企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【弁理士】
被害者にも加害者にもならないために
知的財産のプロフェッショナル

弁護士、税理士、行政書士など、世の中には“士業”と呼ばれるさまざまな職業があるが、「弁理士」もその一つ。技術やアイデアを発明・考案した個人・企業の権利を守るために存在する「知的財産」に関する専門家だ。知的財産を保障する知的財産基本法は、2002年に日本で制定された。知的財産とは一体何なのだろうか。弁理士は何を守っているのだろうか。

知的財産権は「何を保護するか」で種類が変わる

弁理士は知的財産に関するエキスパート

知的財産権には、特許権や著作権、意匠権、商標権などのようにいくつかの種類がある。保護の対象になるもののほか、存続期間、登録必要性の有無、登録までの期間や費用などがそれぞれで異なる。知的財産権には、大きく分けて「産業財産権」と「著作権」とがある。著作権は登録が不要で、著作物が完成した時点で自動的に権利が発生するのが特長だ。

産業財産権は、「知財四権」と呼ばれる「特許権」「実用新案権」「意匠権」「商標権」に分けられる。「特許権」は、発明した技術を保護する権利だ。出願から20年間は権利が存続し、登録にかかる費用は合計70万円以上と、最も高額な費用がかかるカテゴリーだ。

「実用新案権」は、物品の形状、構造または組み合わせに係る考案を保護するための権利。簡単に言うと、特許とまではいかない身近な発明のことだ。例えば「立つおたま」や「ペットボトルのキャップ」など、生活用品が対象になることが多い。

「意匠権」は、製品や商品の特長的なデザインについて独占権を認める権利だ。かつて、本田技研工業は「スーパーカブ」というオートバイのデザインについて意匠権を取得し、模倣製品を製造・販売した企業を相手取った意匠権侵害の訴訟で勝訴している。

最後の「商標権」は、ネーミングを保護するもの。例えば、腕時計「G-SHOCK」を有するカシオ計算機は、類似の商品が生まれることを避けるため、「A-SHOCK」から「Z-SHOCK」まで、全てを商標登録しているのは有名な話だ。

このように知的財産権には種類があり、ルールもそれぞれ違うため、知らぬ間に被害者になることもあれば、加害者になることもある。知的財産権は「まねされたくないもの」を登録するのが一般的だが、誰かが自分より先に登録していれば、以降は自由に使えなくなる可能性がある。仮に特許権を侵害した場合には、10年以下の懲役、もしくは1,000万円以下の罰金に処される恐れがある。弁理士はクライアントの知的財産を守るため、そして知らぬ間に権利を侵害するリスクを防ぐための心強い味方なのだ。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 情報サービス・インターネット関連 2020/03/10

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

あの仕事の「ヒト」と「カネ」のバックナンバー

【視能訓練士】世界中で視力低下が止まらない 患者のQOLに向き合う目の検査のエキスパート
患者のQOLに向き合う目の検査のエキスパート。視能訓練士のお仕事や収入は?
2019/12/03掲載
【消費生活相談員】ネットトラブルで泣き寝入りさせない 消費生活領域に精通した消費者のミカタ
消費に関するさまざまなトラブルを解決に導く、心強い味方。消費生活相談員のお仕事や収入は?
2019/10/31掲載
【臭気判定士】目に見えない「匂い」の元を探せ!QOLを下げる悪臭に向き合う戦士
平成15年度には全国で約24,000件あった悪臭に関する苦情が、現在はほぼ半減している。「悪臭防止法」にもとづく環境省の啓蒙と施策が功を奏したと言えるが、その悪...
2019/09/30掲載

関連する記事

コンプライアンス対策導入の注意点
コンプライアンス対策導入の注意点を解説。コンプライアンス対策の基本的なスタンスやコンプライアンス対策の際の外部ブレーンの活用法、継続的なコンプライアンス体制の維...
2013/03/22掲載よくわかる講座

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...