企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12431件   回答数25793

新規採用前の助成金について

 昨今、人手不足が言われておりますが、我が業界においても例外なく、深刻な人手不足に悩んでおります。特に新規就労者を確保するのは至難の業であります。
 当該地区の行政においてもいろいろと手段を講じており、当業界に就労するにあたっての各種資格取得が図られるよう、研修後に業界への就業を2ヵ年継続することを前提に、給付金を支給しながら研修する場を設けております。但し違反した場合は給付金の返還が科せられる場合があります。
 そこでですが、我社において、その制度を利用して、研修終了後は我社で働くことを前提とし受講料等の自己負担金を助成したいと考えております。ついては、継続して就労してもらうために、前段の給付金の返還と同様、最低2ヵ年間就労することを前提とした助成金とし、就労しなかった場合は助成金を返還することの要綱・要領を定めたいと考えています。
 このことについて、法的に問題が発生するものかどうかを伺いたいと思います。
整理しますと2点になります。
① 当事業体へ就労を促すため、研修生に助成金を支出するのは違法かどうか
② 研修終了後、こちらの希望にそぐわない形になった場合、助成金を返還させることに違法性が無いか
以上の2点になります。
いずれ、研修及び研修終了後の就労も本人の希望が前提となり、返還項目の周知も当然実施しての話となります。
以上よろしくご指導の程、お願いします。

  • カラマツさん
  • 岩手県
  • 農林・水産・鉱業
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2017/06/05 15:26
  • ID:QA-0070881

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/06/05 23:23
  • ID:QA-0070890

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件について各々回答させて頂きますと‥

①:助成金の用途については、通常であれば特に限定されていないはずです。念の為当該助成金のパンフレット等を確認頂き、用途の限定がなければ、研修生に支出されても差し支えございません。

②:助成金を返還させるためには、労働契約に付随した支給とならないことが求められます。つまり、各種資格等が業務上必修とされているものではないこと、及び別途賃貸借契約を締結し金銭貸借の形式を採っていることが必要といえます。仮にそのような扱いが出来ないようであれば、労働基準法上の賠償予定禁止に反する可能性が高まりますので、返還を求められないのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2017/06/06 17:56
  • 相談者の評価:参考になった

微妙な部分を含んでいるので判断が難しいところです。ご回答を参考とさせていただきたいと思います。
大変ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/06/06 12:37
  • ID:QA-0070904

代表者

過大と看做されない金額であれば法違反にはならない

▼ 整理された2点は、「最低2カ年間就労条件付・助成金貸付金の合法性」の一点に纏められることができますが、想定される実際の展開経緯面では、退職にペナルティーとしての要素の有無、その程度などで、結論は流動的と言わざるを得ません。
▼ 諸判例も違法、合法が入り混じっています。諸裁判例の判断の分かれ目は、貸付金における、不当な足留め策の性質の有無です。「業務性」が重視される場合もあります。
▼ 返還免除基準が、不明確であったり、返還額が過度に高額である等の事情がある場合には、当該費用返還規定は労働者の退職を過度に抑制するものとして違法となり得ます。
▼ 具体的な助成金額が分からないので違法性は判断できませんが、過大と看做されない金額であれば、労働契約とは別個の免除特約付金銭消費貸借契約に当ると看做され、労基法16条には違反しないと考えます。

  • 投稿日:2017/06/06 18:00
  • 相談者の評価:参考になった

金額を明示しないでの質問で返答にお困りだったと思います。どちらにしても微妙な部分を含んでいるので慎重に検討して行きます。
大変ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
助成金の経理処理
お世話になっております。 助成金の受給をしたのですが、助成金の経理処理をどのようにすればよいでしょうか?仕訳を教えて頂ければ嬉しく思います。
継続雇用に関する助成金について
継続雇用に関する助成金について、質問させてください。  弊社では、以前から定年等の取決めは就業規則等で定めてはいなかったのですが、そういった事業所でも、受給資格はあるのでしょうか。
助成金について
ウェディングプロデュースの会社をして10年になります。スクールも始めましたので本格的にスタッフを増やして業務拡大を狙っているのですが、助成金は出ますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
    現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
  • 研修の準備と段取り
    研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
  • 研修会社の選び方
    自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポイントを整理していく。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア マネジメント向け両立支援/カムバボス版!
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...