企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12841件   回答数26782

みなし残業の欠勤控除について

いつもお世話になっております。

掲題の件について、計算方法を教えていただきたく
質問させていただきました。

現在、休職中の社員がいますが
残業代込みの給与で支給していました。
9月は有給10.5日、欠勤9.5日にて給与計算をするのですが
計算方法が合っているか、確認させてください。

■総支給額
 基本給21万+資格手当1万+役職手当3万+職能手当2万=27万

■所定労働日数は20日、所定労働時間は160H、固定残業時間30H

 27万÷197.5H(160H+30H×1.25)=@1,367/H(時間単価)

 @1,367/H×37.5H=51,263(30H分の残業代)
 27万-51,263=218,737(所定労働時間分)
 218,737÷20日=@10,936.85/日

単価は、このようにして計算しました。
ここまでの計算が違いましたら、ご指示願います。

また、今回は有給10.5日分を支給となりますが

①単純に@10,937×10.5日を支給すればよろしいのでしょうか?
②固定残業代部分についても日割りで計算するのでしょうか?
③これとは別に扶養手当2万円も支給していますが、こちらも日割り計算でしょうか?

質問が多くて申し訳ないのですが、ご回答よろしくお願いします。

 

 

  • るかごんさん
  • 福岡県
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2017/10/16 14:49
  • ID:QA-0072953

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/16 23:09
  • ID:QA-0072959

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件について、計算方法としましては問題無いでしょうが、30H分の固定残業代(51,263円)につきましては給与明細で明確に区分されて分かるように記載されていなければなりませんので、注意が必要です。

そして、ご質問の件につきましては、

①② 実際には1日も勤務されていませんので、固定残業代は日割りで支給されなくても差し支えないものと考えられます。従いまして、ご認識の通りです。

③ 法令上取扱いの定めまではございませんが、労務提供に関係なく決まって毎月支給される手当といえますので、原則として控除せず全額支給されるのが妥当と考えられます。

  • 投稿日:2017/10/17 16:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

給与明細については、表記してなかったので次回より記載したいと思います。

もう一点、教えていただきたいのですが
有給を消化したので、来月はすべて欠勤になります。
その場合、扶養手当についても支給なしでよろしいのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/17 22:15
  • ID:QA-0072968

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「有給を消化したので、来月はすべて欠勤になります。
その場合、扶養手当についても支給なしでよろしいのでしょうか?」
― 有休無の全て欠勤であれば、本来の休職扱いとしまして扶養手当も含め全て支給無で差し支えございません。

  • 投稿日:2017/10/18 13:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
そのように処理したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
残業時間の計算方法
お世話になっています。 残業時間の計算方法について質問します。 弊社では残業時間の計算を以下のように行っております。 「月のトータルの労働時間がその月の所定労働時間を上回っていれば、その上回った時間を残業時間とする。」 日々ではなく、月のトータルで計算しているという事ですが、問題ありますでしょう...
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
月の残業の考え方
月の残業の計算方法ですが、 1ヶ月の総労働時間数-(計算期間(1ヶ月)の総暦日数/7)×40 と聞いたのですが普通に残業時間を数えるのではダメなのでしょうか? 当社36協定にて特別条項が月残業80Hまでと定めています。 その80Hをこえるかこえないかの計算をするために、生の残業時間なのか上記の...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「残業手当」100%支給にこだわる求職者
    裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多くあります。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてくるようになりました。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目立つといいますが、その理由とは――。
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...