企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12139件   回答数25134

会社行事の一部個人負担について

初めてご相談させていただきます。
毎年、会社行事として、一泊二日の合宿があります。内容は、今年一年の方針をみんなで考えて方向性を合わせる内容となっております。業務に直接関わりますので企画そのものは良いと思っております。
ただ、その費用の一部を個人負担とする事となりましたので、法的な問題がないか気になりました。強制ではないとしながらも、合宿の内容からして、半ば強制的で余程の理由がなければ参加することが当然という扱いとなっております。
会社主催の合宿のため、費用は全額会社負担、一部でも個人負担があれば強制力はなく、強制的に参加させようとするのは不適切な対応と考えておりますがいかがでしょうか?

  • enufufuさん
  • 北海道
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2017/11/09 04:22
  • ID:QA-0073370

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/11/09 12:10
  • ID:QA-0073377

代表者

百パーセント「業務命令」「費用会社負担」で進められるべき

▼ 明らかに、「必須の会社業務上のニーズに基づいた行事」と会社自身がシッカリ認識されているのであれば、「半ば強制」とか、「一部個人負担」などといった、些細な発想はズッパリ捨て、百パーセント「業務命令」、百パーセント「費用会社負担」で進められるべきです。
▼ この基本認識がふらつく様なら、「些細で、非生産的なつまらない議論」を誘発するだけで、実際に、身の入った合宿効果など期待できないと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/11/09 12:57
  • ID:QA-0073379

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

個人負担の内容・金額等詳細にもよりますが、
従業員に納得のいく説明をするか、
レクリエーション的要素がなく、実質強制であれば、会社負担とすべきでしょう。

また、全て会社負担としないのであれば、自由参加にすべきです。このことが即、法的問題があるというわけではありませんが、、従業員に不信感が生じたり、いらぬトラブルは、回避すべきでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/11/09 20:17
  • ID:QA-0073405

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面を拝見する限り業務との関連性は強く、おっしゃる通り半ば強制参加に当たる行事であるものと思われます。

従いまして、このような内容の会社行事につきましては全額会社が費用負担とされる事に加えまして、労働時間扱いとして賃金支払いもきちんと行うのが妥当といえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/11/09 21:13
  • ID:QA-0073410

人事・経営コンサルタント

業務

>今年一年の方針をみんなで考えて方向性を合わせる内容
>業務に直接関わる
これだけそろっていれば有志の自主参加ではなく業務の一環としか考えられません。「半ば強制的」という部分含め、申し立てられれば恐らく会社側が不利になると思います。
全員参加の業務とし、費用負担、給与支給も当然行うべきと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職中の社保料
お世話になっております。以下質問です。 休職中の社員がおります。 社保料の会社負担分を払い続けていますが、会社負担分がひとつのネックとなり退職してもらう事になりそうです(会社負担分だけが理由ではないですが) 休職中の社員が納得すれば、今後の会社負担分を本人負担としたいと思いますが、問題ありますでし...
教育訓練の費用負担について
社員の教育訓練について、会社が社員に対し強制的に受講させるものと、任意で受講させるものの費用負担は 強制=会社全額負担、任意=個人負担と、明確にすべきでしょうか? また、会社が強制的に受講をさせ、全額本人負担となった場合の金額上限や受講拒否等の法的な拘束は あるのでしょうか? お願いします。
会社から貸与された携帯の使用料の個人負担。
外出時、緊急時の連絡用に会社から携帯電話を貸与されています。 が、月の上限使用料があり、それを超えると個人にて負担させらています。 会社の通信費を個人が負担するって何か納得がいかないのですが、いかがなものでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...