企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12859件   回答数26823

事業所新設時の届出について

新規事業所(工場/事務所併設)を建築中です。事業所の従業員数は、正社員、パート、派遣等含め当初30名程度でスタートする予定です。その後、工場の拡張工事を計画しており、最終的には従業員100名程度の規模になる計画です。
新事業所では、製造部門責任者、製造担当社員、営業担当社員、事務社員と工場内でパート、派遣の方が勤務する予定です。設立後の人員採用については、正社員採用は本社(新規事業所とは別県)管轄で、パート、派遣の採用、受入は新事業所勤務の社員が対応していく形を想定しております。
なお、弊社は金属製品の開発、製造、販売メーカーで、新規事業所は、延床面積約4,500㎡となります。

新規事業所の操業開始にあたり、必要な届出と挨拶まわり等やっておくべきことをご教示ください。
よろしくお願い致します。

  • 投稿日:2017/09/15 11:37
  • ID:QA-0072536

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/09/15 23:01
  • ID:QA-0072543

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご質問内容が広範に及びますので、大まかな人事労務管理に関わる届出についてのみ記載させて頂きますと、

・労働基準監督署へ提出‥ 適用事業報告書、労働保険保険関係成立届、労働保険概算保険料申告書、就業規則、36協定
・ハローワークへ提出‥ 雇用保険適用事業所設置届、雇用保険被保険者資格取得届
・年金事務所へ提出‥ 健康保険・厚生年金保険新規適用事業所届、健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届

尚、手続きの詳細に関しましては、各々の提出先でご確認下さい。

挨拶回り等については、慣例的な事柄であって法的に義務付けられたものではございませんので、地域の経営者団体にご確認されることをお勧めいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
事業者とは?(2)
労働安全衛生法は、労働基準法から分離独立したものですので、基準法の使用者と同じように、事業者についても、事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項(安全衛生)について、事業主のために行為するもので、権限が与えられている者と定義して、事業者とは、事業場の長となる?事業者が事業主の時は...
適用事業所
当社では、本社以外に10営業所があります。 いずれも5人ほどの規模です。 現在、本社のみ雇用・労災保険の適用事業所として届出しています。 本社以外は、いずれも5人ほどですが、すべての事業所を届出するものなのでしょうか。 また、36協定等もすべての事業所で届出なければいかないのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー 人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...