企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14821件   回答数31698

退職慰労旅行を廃止するときに注意すべきことは何でしょうか

当社には、定年退職する予定の従業員が会社負担で国内旅行ができるという規程があります。
いくつかのコースから選択できるのですが、勤続年数によりその選択可能コースが変わるルールです。
旅費宿泊費は旅行券で支給しており、それ以外に1日に定額(数千円)の支給もあります。

しかしながら本規程は東日本大震災後、業績悪化で実質運用が停止している状態です。

私は最近転職してきたばかりなのでよくわからない部分もあるのですが、
運用停止について、規程の変更や労働組合の正式な同意は得ていないのではないかと思われます。

そんな中、この規程自体を見直そうという動きがあるのですが、
---------------------------------------------------------------
①もし本規程を廃止する場合、
 この変更は不利益変更に該当するのでしょうか。

②また、震災後の停止期間中の対象者に対して、
 会社として未払賃金を負っていることになるのでしょうか。

③この場合、会社としてどのような対応が妥当なのでしょうか。
---------------------------------------------------------------

この分野に関しては全く知識がないため、是非教えて頂ければ幸いです。

  • SP_8さん
  • 東京都
  • コンサルタント・シンクタンク
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/12/08 10:56
  • ID:QA-0073900

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/08 11:19
  • ID:QA-0073901

オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問について各々回答させて頂きますと‥

①:広義での不利益変更には該当しますが、いわゆる福利厚生的な施策になりますので真摯に事情を説明された上での変更であれば労働者の個別同意を得る必要まではないものといえるでしょう。

②:福利厚生的な施策であり未払賃金には該当しないものといえます。但し、規程を変更されていな同意も得ていないというのは不手際ですので、旅行が実施不可という事であれば①と同様に事情を真摯に説明されるべきです。

③:①②で述べた通り事情説明の上、規定変更をされる事で対応すればよいでしょう。

  • 投稿日:2017/12/08 11:37
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/08 12:30
  • ID:QA-0073904

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

退職慰労旅行の停止・廃止

本制度は、福利厚生ではありますが、おそらく社員には広く周知されていると思われますので、労働条件にあたると考えます。
制度の停止・廃止は当然、不利益変更に該当します。

ただし、不利益な変更であっても、変更の正当性・妥当性、不利益の程度の、十分な労使間の説明等があれば、変更が可能です。

停止して5年以上経過しているはずですが、旅行券を受け取ることなく退職した方にどのように説明しているかは調査しておく必要があると思われます。「業績回復時には遡って支給する」ことになっているかもしれません。そうであれば債務を負っていることになります。
 そういった口約束がなく、単に「今年度から支給しないこととした」という説明で済んでいるのであれば、事業主としては特に債務を負っているとはいえないでしょう。

本制度は従業員の長期勤続を促し、かつ長期勤続者を顕彰する制度であり、人材確保が困難な時代であることから、金額を少なくしたとしても、制度の存続が望ましいと考えられます。

税務上は、定年退職旅行券に対する税務は明確ではありませんが、永年勤続表彰の税務と同等とみなすことも可能と思われます。よって、非課税で旅行券を支給されていたと思われます。復活される際は、税務上、福利厚生となるのは給与となるのかも税務署に確認するのがよろしいと思います。

  • 投稿日:2017/12/08 13:54
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。参考になりました。
口頭で約束したかどうかや税務上の観点も踏まえて確認致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/08 13:46
  • ID:QA-0073906

代表者

無条件に不利益変更とは云い難く、廃止方向が妥当

① 本規程自体は、企業の任意事項ですが、その廃止事由を問わなければ。機械的には、不利益変更ということになるでしょう。但し、大震災による急激な業績悪化、制度そのものの意義の相対的低下等を考えれば、見直し、廃止が、無条件に不利益変更と断ずる訳にはいかないでしょう。
② 未払賃金(賃金債務)という表現は、兎も角、就業規則上の定めに関する不履行の状況にあることは事実でしょう。
③ 「妥当な対応」は(労使間の協議を含め)会社ご自身でお決めになることです。外野席の弊職としては、高齢者雇用との垣根の縮小、何よりも、本制度の意義の低下に鑑み、廃止方向が妥当だと思っています。

  • 投稿日:2017/12/08 14:11
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
頂いたご意見を参考にさせて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
退職年金規程の廃止及び退職金規程の制定について
いつも勉強させて頂いております。 表題の件につき、教えて頂きたく投稿致しました。 私が今の会社に入社する前に、会社の退職金制度は、適格退職年金から中退共へすでに移行していたのですが、社内の規程は適格退職年金時の退職年金規程のままであること最近判明しました(従業員の同意は、移行当時得ています) ...
反社会的勢力対策規程とリスク管理規程
反社会的勢力対策規程とリスク管理規程の作成をしたいのですが、どこかにサンプルとなる規程等があれば教えていただけないでしょうか。 宜しくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
ホームリーブ
「ホームリーブ」(Home Leave)とは、出向や転勤により本国を離れ、日本国内で長期間勤務する外国人社員が、休暇などのために一時帰国することをいいます。ホームリーブにかかる諸費用を使用者が負担した場合、一定の要件を満たしていれば、その費用に関する税務上の取り扱いについては給与所得とはせず、所得税...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 研修費ゼロの人材育成
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...