企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15746件   回答数34225

勤務医への退職金規定について

はじめまして。医療法人で人事・労務管理を行っている者です。

この度、法人内で勤務医向けに生命保険を活用した退職金制度の導入を検討しております。

当制度の導入によって、既に設けている退職金規定よりも退職金の支給額は超過となりますが
法律上、その点は問題無いでしょうか。

また、規定より超過する退職金に対しても法人としては損金として経理処理しても差し支えないでしょうか。

元々、退職金自体は法律上の定めは無いものと把握しております。
法人としては病院への功労者である先生に恩給として支給してあげたいのですが、法律上問題が発生するならばその支給方法も考えねばならないと思い質問させていただきました。
どうぞ、宜しくお願い致します。

  • 横山さん
  • 大阪府
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2018/02/23 10:06
  • ID:QA-0075069
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/02/23 11:03
  • ID:QA-0075078

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、現行の就業規則(退職金規程も含みます)の内容を超える制度であっても、労働者にとって有利な措置であれば、新たに導入されても人事労務管理上問題とはなりません。

従いまして、当該退職金の制度導入につきましても差し支えございません。但し、制度化される以上は就業規則においてきちんと定めを置かれることが必要になります。

また、税法上の退職金取扱いにつきましても、生命保険会社又は信託会社から受ける退職一時金なども退職所得とみなされますので損金扱いで問題ないものといえるでしょう。

  • 投稿日:2018/02/23 12:36
  • 相談者の評価:大変参考になった

非常にクリアになりました。
誠に有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/02/23 11:06
  • ID:QA-0075079

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

退職金規程以上の退職金額の支給

労働法面と税法面でお答えします。

就業規則で届け出ている退職金規程以上の額を支給すること自体は、労働法上、問題にはなりません。ただし、今後は、その支給額自体が実態的な退職金規程として社内的に位置づけられ、事業主の負担が増える可能性があります。

税法上、従業員の退職金規程で定められた金額であれば、損金算入できます。なお、役員退職金であれば、不相応に高額でないという条件が付きます。
規程額以上を支給した場合に、超えた額も損金算入できるかどうかは難しい問題です。
・退職金規程自体に功労加算に関する規定の有無
・超えた額も含めた額と同業・同規模の平均支給額との関係
・支給を受けた従業員の在職時の貢献
・超えた額の算定基準、支給対象者が明確化されているか
等の要件を加味して、損金算入の可否が判断されることになると思われます。
税務署によっては、ただちに節税対策と判断するリスクもあります。

よって、こうした煩雑さやリスクを回避するために、早急に生命保険も含めた額を規程化するのが望まれます。

  • 投稿日:2018/02/23 12:36
  • 相談者の評価:大変参考になった

非常にクリアになりました。
誠に有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
定年退職時の退職金
お世話になります。 定年退職時の退職金支給について質問させてください。 退職金規定支給表に自己都合、会社都合がある場合、定年退職の場合は会社都合支給でよろしいのでしょうか? 
退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ホワイト500
「ホワイト500」とは、経済産業省が2016年に創設した認定制度「健康経営優良法人」のうち、規模の大きい企業や医療法人を対象とした大規模法人部門の認定法人を指す愛称です。同制度は、特に優良な健康経営を実践している企業や団体を、大規模法人部門と中小規模法人部門の2部門に区分して顕彰する制度。大規模法人...
健康経営優良法人
健康経営優良法人認定制度とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実行する「健康経営」について、特に優良な企業などを顕彰する制度です。2015年から始まった「健康経営銘柄」に続き、2017年から始まりました。規模の大きい企業を対象とする「大規模法人部門」と、中小規模の企業を対象とする「中小...
ジョブ・リターン制度
結婚・出産・介護などを理由に退職した社員を、本人の希望により再雇用する制度。働く側はキャリアを活かして復職、企業側は即戦力の確保と労使双方に大きなメリットがあります。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事業戦略を支える人事の挑戦 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...