育て、ステージや作品全体をまとめ上げる役割へと、その存在が大きくなっている。かつては表に出ることのなかった「振付師」、その... [2017/02/24]
【電車運転士】
男の子なら誰もが一度は憧れる運転席
鉄道ブーム、ローカル線ブームで人気再燃か
正確性、安全性を誇る日本の鉄道。その信頼を日々の運転で支えているのが、子供達の憧れ「電車運転士」だ。憧れをずっと持ち続け、高い技術と使命感にまで極めたプロフェッショナル「電車運転士」の仕事とは――。 [2017/01/20]
【照明デザイナー】
ライトアップやイルミネーションを設計・デザイン
光の魔法で街を、人を、社会を照らす
今や冬の風物詩となったクリスマスイルミネーション。光は空間を明るく、美しく彩ると同時に、人の気持ちを鎮静させたり、逆に高揚させたりする心理的な効果も高い。そんな光を効果的に配置して空間を演出する、建物や都市空間だけでなく、人の心も照らす光のプロフェッ... [2016/12/19]
【機能訓練指導員】
お年寄りの笑顔を、自らの喜びに
老いと向き合った瞬間から始まる新しい成長をサポート
人材不足が深刻な介護業界だが、介護の現場では、高齢者をただ受け入れて面倒を見るだけでなく、もっと元気にしようというポジティブな動きも広がっている。国も推奨する“介護予防”のキーパーソンとして期待されている「機能訓練指導員」とは――。 [2016/11/24]
【舞妓】
芸妓になるための修業中の身分
給料なし、恋愛禁止で芸に打ち込むお座敷の華
京都のシンボルとして、いまや海外にも広く知られている可憐な「舞妓はん」。一人前の芸妓になるための修業中の身分である舞妓は、人気や知名度の高さとは裏腹に、実物の姿を目にする機会は少ない。おもてなしの心と技を極めるその日々とは――。 [2016/10/21]
【歯科技工士】
患者一人ひとりの“口福”のために
歯の健康後進国・日本を支える縁の下の力持ち
人間の歯は一度傷ついたり、失われたりすると骨とは違いもとには戻らない。虫歯などで失った歯を補う被せ物や義歯などを、歯科医師らがとった歯形や指示書に従って作成し、加工、修理を行う陰のスペシャリスト「歯科技工士」。その仕事とは――。 [2016/09/20]
【とび職人】
ダボダボのズボンにも職人の知恵が
高い所から工事の安全と成功を支える建設技能者
命の危険と常に隣り合わせの現場へ真っ先に乗り込み、他の職人や大工のために足場を築く「とび職人」。地上数百メートルの高所でも華麗かつ繊細に動き回る彼らの技術がなければ、あらゆる建設工事は先へ進まない。現場の華「とび職人」の仕事とは――。 [2016/08/25]
【トイデザイナー】
たかがおもちゃ、されどおもちゃ
子供だましでは生き残れない業界のキーパーソン
カプセルトイをはじめ、驚くほど精巧な模型やフィギュア、ゲーム、ハイテク玩具など、今やオトナ心までひきつけてやまない「おもちゃ」。遊び心万歳、しかも安心安全な玩具たちは、どのようにして創られるのだろうか。カギを握る「トイデザイナー」の仕事とは――。 [2016/07/26]
【アクチュアリー】
保険や年金から経営管理まで多岐にわたる活動分野
確率・統計で将来を測り、リスクに備える
日本では一般的にあまりなじみのない、しかし海外では国際的な専門職として高い評価を受けている職業、「アクチュアリー」。確率・統計などの手法を用いて不確定な事象を扱う保険数理・年金数理のプロフェッショナル、その仕事とは――。 [2016/06/30]
【測量士】
あらゆる土木・建設工事は測量からスタート
測ることでいのちを守り、くらしを支える
社会資本の整備などに欠かせないが、あまりに基礎的なため、その存在は目立たず、広く一般に認識されていない。いわば縁の下の、そのもうひとつ下の力持ち――それが「測量士」。街中でときどき見かける「何かを測っている人たち」の、知られざる仕事ぶりとは。 [2016/05/30]
【猟師】
生き物の生命と真正面から向き合う“絶滅危惧種”
獣害に立ち向かい、農山村を救う切り札に
狩猟をテーマにしたコミックがヒットし、“狩りガール”がマスコミをにぎわせている。そんな“狩猟ブーム”の一方で、野生のシカやイノシシは増えつづけ、深刻な獣害の拡大には一向に歯止めがかからない。捕獲の担い手であるはずの猟師が高齢化し、激減する中で、改めて... [2016/04/22]
【ローディー】
すべては最高のライブを創り上げるため
アーティストを支える裏方の要
ライブイベントがかつてないほど盛り上がっている。その“生”の音楽文化を、楽器や機材に関する高度な知識とスキルで支える縁の下の力持ち――「ローディー」。華やかなステージのすぐそばの暗がりに、黒ずくめの服装で身を潜める彼らもまた、一期一会のライブを創り上... [2016/03/31]


会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...