人事のQ&A<解決済み>

相談数11661件   回答数24157

抜本的な給与改定

外回りの営業、内勤の事務それぞれ8人の小さな会社です。中途採用者ばかりで、年齢は29〜45歳。
給与は前社長が導入した「年俸制」ですが、年齢と経験年数に応じた大ざっぱな給与表しかなく、毎年度末に新しい年俸額を16(給与12カ月分+賞与4カ月分)で割り、定期昇給や時間外手当の単価などもそこから決めてきました。ただ、退職手当の規程だけは「年俸÷12カ月」を基礎数にして算定することになっています。
中途採用の際に、前社長のさじ加減で待遇を決めたため、どうみても不当に低い人や比較的高給な人が何人かいます。
係長職、課長職といった職制に応じて賃金の上昇幅が変わる給与テーブルがなく、従って人事考課で待遇を変えていくことができません。言い方は悪いですが「仕事をサボる社員」に有利な体系になってしまっています。
このため、社長が交代したのを機に、5段階の職制と賃金テーブルを設け、人事考課の制度も導入することにしました。
よく働く人の給与は上がりやすく、あまり働かない人の給与は上がりにくく、というごく普通の仕組みに変え、現在の待遇から大きく下がる人については最長12年の「調整給」で帳尻を合わせます。
労働組合がないため、新制度の導入に当たっては、念のため全員から「同意書」をもらいました。
ところが1人だけ、「時間外手当の単価が下がるのは不利益変更」「退職金の予想額も低くなる」として同意書を出しません。
確かに評価が低ければその可能性はあるが、高評価なら今の予想額よりも高くなることも期待できるのだから、と説得しても、頑として応じません。
この場合、新しい給与制度は実施できないのでしょうか。

  • シュナイダーさん
  • 北海道
  • マスコミ関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2017/04/19 16:56
  • ID:QA-0070208

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/04/19 18:41
  • ID:QA-0070211

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

給与改定については、合理性があれば同意は不要ですが、明らかに不利益変更ということであれば、個別同意が必要です。

個別同意が必要なケースでも、数名は同意しないケースは少なくありません。

そのような場合には不利益の程度等によりますが、文面からは必ずしも不利益な変更でもなさそうですので、新しいい制度を実施することは可能です。

リスクとしては、同意しない社員の訴訟リスクですが、文面を拝見する限り、万が一訴訟となったとしても、さほど心配はいらないと思われます。

  • 投稿日:2017/04/21 18:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。慎重に進めます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/04/20 20:39
  • ID:QA-0070226

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面内容を拝見する限りでは、不利益の程度が著しく高いとまでは言えない事、最長12年といった長期間に及ぶ調整措置を採られている事、及び他の労働者から全員同意を得ている事といった点から、労働契約法第10条に基づき変更内容が有効とされる可能性が高いものと思われます。

しかしながら、同法に関わる具体的な判断基準までは存在しておらず、上記回答については御社での詳細事情を知りえない立場からの一般的な見解に過ぎません。

従いまして、可能であれば該当者に関わる調整措置等について若干の修正をかけられることで多少は柔軟に対応する事を検討された方が無難といえます。それでも尚同意されず、法的手段に訴える等のトラブルに発展しそうな場合には、万全を期す上で労働問題に精通した弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2017/04/21 18:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。もう少し、話し合いを進めてみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/04/22 14:07
  • ID:QA-0070255

人事・経営コンサルタント

話し合いと実行

ご提示の事例は非常によくお考えになられた、練られた策だと感じます。これまでが異常事態で、今回の改善は正に正常化といえる内容です。当然意に反する社員は出てくるでしょうか、これを機に話し合いを持ち、経過策、さらに日々の業務進捗評価などで自分が悪いことを自覚させつつ継続して話をしていきつつ、実行で良いのではないでしょうか。裁判に行ったとしても、ここでの表記内容だけでみれば非常に説得力ある改善案とお見受けします。

  • 投稿日:2017/04/24 09:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。話し合いを進めます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
給与制度変更時の移行措置の計算について
給与制度の変更に伴い、給与が下がる際に、移行措置(激変緩和措置)をとる場合がありますが、その計算方法は次の事例の内容でよいのでしょうか。ご教示願います。 (例)給与制度変更前給与 34万円→給与制度変更後給与 30万円(4万円ダウン)→変更1年後給与 29万円(評価が下がり1万円ダウン) 2年の移...
給与の支払について(大至急)
賃金支払の5原則の1つに毎月払いの原則がありますが、 給与支給日が20日、給与締切日が月末の場合、1日~月末までの給与を翌月の20日に支払う場合。(例えば11/1入社の社員に12/20に支払う)
給与の〆日と支払日について
人事給与システムの更新を考えておりますが、その際に給与の〆日と支払日を変えよう思っております。 現在、20日〆当月25日払いですが、末〆翌月10日払いにしようと検討しております。 一般的に多く採用されている給与〆日と支払日をお調べいただきたいと思います。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
働き方改革特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/27
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>メンター制度に関するアンケート

注目コンテンツ


働き方改革特集

長時間労働の是正、労働生産性の向上など、実務に役立つサービス・セミナー情報をお届けします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...