企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12131件   回答数25117

管理職55歳以降の賞与減額は違法ですか?

弊社では55歳以降の管理職は2年毎に賞与を55歳時点の75%、70%、65%と減額としています。
定年退職は60歳で定年まで仕事の変更はなく同じ仕事で定年退職となります。
またこのことは就業規則にもどこにも規程はありません。
管理職の賞与のため不利益変更とは考えておりませんでしたが、やはり不利益変更となり違法性が懸念されます。いかがでしょうか?

  • 平成の坂本さん
  • 茨城県
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2017/07/14 11:45
  • ID:QA-0071550

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/07/14 13:19
  • ID:QA-0071552

代表者

一概に違法性ありとは言えないが、就業規則への明記は最低限措置

▼ 係争になれば話は別ですが、法規自体が、賞与の支給基準を定めている訳ではないので、一概に「違法性あり」ということにはなりません。
▼ ただ、「不利益変更」であるの確かですが、それが許容される合理的理由と就業規則(賞与規程などを含む)に明記しておくことが、要らざる不満、係争を避けるための最低限措置です。

  • 投稿日:2017/07/14 13:36
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答、ありがとうございます。         係争になれば話は別とのご回答ですがその場合はどうなるということでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/07/14 13:30
  • ID:QA-0071553

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、御社賞与規定及び支給実態の内容次第という事になります。

仮に賞与規定におきまして、賞与に関し保証された支給額がなく、実務上も文面のような減額措置が通常行われているという事でしたら、元来賞与については変動給の性格を有することから減額措置が直ちに違法とはならないものといえます。

これに対し、一定必ず支給される賞与額の定めがあれば、これを年齢によって減額する措置については労働条件の不利益変更に該当しますので、労働者の個別同意を得て行うことが必要となります。

従いまして、御社賞与規定内容の詳細についてご確認された上で対応されるべきといえます。

  • 投稿日:2017/07/14 14:44
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答、ありがとうございます。
賞与規程はなく、業績による変動はありますが、
その業績変動に加えてさらに年齢での減額を行っております。この場合、不利益変更となるでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/07/14 20:04
  • ID:QA-0071559

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事頂き有難うございます。

「賞与規程はなく、業績による変動はありますが、その業績変動に加えてさらに年齢での減額を行っております。この場合、不利益変更となるでしょうか?」
― 賞与を毎年支給されている実態があるにもかかわらず、賞与に関する規定が全く無いということであれば、減額を正当化する根拠が無いだけでなく、就業規則の必要事項記載義務を果たしていない違法措置となります。
 つまり不利益変更有無の判断以前の問題としまして、このままでは会社が労働基準法違反を問われることになりますので、早急に現状を踏まえ労使間で真摯に協議を行い賞与規定を整備される事が不可欠です。会社側による規定不備である以上、労働者側の個別同意を得た上で定められるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2017/07/18 09:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/07/15 10:25
  • ID:QA-0071560

代表者

「係争になれば話は別」とは、係争で白黒決着が付いていれば悩みは不要という意味

法規自体が支給基準を決めていれば白黒は一発で分かり、ご相談の様な懸念は不要です。然し、法はそこまで決めていないから、係争で決着をつける訳です。「係争になれば話は別」と言ったのは、係争で決着すれば、最早、「違法性あり」云々で悩む必要はないという意味です。枕詞みたいなもので、さらりと読めば、スゥーとご理解頂けると思いますが・・・・。

  • 投稿日:2017/07/18 09:09
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
管理職の給与減額は不利益変更
基本給の減額は労働条件の不利益変更となりますが、管理職の基本給についてもの同様と考えるのでしょうか。アドバイスをお願いします。
賞与支給日の変更について
いつもお世話になっております。 弊社では賞与の支給日の変更を検討しています。 理由は評価期間が短く、現場に負荷がかかっていることが想定されるためです。 よって、現在6月10日・12月10日(就業規則では6月・12月と月だけ提示)に 支給しているのを 6月25日・12月25日もしくは、7月10日・1...
就業規則の変更届について
いつもお世話になっております。 このたび就業規則を大幅に変更することになりました。条文の入れ替えもあり、詳細に変更点を挙げると煩雑になってしまいます。 この場合、変更届ではなく、新規の届として提出することは可能でしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...